ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

≫ EDIT

天地を喰らいてIII


Vita TVでPS版「天地を喰らうII」(ゲームアーカイブス)を黄忠で遊ぶ。日々の修練が成果となって現れたのか、何とか4面クリアまでノーミスで到達~。天敵の忍者&女子の対処も安定してきました(忍者のジャンプ攻撃は横軸をずらせば抑止できるとは…)。流石に楽勝とまでは行きませんが、分かってしまえばそれなりに立ち回れるって云うか。そんな感じです。

今回は急用でゲームをノーミス5面終盤で放棄せざるを得なかったのですが、この調子なら残機を溜め込みつつ徐晃まで辿り着けそう。あとは徐晃さえ倒せれば…!

| にっき | 20:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天地を喰らえII


Vita TVでPS版「天地を喰らうII」(ゲームアーカイブス)を黄忠で遊ぶ。まだまだ手探りの状態ですが、黄忠ならではの立ち回り方やボス攻略も徐々に見えてきました。強敵の2面ボス・夏候惇も(運が良ければ)ノーミスで討ち取ったり~。開戦から落馬させるまではほぼパターン化できたので、後は不慮の事故(乗馬中の多段ヒット)さえ避けられれば、って感じデス。


現在までの天敵は忍者&女子。忍者のジャンプ攻撃と女子のナイフ連射&跳び蹴りに翻弄され、両者が揃って登場する4面では苦戦を強いられまくっておりまする…。距離を開けて弓矢を連射していると忍者に頭上を取られ、つかみ技を狙いに行くと女子の攻撃が刺さるって云うか。STGじじい大ピンチ。


忍者&女子以外の相手には、概ね優位に闘える(気がする)のが黄忠のイイところ。中盤以降は敵に背後を取られ難い地形が多く、篭って弓矢を連射しているだけで敵が手出しも出来ずに倒れていくのはスゲー爽快です。やっぱゴリ押しとかハメとか安全地帯ってサイコーだよな~、とか。


だがしかし。ベルトフロア史上最凶最悪のボス・徐晃にはゴリ押しもハメも利かない上に、安全地帯も余裕で無いワケで。更に忍者どもの護衛もあって、満足な立ち回りすらさせて貰えないから困るって云うか。ノーコンALLクリアへの道は(AC版の工場出荷設定より68000倍易しいPS版デフォ設定でも)険しいデス…。

| にっき | 20:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フォースを喰らう


Vita用「機動戦士ガンダム EXVSフォース」のコースモードをバルバトスで遊ぶ。メイスを使った荒々しい攻撃の数々は如何にも三日月っぽくて宜しいのですが、出来るコトが思った以上に少ない所為で早くも飽きてきました。

コースモードはCコースをノーコンALLするのがやっとこさ。格闘に特化した機体で一度にCPUを3機も相手にするのは流石にしんどいって云うか。僚機は相変わらず仕事をしてくれないし…。


バルバトスばかりなのもナンなんで、EXVSフルブーストでの愛機・アッガイを使ってみる。起き攻めに重宝していたアッグ召喚とアッグガイ召喚がオミットされていて、それはそれは淡白な機体に成り下がっていました。

アッガイは支援機召喚まくりで混戦に持ち込むのが楽しい機体だと認識していたので、本作のソレは残念極まりないって云うか。やはりフォースではフルブーストの代わりは務まらないようで(それは当たり前)。


キチーとかツレーとか言いつつもPS版「天地を喰らうII」(ゲームアーカイブス)を遊ぶ。AC版の頃から全くと言って良いほど触れていなかった黄忠を使ってみたところ、面白いように先に進めて驚愕彗星砲発射。弓矢連射>囲まれたらスライディングで逃げまくる>距離が開いたら弓矢連射の繰り返しで8面まで来れました。

攻撃射程の長さと地の利を生かした立ち回りが頼もしく、他のキャラでは味わえない未体験ゾーンっぷりに思わず瞳孔全開デス。何て云うか、じじい感激(by永田正月)。


だがしかし。その快進撃も最強最悪のボス・徐晃で尽きる。お供の忍者部隊に蹂躙されてロクに矢も射れず、徐晃を馬から引きずり落とすことなく終了しました。PS版天地II(のデフォ設定=エブリエクステンドあり)なら、やり込めば今の自分でもノーコンALL出来そうな。そんな感じ。

せっかくだから、黄忠でちょっと頑張ってみよう。

| にっき | 20:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビータテレビ 来たる


ダライアス熱が冷めた頃、予定よりちょっと遅れてVita TVが我が家へ到着。知人との交渉の末、送料込み7000円で譲って頂きました(YAI様、本当にありがとらのこいました。★★□)。

より安く済ますならPlayStation TV(北米版Vita TV)を取り寄せると云う選択肢もあったのですが、信頼できる知人から正常動作品が手に入るならそれがベストって云うか。

そんな感じで、Vita TVをレトロフリーク導入の際に新調したTV+メタルラックに同居させてみました。本体サイズもレトフリとほぼ同じで、なんと省スペース極まりないって云うか。小さけりゃ良いってモンでも無いと思いますけど。


過去に購入したゲームアーカイブスの中からお気に入りのモノをVita TVにインストール。オマケで頂いた4GBメモリーカードに余裕で収まりました。ばんじゃーい。

知人曰く「Vitaを楽しむなら4GBじゃ全然足らない」そうなのですが、基本無料とかDL専売ソフトに微塵も惹かれない自分には現状で問題なさそうな予感デス。多分。


UMDパスポートを利用してDL販売も行っているPSPソフトをお安く購入。手持ちのソフトでは「SNKアーケードクラシックス ゼロ」がパスポートに対応していたので、せっかくだからVita TV用に買ってみました。

RemoteJoyLiteで面倒な下準備をしなくてもTV(フルスクリーン)でSNKのレゲーが遊べると思えば悪くないかなー、とか。だがしかし。PSPソフトはスクリーンショット機能に未対応でスゲーがっかり。


バルバトス目当てでVita用「機動戦士ガンダム エクストリームバーサスフォース」を購入。konozamaで新品2100円なり。安ッしー!! …と云うワケでも無いのですが(中古と比較すると)。


世間の悪評通り色々足らないEXVSって感じですが、取り敢えずバルバトスが動かせるので楽しいデス。やっぱ近接戦闘に特化した機体はスゲー好きって云うか。ミカ様が無駄におしゃべりなのが気になりますけど。

ミッションモードがメインの本作ですが、ミッションは連ジDXの頃から興味が無いのでコースバトル(アーケードモード相当)ばっかやってます。対戦もやってみたいのですが、友人にVita持ちが居ないうえにオンライン対戦も未対応と云う現実。


Vita TVではゲームアーカイブスが4:3比率固定で、フルスクリーン(16:9)表示できないのが残念賞。自分はオリジナルの画面比率に拘りは無いので、画面は大きいほど良いのですよ(何故かスクリーンショット(↑)は画面いっぱいに写されますが)。PSPみたいに画面サイズくらい好きに弄らせてくれても良いのに。

それにしても「天地を喰らうII」は難しい。大勢のザコを交えたボス戦の大立ち回りはメチャクチャ面白いのですが、ボスの体力が凄まじい所為で持久戦になるのがツラいです。全体的な難易度の高さに加えてベルトフロアとしてのテンポも悪く、終盤まで集中力を持続するのが厳しいって云うか。現役時代より弱まった今の自分にはエブリ付きでもALL出来ませんわ…。

| にっき | 20:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

帰ってきた ダライアス週刊外伝


SS版「ダライアス外伝」をプレイ。先日、ボロ負けしたクラスティハンマー(シャコ)へのリベンジも兼ねて、Z'ゾーンのグレートシング(クジラ)討伐の旅に出ました。

今回は練りに練った計画を実行するべくロケハンも敢行~。こりゃ行ける! と判断したので、絵のリハビリそっちのけでZ'ゾーン攻略に乗り出したワケだ。…いや、ワケです。


目標達成の為に先ずは生き延びるコトを最優先して、ココまでの道中&ボス戦をボムりまくりながら突破。そしてPゾーンに到達したら…


終盤のこの地点で自爆! 事前に開放させた青アイテム(アーム)、1UP、赤アイテム(ショット)、ボムアイテムを次の自機で回収して装備を整えます。この行為にどんな意味があるのかと云いますと。

・自爆する事でランク(難易度)を下げる
・ボムの補充
・白玉ウェーブ(緑)の再装填


要は確実にクラスティハンマーを(徹底したゴリ押しで)撃破する為のリソース管理って云うか、そんな感じデス。たかがゴリ押し攻略の為に、わざわざこんな手段を講じるのは俺だけでいい…


シャコ出現で待望のリベンジマッチ開戦。終始ボムを炊きながら頭部へ張り付き、この俺の最強に強まった白玉ウェーブをゼロ距離超連射で浴びせまくります。

毎度ゴリ押し極まりないプライド・ゼロの戦法ですが、要はデフォ設定でZ'ゾーンをノーコンALL出来ればソレで良いって云うか。


ボム×4発を交えた徹底的な撃ち込みにも耐える脅威の甲殻類。何てタフなヤツなんだ! クラスティハンマー恐るべし!! やっぱロケハン通りにゃ行かねえか…と、死を覚悟したその刹那。


堅い装甲に覆われた体を丸め、節々から眩い光を発して沈みゆく難敵。遂にシャコの撃破に成功しました。ふひー、ゴリ押し無しでは到底かなわない相手だったですよ…。だがしかし。勝てば良かろうなのだ!


そして最終面Z'ゾーン。開幕で赤&青アイテムを出現させ、またしても自爆を敢行。理不尽な強敵に対して効率良く戦う為なら俺は躊躇無く死ねる。


アイテムを回収して復活。ランクの上昇を少しでも抑えるべく、最終面は白玉小ウェーブで進行します。ウェーブ幅が狭いと何をするにも苦労しますが、コレもより確実にクジラを(ゴリ押しで)仕留める為の試練なのデス…。楽をする為の苦労なら幾らでも平気だ~ぜー!

…等と嘯いていたら道中で凡ミスしてやんの。白玉小ウェーブは取り戻せたモノの、アーム無しで最終局面を迎える有様だよ。


オープニング玉を引っさげて「ダライアス」シリーズきってのカリスマボス・クジラ現る。戦闘開始直後からクジラのおDECOに張り付いて撃ち込みまくり、ボムる前に少しでも多くのダメージを稼いでおきます。


クジラが針弾を超連射してきたら即ボム! あとは死ぬまでボム連打+白玉小ウェーブを接射しまくります。死~ね~!!


ランク制御(+想定外のミス)が思いのほか効果があったのか、1機+ボム3発の消費でクジラを倒せました。自機を追い回すドリルビームみたいなのが出る前に沈んだので、体感的にも相当早く倒せた印象デス。どっちかって云うと、ラス前のシャコの方が手強かったかも…。

そんなワケで、何とかZ'ゾーンをノーコンALLクリアしました。ばんじゃーい。ダラ外のクジラ討伐なんて現役時代以来の達成ですが、当時の腕前が無くとも姑息な手段(リソース管理+ゴリ押し)を用いればナンとかなるモンですわん。


Z'ゾーンエンディング。グレートシングの撃破と同時に、眼前に広がる廃墟と戦火の痕跡が忽然と消滅してしまった。我々の目に映っていたものは一体なんだったのか? これまでの戦いは全て幻だったというのか!? 

そこにはダライアス星の豊かな自然が佇む様に広がっていた。この星の新たな歴史が始まろうとしている…。

| ゲーム | 20:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

それは衝動的に


Vita版「ダライアスバーストCS」を購入。konozamaで新品4390円ナリ。

ところで。彼是1年以上も絵を描いてないので、絵描きのカンを取り戻すべくリハビリを開始しました。だがしかし。全然筆が進まねえんでやんの…。長いことサボッていたツケもデカいのですが、脳内のダライアス・ポジティブがいまだに盛んで、ダラバーCSが気になってしょうがないって云う。

そんな理由で、ついダラバーCSを衝動買いしてしまったワケだ。…いや、ワケです。なおVita TV本体は知人から安く譲って頂く手筈となっており、早ければ明日にも到着の予定とのコト。

絵のリハビリとダラバーCSの両立や如何に。


リハビリの合間にSS版「ダライアス外伝」をプレイ。一番上のルートを進んでクジラ討伐を目指すも、道中で袋叩きにされ満身創痍で6面に到達。最強最悪のボス・クラスティハンマーにブチのめされて終る。うろ覚えでは太刀打ちすら叶わんか…。

やっぱ災難関ルートは歯応え有り過ぎでたまらんって云うか、今までクリアしてきたルートの茶番っぷりを思い知りますわ…。

| にっき | 20:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダライアス終完外伝


連日、SS版「ダライアス外伝」を絶賛好評堪能中。YゾーンやVゾーンと云ったお手軽コースをノーミスALLしたので、それなりの難関コースに挑戦デス。今回は一番下のルートを経由してV'ゾーン制覇を狙います。この度の挑戦は果たして。

Yゾーンのエンディングは「スターウォーズ」Ep.6っぽくてスゲー好き。イウォークLOVE。


V'ゾーンまでの道程は長く、そして険しいワケで。2面(Cゾーン)の時点で既に歯応えのある難易度なので、ヤリ甲斐も十分すぎる程なのデス。特に4面、5面は個人的にはボム必須の厳しさって云うか。

画像は道中のOゾーンで出現するファッティグラトン(ピラニア)。初代「ダライアス」の復活ボスはツワモノ揃いですが、ピラニアは正に強敵中の強敵って感じです。絶対最強瞬殺楽勝兵器の白玉ウェーブを以ってしても苦戦は必至で、その豊富な手数と高い耐久力に地獄を見ます。

最終形態のレーザー乱射&稚魚(炸裂弾)は間合いによっては回避が困難なので、危険を感じたら迷わず惜しまずボムるべき(画像の直後にボムってピラニアを仕留めました。ヤヴァかったぜ…)。


ラス前はやっぱりデッドリークレッセントで決まり。どのゾーンでもやられ役に徹してくれる潔い負けっぷりは、多くの初心者プレイヤーをALLクリアへと導いたコトでしょう。だからとっとと死ね。


Uゾーン突破までにノーミス+白玉ウェーブを維持し、1UPも2個回収済み。4面道中と5面ボスでボムを使ってしまいましたが、自分としてはかなり良さげな成績です。このペースをキープしたままラスボスまで漕ぎ着ければ、あとはゴリ押しでナンとかなるハズ…なのですが。

そして最終面V'ゾーンへ。BE ON YOUR GUARD.


V'ゾーンに到着。舞台となる戦場は海上上空の雲海なので、地形が無い分画面全体で回避&撃ち込みが可能~。文字通り嵐の前の静けさを表しているのか、熾烈なラスボスと比較して道中は終盤まで穏やかデス。


終盤に登場するサンドイッチメンは超苦手。ココまで来てミスるのもシャクなので、思い切ってボムで処理するコトに。アームを削られて抱え死にするより68000倍マシって云うか。


渦巻く雲海の中から姿を現すV'ゾーンのラスボス・ストームコーザー。その貫禄はラスボスに相応しく、まさに威風堂々と云った面持ちです。だが殺す。速攻殺す。


戦闘開始と同時にボム&連射! テールアンカーと風圧で抵抗しても無駄無駄無駄。


更にボムをもう1発! 弱点のクチに張り付いて、伝家の宝刀・白玉ウェーブを接射。


トドメの一撃!! 計ボム3発+撃ち込みにより、ストームコーザーを瞬殺完了しました。マトモに戦ったところで要所要所でボムる事になるので、だったらその分を使って速攻に賭ける、と。ホントはメチャクチャ強いハズなんですけどね、コイツ。

ダラ外は白玉ウェーブとボムがあれば、概ねゴリ押しでナンとかなっちゃうのが嬉しい&有り難いデス。だって、自分みたいなザコでも"デフォ設定でノーミスALLを果たした"って云う達成感と満足感が得られるんですから。安い自尊心でスミマセン。


V'ゾーンエンディング。嵐を引き起こしてた巨大戦艦を破壊したことにより移民船との通信が回復。順調に移住は進み、平和が訪れたダライアス星に人々の歓喜の声が響き渡った。


ところで。連日のダライアス漬けにより、今まで微塵も興味の無かった「ダライアスバーストCS」にちょっとだけ興味が沸きまくり。「艦これ改」未対応でスルー確定となっていたVita TVの購入意欲もモリモリ盛り上がってきました。

だがしかし。何やらここ2週間ほどでVita TVの相場が大幅に上昇し、現在は最安値の頃より倍近い価格帯と知って驚愕彗星砲発射。Vita TVの生産終了宣言が発令されたとかで、レアリティを煽られた人々が買い漁った結果がご覧の有様のようで…。

まぁ、大至急ダラバーが遊びたいと云うワケでも無いので、値段が落ち着くのを待つとしますですよ。でもフツーのVitaだけはカンベンな!(携帯ゲーム機超絶苦手マン)

| ゲーム | 20:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダライアス習慣外伝


SS版「ダライアス外伝」を遊ぶ。脳内のダライアス・ポジティブの値が高いこの機会に、自分でもクリア可能なルートは一通り制覇しておきたいって云うか。そんな感じで、今回も初心者向けの易しいルートを通ってYゾーンクリアを狙います。

安定したALLクリアを目指すなら、ラス前ステージはデッドリークレッセントが出現するゾーン(Q,S,U)を選択するのが肝要。それ以外のゾーンを担当するクラスティハンマーは最強クラスの難敵ゆえ、極力避けて通るが吉って云うか。


今回のYゾーンまでの攻略ルートはこんな感じ。白玉ウェーブをキープできれば特に恐れるボスは居ません。Iゾーンの壁抜けだけは突破法を知らないと確実に死ねますが、それ以外は(連付き+白玉ウェーブなら)壁になるような難所も無いかと。


やって来ましたXゾーン。 !?

デッドリークレッセント撃破後のルート選択画面で、YゾーンのつもりでXゾーンを決定していました。っかしいなぁ、っかしいなぁ…。それにしても、Xゾーンは背景がごちゃごちゃして見辛い上に狭くてトラップだらけで怖えぇ…。

思えばこのステージは数える程しか挑んだ記憶が無かったり…。


ステージ中盤で建造中(?)のグランドオクトパスと鉢合わせ。初代「ダライアス」のボスは本作でも何体かリバイバル出演していますが、「ダライアスII」のボスはコイツしか居ないのが寂しいって云うか。

ネホノジア、カンバーック!!(MD版かよ)


Xゾーンのラスボス・ヒステリックエンプレス現る。道中でのミスが祟って装備を失いまくり、ショボいレーザーで挑まにゃならん有様だよ。キツい、キツすぎる(by埼玉銘菓)。

…でも、サーチレーザーの追尾は緩いし、弾も見て避けれるレベルなので何とかなりそうかも…。


…等と余裕ブッこいていたら、急に攻撃が激しくなり被弾。ALLクリアを最優先するべく、取り敢えず手持ちのボムを有効活用するコトに決定。ボム>無敵中に全力で接射を繰り返していると… 


あっさりとエンプレスを撃破。自機が死にまくってランクが相当落ちていたのか、ボムのゴリ押しでナンとかなってしまいましたとさ。ふぅ、苦しい(とまでは行かないまでも、決して楽では無いような気がしなくも無い)戦いであった…。


Xゾーンエンディング。敵の本拠地である巨大要塞は、中枢を破壊したことにより夕日の雲海に沈んだ~中略~戦いはまだ終わっていないのだ…!

倒したハズのエンプレスが雲海から顔を出す際に思わず「Toasty!」とか呟く俺は、いっぺんサブゼロに脊髄を引っこ抜かれた方がいい…

| ゲーム | 20:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダライアス週間外伝


今回はシリーズ最高傑作を完全移植したSS版「ダライアス外伝」をプレイ。最強ウェーブより遥かに強い白玉&緑ウェーブを維持し、簡単なルートを経由してWゾーンへと進行します。

威力(手数)は白玉&赤ウェーブの方が上ですが、赤アイテム(ショット強化)をうっかり取ってしまった時の保険も兼ねて自分は白玉&緑ウェーブでゴーなのデス。


ラス前ステージのボス・デッドリークレッセントは、白玉部分をクチに押し付ける様に撃ち込むだけであっさりと撃沈。連射性と威力に優れる白玉が弱点を突き、更にブーメランの飛来を阻止しまくります。強い! 絶対に強い!!(byガレッガ4号機ABC同時押し)

割とどうでもイイ話なのですが、この面で出るハズの1UPがドコに隠されているのか未だに分かりません。AC版の稼動当初からプレイしているので、もう彼是20年以上ナゾのままです。秘密、ミステリアス。


Wゾーンは他の最終面と比べて比較的易しく、赤アイテムが回避し易いポイントで出現するのがイイ感じ。ステージ中盤以降のザコ編隊がちょっと鬱陶しいのがナンですが。


Wゾーンに棲む最終ボスはヴァーミリオンコロナタス(以下オトシゴ)。次元気流ゾーンに戦場を移し、オープニング玉を伴って出現する様は初代ダライアスのグリーンコロナタスを彷彿とさせます。取り敢えず白玉ウェーブをキープしたままノーミスで来れたので、この戦いは勝ったも同然って云うか。


オトシゴは激しい攻撃が多いモノの、どの攻撃も予備動作が事前にあるのでパターンに移行しやすい印象。ボムる隙すら与えないような初見殺しも無いので、最終ボスの中では割と攻略し易い方だと思います。ただし連付き+白玉ウェーブが大前提ですけど。


虹色のホーミングレーザーやWAY弾を放ちつつ、ボリューションプロテクトのような防御体勢を取るオトシゴ。尻尾はこちらの攻撃を弾いてしまうので、この状態でいる間は正面からの攻撃が通じなくなります。巧い人はレーザーを避けつつガラ空きの頭頂部をミサイルで攻めますが、自分は不器用なので回避に専念~。


その回避も怪しくなってきたのでボム&撃ち込み。オトシゴが防御態勢を解き、乱射モードに移行する直前に倒すコトが出来ました。そんな感じで、WゾーンをノーミスALLクリア達成でーす。ばんじゃーい。


エンディングは残念賞極まりないゲームオチ。悲壮感全開のエンディング曲が更に虚しさを盛り上げるあたり、Vゾーンの自機爆発エンドより酷いと思うデス。本作におけるワーストエンド最有力候補って云うか。そんな感じ。

| ゲーム | 20:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダライアス週間II AC絶望編


PS2版「ダライアスII」(タイトーメモリーズ2 上巻)を4:3比率のブラウン管TVで遊ぶ。

PS2版は画面の上下を狭めてAC版の8:3比率を再現しているので、狭くて小さくて見難いのがツラかったり。劣悪なゲームバランスに加えてエミュ移植ならではの入力遅延もバッチリで、今までのダライアス熱も一気に冷める思いデス。

何て云うか、拷問ですわコレ。


図体がデカくて足が遅い自機では敵の攻撃を回避するのは難しく、1度死ぬと建て直しが利かないのが本当に酷い。生命線となるアームが剥がれたら終了は間近で、残機が有ったトコロで貧相な初期装備では付け焼刃にすら成らないって云うか。

他のシリーズ作と同様に、ミス後の再開時(次の自機)にある程度の装備を残してくれたら、まだ復活の望み=モチベーションも維持できたのですが…。

AC版のリリース当時も文句を言いながらプレイしていましたが、よくこんなのを1コインALL出来るまでヤリ込んだモンですよ。あの頃の俺は最強に強まっていた(気がする)…。


今度はオプションで画面設定を4:3比率(全画面表示)に変更して16:9のTVに出力してみるコトに。結果、見た目とプレイ感覚がAC版に近付き、スゲー良い感じになりました。

コレなら結構イイ所まで行けるんじゃないの? …そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。


だがしかし。5面中盤まではノーミスを維持できても、ボスまでの道中で漏れなくアームを剥がされる有様だよ。狭い空間での弾避けがプレッシャーとなって被弾した後は、なし崩し的に残機とヤル気を奪われて…


絶望感タップリのヤマト戦を堪能する結果に。只でさえ鬼の様に強いAC版ヤマトに初期装備で勝てる道理は無く、艦橋部分の破壊もままならずガメオベラを迎えたり。無念ダムネン。

…俺は遊び易く調整されたMD版とSMS版が大好きです!(最大級の負け惜しみ)

| ゲーム | 20:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月