ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

≫ EDIT

ペンタウァの仕事人 in キノコ王国


FC用Homebrew「ソーサリアン」をレトロフリークで遊ぶ。

FCとは思えない色使い、緻密な描き込み。黄金に輝くタイトルロゴがひたすら美しい…。


タイトルでスタートを押すとメニュー画面へ。選択項目が幾つも有りますが、実行可能なモノは右下の「ドラゴンとたたかう」(いわゆるドラゴンモード)のみデス。


ゲーム開始。操作は方向キーで左右への移動、Bボタンでダッシュおよび魔法による攻撃、Aボタンでジャンプを行います。って云うか、まんまスーパーマリオと一緒です。

操作可能なのはパーティーの先頭キャラのみで、後ろの二人は残機の役割を果たします。セレクトボタンで隊列の入れ替えが可能ですが、キャラ毎に能力差は有りません。


ヒドラはジャンプによる前後移動を繰り返しながら、火炎放射と火の玉で攻撃してきます。原作のドラゴンモードと異なり、本作はヒドラ(しかも1匹)しか出てきません。なお、ヒドラは魔法を15発当てると倒せます。

…レトフリの所為か、はたまた仕様か。ヒドラが火炎を吐く度にBGMのベースがどんどんズレていくような気が(あわわわわ…)。


ヒドラを撃破すると、その巨体は本来の小さな姿に変化。どうやらこの洞窟はワールド1-4だったようで…。右端のゴールへ行けばALLクリアとなり、エンディングへ移行します。


ゲーム終了。結末は一応マルチエンディングで、クリア時のパーティーの数によって捕らわれていたキャラが変化します(3人/ピーチ、2人/キノピオ、1人/マリオ)。

今回のまとめ:良い意味でネタみたいなゲーム内容(失礼)ですが、グラフィック、BGMともに素晴らしい出来です。エンディングIのCメロが省かれているのが惜しいのですが、ソーサリアン好きならエンディングIIと併せてドップリ浸れます。なんて云うか、ソーサリアンに思い入れのある人向けの"オープニング&エンディング鑑賞ソフト"って感じデス。

■ROMイメージ配信元:(coke774氏が)作ったもの
http://coke774.web.fc2.com/

| レトロフリーク | 20:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アイアム ハラキュラドンター


北米NES版「キャッスルヴァニア」の改造ソフト「キャッスルヴァニア:ファンエディション」をレトロフリークで遊ぶ。海外で数多く作られた改造ドラキュラの中から、自分的に最も興味を惹かれた本作に挑んでみました。


1面中盤・人気の無い真昼の墓地で、早くも吸血コウモリが出現。強敵・アックスナイトも2面で登場するなど、出し惜しみしない展開が素晴らしいデス。

なお、吸血コウモリは1、2面のボスも兼任しており、本作では結構出番の多いエネミーだったりします。吸血コウモリの大安売りですかァ!?(S.C.I.っぽく)


緑の生い茂る古城の中で、死神が3面ボスとして降臨。幾らナンでも出番早すぎ。だが、それがいい! 先の読めない急展開っぷりに思わずドキドキって云うか、ワクワクって云うか。

それは兎も角。死神は真面目にヤリ遭うと手に負えない相手なので、聖水プレイで即ご退場願うことに。らたまいしゅう~。


吸血コウモリしか居ない閑散とした廃墟を進むと、最深部の教会でドラキュラと遭遇! 3面の死神もビックリしましたが、まさか4面にラスボスを持ってくるとは思わなんだ。

なお、当ブログの管理人は、聖水が無いとドラキュラ第2形態を倒せない模様。コンティニューしても(聖水なしでは)勝機が見出せないので、結局リセットして1面から再出発するコトに。


荒廃した城内を抜けて屋外へ出ると、大鷲&ノートルダム男の大群と鉢合わせ。懐中時計の時間停止を使ってナンとか逃げ延びるも、朽ち果てた墓地に5面ボスのメデューサが待ち構えていた。

メデューサはゲーム終盤に登場するワリには強化された様子も無く、ちょっと拍子抜けって云うか。原作では2面ボスとして登場しますが、本作では5面ボスなので懐中時計は効きません(それは当たり前)。


最終面のラストはドラキュラに加えて、更に吸血コウモリ×2が熱烈歓迎。何と云う修羅場、何と云う地獄絵図。阿鼻叫喚のクライマックスに相応しい盛り上がりっぷりじゃなイカ!!

…まぁ、この3対1の状況になってしまったら、勝ち目は殆ど無いのですが…。


最初に現れる吸血コウモリは、ボス部屋直前の回廊に誘き寄せて倒せばOK~。画面をあまりスクロールさせずに仕留めるのがコツです。

部屋の奥にいるもう一匹は同様に倒しても復活するので、ボス部屋の端に構えてこちらに突っ込んで来るのを待機。それ相応のダメージを受けますが、吸血コウモリは突っ込んできた際に画面外へ消えてしまいます。


邪魔な吸血コウモリどもを退治したら、いよいよドラキュラとの最終決戦。タイマン勝負だったら負けはしねえ…この聖水が有る限りはな!! …とか言いつつも負けまくり、何度かコンティニューしてようやくALLクリア達成しました。どつかれさん。


今回のまとめ:ゲームの中盤に難敵の死神やドラキュラを登場させるなど、その勿体振らない敵配置に激しくセンスを感じまくりデス。それが原因でゲーム全体のレベルバランスが乱れていますが、そこはドラキュラをヤリ込んだ人向けの"ファンエディション"ってコトで。

とは云え、理不尽に難しい箇所や不快なトラップは特に無かったので、個人的には概ね楽しくプレイできました。デフォルトで3連仕様のサブウェポンは非常に使い勝手が良く、改造ドラキュラの中でも遊びやすいタイトルと思われまする。

■パッチ配信元:ROMhacking.net
http://www.romhacking.net/hacks/1442/

| レトロフリーク | 20:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

謎の言葉 それはロディマス


FC版「スーパーマリオブラザーズ」の改造ソフト「スーパーマリオ ルイージの謎」をレトロフリークで遊ぶ。傑作・スーパーマリオにケツ作「トランスフォーマー コンボイの謎」をフィーチャーした、まったく新しい理不尽ワールドを体感しました。


ゲーム開始早々にパタクリボーが強襲。宙を舞いながら自機狙いの弾を撃ってきます(画像の赤く囲った部分が敵弾)。至近距離で弾を見てから回避するのは困難なので、攻撃周期を見切ってジャンプでかわすのがベター。

この開幕間もないエリアの難度は非常に高く、しばらくはスーパーキノコすら取れずに死にまくるコト請け合いって云うか。


全滅→ガメオベラの度にデモ付きのタイトルに戻されるのが億劫なので、ココはレトロフリークの持つコードフリーク機能を活かすコトに。残機が減らなければゲームオーバーにはならないぜッ!(それは当たり前)

…ああ、チートってスゲー便利だなぁ…。


1面中盤までノーミス進行を維持し、やっとファイヤーマリオへと進化を果たす。

これで一気に形勢逆転だ!! …と思いきや。ノーバウンドで水平発射されるように改変されたファイヤーボールはクリボーの頭上をかすめ、遥か地平線の彼方へ。ああ、背の低い敵には当たらないウルトラマグナス(ロボット形態)のショットを再現してるのか…。ゲロゲロ~!(死語)

本作ではファイヤーボールのしゃがみ撃ちが可能で、この場合は真上に火の玉を発射する有様だよ。ウルトラマグナス(トレーラー形態)もビックリポンや(ナウい語)。


1面ゴールの先には巨大クッパが待ち構えていた! ファイヤーボールを20発以上当ててもビクともせず、勝つ気マンマンでいたこちらはビクともしまくり。クッパの頭部をジャンプで踏む以外に攻撃する術が無いコトを知る。

だがしかし。クッパを踏むと自機が爆発したり、踏んだ反動で転落死したりで「なぜ?の嵐」(by吉沢秋絵)。例えボス戦で死んでも、1面の最初ッからやり直しってのが本格的にキツイんだよなぁ…。

あまりのスパルタっぷりに嫌気が差し込みつつも、手探りで試行錯誤を繰り返すコトに。ココまで来たら後には引けねぇですわって云うか。


悪戦苦闘の末、クッパの目の辺りをジャンプで踏めばミスにはならず、踏む度に方向キー右+Aボタン押しっぱなしでジャンプ制御が可能と悟りけり。そして連続5回の踏み付けで、遂に巨大クッパを撃破しました。ばんじゃ~い。


ねんがんのエンディング。ああ、ジョセフィーヌ ルイージは今何処。

今回のまとめ:たったの1面とは云え手強い作品でした。安直な改造モノにありがちな、即死トラップを連発して難度を上げる手法とは異なり、原作=スーパーマリオには無かった新たなギミックを盛り込んでの殺意は敬意に値します。そこまでして俺を殺したいかー、的な。

うま味が無く難しいだけのゲームに興味は無いのですが、ココまで作り込まれていると逆に攻略意欲をそそられるって云うか。そんな感じデス。


日を改めて再挑戦。本作でのスターの効果は一定時間無敵では無く、耐久力制のバリアと気付き活路を見出す。この仕様が判ってからは、ほぼ確実にクッパの元へ辿り着けるようになりました。

スター獲得後はクリボーに接触しないように気を付けて、極力足を止めずに進行すればバリア効果が切れる前にゴールも可能です。ちょっとの被弾は気にしない。


ついにねんがんのノーミスクリア達成~。分かってしまえば結構カンタンじゃなイカ!!

だがしかし。


ニコニコ動画で衝撃の真実を知り、その驚愕の展開に瞳孔が全開まくり。巨大クッパの撃破は、ルイージの謎のほんの序章に過ぎなかったようです。「おれは あんまりやりたくないな!!」(byしんいち/熱血高校ドッジボール部 サッカー編 ※しかもX68000版)

■パッチ配信元:SMB アーカイブ
http://smbarchives.run.buttobi.net/

※旧アップローダー>369.zip

| レトロフリーク | 20:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モノトーンの超翼


GBA用Homebrew「スーパーウィングス」をレトロフリークで遊ぶ。

スーパーウィングスはオーソドックスな縦スクロールSTGで、そのゲーム性は「ソニックウィングス」そのもの。シンプルでとっつき易いシステムと、テンポ良く進む展開もそのまんまデス。ついでにBGMはSFC版ソニックウィングスに近い曲調で、これがまたイイ感じだったりして。


1面ボス・巨大戦車。グネグネと回転するように動く車体と砲塔の挙動が素晴らしい。ボスは画面内を疾走しながら、放射状(8方向)に炸裂する砲弾を射出します。ボスとの接触判定は無い=重なってもミスにならないので、突っ込んで来ても落ち着いて対処すべし。

なお、面クリアで残機以外のストック(パワーアップ&ボム)は初期化されます。


2面道中。画面が淡い灰色に変化し、敵弾が多少見づらくなるのが厄介って云うか。

画面右の中型機はアイテムキャリアー。画面端から出現し、破壊するとパワーアップアイテムを放出します。本作は時間経過でどんどんパワーダウンする仕様なので、火力を保つ為に確実にモノにしたいトコロです。


2面ボスの全翼機は自機を追撃するように画面後方から出現。3WAYの連射と広範囲に展開するミサイルで攻撃してきます(ミサイルはショットで破壊可能)。3WAYにワインダーを掛けつつ、自機に突っ込んでくるのが結構キツイ…。

1面ボスと違い接触するとミスになるので、押し潰されそうになったら迷わずボムをお見舞いしましょう。ボムは射出の瞬間から自機が完全無敵になるので、緊急回避&撃ち込みに重宝します。


3面冒頭はインベーダー軍団がお出迎え。インベーダーは出現前から画面端で待ち構え、ショットを連射しているだけで安全に対処できます。


ラスボスのトム・クルーズあらわる。いや、村山靖あらわる。どっちでもいい。GBポケットカメラで撮ったようなデジタイズっぷりに超燃え。マジヤバイ。激ヤバ即ゲット的な。


トム・クルーズが口を開け、極太レーザーを吐き出している最中が攻撃のチャンス。トム・クルーズは一定時間内に倒さないと撤退して再挑戦となるので、ボムを惜しまず注ぎ込みましょう。

ボム無敵中の撃ち込みも忘れずに。


トム・クルーズ撃破でスコアはカウンターストップ! ALLで漏れなくカンストするSTGなんて、AC版「B-WINGS」以来ですわ。ちなみにカンスト状態で更にスコアを得ると1億点をオーバーします。

今回のまとめ:出来の良いソニックウィングスのクローンゲームです。たったの3面で終わってしまうのが惜しいのですが、ちょっとした時間にSTG分を補給するには最適の内容でも有ります。でもSTG好きとしては、2周目とか難度を上げたモードなんかも欲しかったなー、とか。

本作は通信ケーブルを用いた2P同時プレイに対応しているようですが、レトロフリークにコントローラを2つ挿しても2Pコンは無反応でした。無念ダムネン。

■ROMイメージ配信元:PDRoms
http://pdroms.de/files/gameboyadvance/superwings

| レトロフリーク | 20:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファミコンでファイナルアンサー


NES用Homebrew「ミリオネシィ」をレトロフリークで遊ぶ。タイトル名からも想像が付くと思いますが、これは「クイズ$ミリオネア」のシステムを模したクイズゲームです。問題はNES、およびFCに関するモノで占められており、オールドゲーマーの挑戦意欲を駆り立てまくりやがっております。


次々と出題される問題に方向キーの上下とAボタンで回答。1ミスで即ゲームオーバーとなるので、制限時間を気にしつつもじっくりと回答に悩むべし。

「ファザナドゥ」の「ファ」ってどんな意味? ふぁ? …ファ桃源郷!?


この中で自機がリュウ・ハヤブサじゃないゲームはどれ? 「忍者龍剣伝」は元々は「忍者外伝」として開発されていたタイトルで、北米NES版などにその名称が使用されました。欧州NES版は「シャドウウォーリアーズ」と、更に異なるタイトルなのがまた興味深かったり。お国柄によってゲーム名も結構変わるモンですわん。

ちなみに「KAGE」のGB移植版は龍剣伝の派生作品としてリリースされました(主役は勿論リュウ・ハヤブサ)。


「激亀忍者伝AC」でエクステンドを得る為に、俺たちはあと何人殺せばいい…?

回答に詰まった時はセレクトボタンを押すべし。画面上部のアイコンにカーソルが移り、クイズ$ミリオネアと同様のライフライン=お助け機能が使用できます。問題が2択になる、身内に電話で聞く、会場のアンケートを参考にする等、それぞれ1回限りの緊急手段です。

…2択は良いとして、デンワと会場の声は全くアテにならないのが最高すぎる。こんなトコに罠仕掛けんな。なお、ライフラインの中にはゲームオリジナルの機能も有ったり。


この中でアニメを原作に持たないゲームはどれ? これは簡単。正解は「怪傑ヤンチャ丸」。NES版は「キッドニキ:ラジカルニンジャ」としてリリースされているのに、何故FC版を問題に挙げるのか謎って云うか。

ヤンチャ丸はアーケード版がベースの移植作でアニメとは無縁ですが、メインビジュアルは「ドラゴンボール」のモロパクリだった気が(あわわわわ…)。


この中で未発売のゲームはどれ? 選択肢の中には「魂斗羅」好きなら見逃せない幻のタイトル「アークハウンド」の名前が。正解はコレで決まりだ! …と思ったら、余裕で不正解でやんの。えっ? あれっ!?(みのの嫌らしく歪んだ笑顔が脳裏をよぎる)

オーイー。NESではアークハウンド改め「コントラフォース」が発売されたけどさぁ、コッチじゃボツ喰らってンだよ。紛らわしいからアークじゃなくてフォースって書いとけっての(ホームブリューにマジギレ)。


今回のまとめ:全体的な完成度は非常に高いモノの問題数が少なすぎ。クイズゲーは豊富な問題があってこそなので、その点だけがすこぶる残念賞極まりないデス。

でも、レゲー好きが集まって短時間ワイワイやる分には丁度良い塩梅やも。

■ROMイメージ配信元:ROMhacking.net
http://www.romhacking.net/homebrew/36/

| レトロフリーク | 20:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黄泉の世界からプレデター


ファミコン版「シュワルツェネッガー プレデター」(以下プレデター)の改造ソフト「プレデター源平」をレトロフリークで遊ぶ。って云うか、トコトン遊びまくってみましたよ。


本作はプレデターのグラフィック&テキストを、源平討魔伝の世界観に置き換えたパッチです。ゲーム中のキャラクター変更や安駄婆のデモは勿論、ハイスコアランキング表示、祇園精舎の鐘の音~などのテキストデモも再現しております。

このこだわりっぷりは半端じゃねえって云うか。


ゲームはビッグモードからスタート。自機の攻撃方法はプレデターから変更されていない為、剣先からのビームになります。飛んでくる矢や要石などを撃つと巻物(パワーアップアイテム)が出現しますが、無理に追わず回避優先で安全運転をキープ。白巻物を1コ取ればボス戦での戦力は十分です。

ボスの義経は、ある程度間合いを詰めてからジャンプして襲い掛かって来ます。接触するとダメージを受けますが回避はなかなか難しく、本作では屈指の強敵だったりして。先の面では回転アタックを仕掛けてきますが、こちらは画面左端でしゃがみ回避可能なので対処しやすかったり。


ジャンプアクション主体のノーマルモード。序盤からブッ壊れた難度のプレデターと違い、しばらくは遊び易いステージが続きます。武器(ショット)もスグに取れる機会が多く、作り手の情けを感じずにはいられないって云うか。意地悪な回り道なども無く、サクサク進むのが実に小気味良いです。

それにしても、どう見ても源平にしか見えないグラフィックが本当に素晴らしい。


弓兵から放たれる無数の攻撃を潜り抜け、安全地帯で小休止。一見すると壁に見える部分は接触判定が無い為、油断して足を踏み外せば転落死が待っていたり。

本作は自機の操作に無駄な慣性が付いているので、足場の悪いポイントは石橋を叩いて渡るくらいの慎重さが必要デス。


武蔵坊弁慶は矢や火炎を纏って登場。やけに寸詰まりな体型の上に腕も無いのが痛々しいって云うか。弁慶は源平の世界観を構成する主要キャラの一人なだけに、作り手としては何とかして登場させたかったのでしょうけど。

義経と違って弁慶は殆ど宙に浮いている状態で、近寄られても画面左端でしゃがみ回避できる場合が殆ど。火矢を4本同時発射する範囲攻撃は避け難いですが、距離が開いた時に撃ちまくれば割と楽に倒せます。


ノーマルモードには一切スクロールしない固定画面のステージも。しかし、小さな足場をテンポ良くジャンプで渡るのは、クセの強い操作性もあってシビアだったり。フロアの無いエリアでの転落は死に繋がるだけに、慎重に、慎重に。

足場と足場の間合いを計り、前方ジャンプと垂直ジャンプからの移動を使い分けるのが攻略のコツです。


宙を行き交う要石に乗って移動するステージは本作の最難関。クリアのポイントは、景清に纏わり付く巨大な蛾を如何に対処するかに掛かっています。


宿敵・源頼朝あらわる。他のビッグモードのボスと違い、戦闘中に姿を消すのがちょっと厄介。頼朝のステルス能力に対抗するべく、こちらもパワーアップして手数で応戦したいトコロです。

頼朝を倒しても景清の戦いは続く。


終盤のステージはグラフィック的にあまり変わり映えせず、何面も同じようなステージが続いたり。まだ開発途中の所為なのか、それともこう云ったステージ構成なのか。


30面に待ち構えるラスボスの正体は龍。いつの間にか揃っていた三種の神器を以って、いよいよ最終決戦に臨みます。

龍は弾を吐きながら画面内を高速で動き回るのが何と厄介極まりない。こちらの攻撃を狙って当てるのは無理っぽいので、回避を優先しつつバラ撒く様に弾を撃つと良いやもデス。2匹の龍を倒して奥の鳥居に入ればALLクリアとなります。


エンディングも手抜きは一切無く、最後の最後まで忠実に再現。作り手の源平へのこだわりを感じさせます。エンディングのラストを飾る「完」の字は必見(?)。


今回のまとめ:プレデターの残念要素(嫌がらせみたいな地形と意地悪なアイテム配置など)が修正されている為、ゲームバランスもそれなりに改善されています。って云うか、プレデターより断然遊べる内容です。とは云え、プレデター最大の曲者である操作性はそのまんまなので、キツい場面は相変わらずキツかったりするのですが…。

元がプレデターなだけに万人にはオススメできませんが、源平の世界観を追及した作り込みは素晴らしいの一言に尽きます。そんな感じで、源平好きなら最後までプレイしたくなるコト請け合いの作品デス。

■パッチ配信元:【R-TYPE】FC版ゲームAC化スレ【魔界村】13
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/gameurawaza/1334855054/

| レトロフリーク | 20:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キノコ王国漫遊記


北米NES版「メガマン」の改造ソフト「メガマン・イン・ザ・マッシュルームキングダム」をレトロフリークでプレイ。そのロックマンらしからぬ難易度の低さと、徹底的なまでにマリオナイズされたステージを堪能しました。

各ステージをスーパーマリオの世界観に合わせた為か、点滅ブロックや足場が開閉するリフト等、ロックマン特有のクセの強いトラップが道中に登場しないのがポイント。無駄な足止めを食らったり、理不尽な転落死も無いのでストレス無く進行しましたですよ。

回復アイテム(大)が多めに設置してあるのも嬉しい限り。逆に易しすぎて、少し物足りない気が無きにしも非ず…。


各ボスステージは地形が軒並み平坦で、スゲー戦い易いったらありゃしない。それ以外の変化は特に無いようで、通常攻撃のみでも普通に処理できました。


最終面の難敵・イエローデビルを撃破。攻略パターンを忘れて久しく、10機以上費やしても勝てる気がしない有様だよ。そんなワケで、泣く泣くセレクト連打のお世話になりました…。

…アドリブが利かない上にゴリ押しも通じないパターンゲーって、マジで腹の底から苦手なンすよ…。って云うか簡便プリーヅ。

なお、この辺りから画面のどこかしらがバグる不具合がチラホラ出始めたり。エミュの不具合なのか、元々こう云う仕様なのか。


その後は特に躓くような場面も無く、最終面も淡々と進行。土下座すれば全て許されると思っている(実際許されている)老害を土下座させて1周目終了です。お疲れしたー。


巨悪を成敗し帰路に就くメガマン。激しくバグりまくっているけど気にしない。さぁ、エンディングの後は2周目のはじまりだ! 俺はやらないけどな!!

今回のまとめ:一筋縄では行かない各ステージの奥深さ、歯応えタップリのボス戦を制する面白さもロックマンの魅力なだけに、その辺りを特に重視する人からしたら単なるヌルゲーって云うか。スーパーマリオそのものの世界観はお見事。

■パッチ配信元:ROMhacking.net
http://www.romhacking.net/hacks/110/

| レトロフリーク | 20:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スーパースターシューター 再び

sss_2 (3)
GBA用Homebrew「スーパースターシューターアドバンス」をレトロフリークでがっつり遊ぶ。

原作であるX68000版にドハマりしたのは20年以上も前のコトですが、こうして再びSSSに取り組む日が来ようとは思わなんだですわ。ちなみにSSSはPCE用「スーパースターソルジャー」のキャラバンモードに良く似たスコアアタックSTGです。


~アドバンスはGBAの解像度の所為で画面が狭いのが特徴。敵編隊の種類や出現テーブルが改変されていますが、基本的な攻略は本家と大差は無い模様です。

そんな感じで、SSSに熱中した当時を思い出しながら~アドバンスに挑戦しました。

sss_1 (1)
画面下から迫り来る全翼機に後方ショットを接射。更に変速時のバックファイヤーを浴びせて瞬殺を狙うの図。画面内の敵を素早く一掃して、次の敵の出現を促す=早回しするのが稼ぎの基本です。撃って撃って撃ちまくれ。

sss_2 (2)
最強の状態でパワーアップアイテムを取るとボムが炸裂。画面内の敵を一掃します。

原作ではボム発動中は残り時間の進行が停止しましたが、~アドバンスではボム中も時間が進行する仕様に変更。ボムで倒した敵のスコアも加算されなくなりました。確かスーパースターソルジャーがそんな仕様だった気が。むぅ…。


ラザロもどきは合体前に内部に入って撃破すれば8万点ボーナス。バックファイヤーを併用して速攻倒しましょう。ラザロ内部の判定が広く取られているのか、原作より事故りにくい感じデス。早回しの関係で、出現テーブルがパワーアップアイテム×2と被りやすいのが悩ましい…。

ラザロ後に画面下から出現する大群も、バックファイヤーを活かして迅速に殲滅するべし。


ボス前のデライラもどきは同時破壊で8万点ボーナスが得られます。原作同様に同時破壊の判定はかなり甘く、多少ズレても全然OKだったりして。

なお、その甘さはショットが3WAYでなくてもボーナスが得られる程だったり。

sss_1 (2)
原作と比較して~アドバンスのボスは弱体化しており、単にデカいだけの雑魚キャラに落ちぶれているのが寂しい。しかしエネミーに情けは無用。さっさと倒してラストスパートに駆けるべし!


ボス撃破後の残りタイムを余生に賭けるも、現時点の自分では44万点台が限界と悟る。巧いこと回せると画像の全翼機を倒せる時もあるのですが、そんな時に限って稼ぎはイマイチだったり。

世の中案外そんなもの。

sss_1 (4)
今日までの我が家のランキング。土曜、日曜の2日間に渡ってスコアアタックに挑みましたが、いやはや、ハマりだすと本当にキリが無いって云うか。久し振りに時間が経つのも忘れて没頭しましたですよ。スゲー面白かった!

■ROMイメージ配信元:Web site "MAGiC TOUCH"
http://www10.big.or.jp/~and/

| レトロフリーク | 20:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レトロフリーク ちょっとイイ話

「レトロフリーク」に関する有益な情報は無いモノかとウェブ上を散策すると、かなり良さげなネタを幾つか発見。その目で確かみてみるべく、さっそく実践してみました。

■レトフリでタイトーバラエティーパックをサーガイアとして認識させる

GB用「タイトーバラエティーパック」(タイバラ)は、メニュー画面以降は機能しない=ゲームが起動できないと云う不具合が有ります。正規品なのにパチモノin1みたいな扱いのタイバラですが、収録タイトルの1本である「サーガイア」に限っては起動&インストールが可能になるのです。


やり方は簡単で、レトフリのGB用スロットに何度もタイバラのカセットを挿入するだけ。運が良いとタイバラでは無く、何故かサーガイアとして認識されることがあります。

カセットは闇雲に抜き差しせず、レトフリの認識を待って丁寧に行いましょう。カセットを差し込む角度を微妙に変えると成功しやすい様です。


5回目の抜き差しでサーガイアが起動、インストールに成功しました! かつてサーガイアだけが目当てでタイバラを購入した身としては、まさに願ったり叶ったりって云うか!!

だったら最初からサーガイア単品を買っとけ! と、お思いでしょうが、単品よりタイバラの方が遥かに安かったのですヨ(サーガイア:1000円/タイバラ:500円 今となってはサーガイア1000円は十分安いと思いますが)。

Sagaia-(J)-[!]-17
せっかくだからレトフリでサーガイアを楽しむ。ああ、やっぱりイイ出来だねぇ。携帯機向けの遊び易いゲームバランスも悪くないし、GBでこのグラフィック&サウンドは文句ナシだよ。

ゾーン選択なしの一本道は兎も角、ウェーブが地形を貫通しないのは残念ですケド。

Sagaia-(J)-[!]-47
動作チェック程度のプレイが止め時を見失ってしまい、結局ALLクリアまでサーガイアをプレイ。GBは入力遅延の影響もあまり無いようで、STGでもそれなりに快適に遊べて良かった良かった。…まぁ、GBプレーヤーよりはマシな程度なんですが>遅延

■レトフリでTATSUJINのBGMを正しいテンポで再生させる
Tatsujin-]1
448 :名無しの挑戦状:2015/11/01(日) 22:42:53.53 ID:L8hAeqKR
リージョン設定でヨーロッパにして達人をプレイしたら
早かった音が遅くなって音速が丁度良くなってワロたw



試してみたところ、確かにアーケード版と同等のテンポになりました。って云うか、スゲー良い…。MD版はBGMの早回しが唯一の不満点だったので(レインボーショット最高!)、この発見は本当に嬉しいです。

Tatsujin-~-Truxton-(World)-
MD版TATSUJINのBGMを楽しみつつ、MD版TATSUJINを楽しむ。曲のテンポと同じくらいゲームの進行も遅くなるので、ランクをハードに上げて挑んでみました。敵弾が遅いのでNTSC環境のイージーより易しく感じます。とか云いつつ、ココまで来るのに何度かミスってるんですケド。

最終面冒頭で凡ミスしたら再開時の敵の攻撃が激しく、入力遅延の影響もあって復活できずに終わりましたとさ。FCやGBに比べると、MDの遅延は本格的で結構キツいですわ…。

■レトフリでUSBテンキーパッドを活用する

レトフリにUSBテンキーパッドを接続すると、ゲーム選択画面の操作性が飛躍的に向上します。Num Lockを解除して、それぞれのキーを押すと対応したページへスキップします。

・Home(最初) ・End(最後) ・Page Up(次) ・Page Down(前)

インストールしたゲームが増えると任意のタイトルを選択するのも一苦労ですが、コレさえあれば快適にゲームをつまみ食い出来ます。なお、使用するデバイスはUSBキーボードでもOKです。


ファイルマネージャー画面でも同様の操作が可能。見たいスクリーンショットや、不要なファイルを迅速に探し出すことができます。これはスゲー便利かも。


■ネタを引用させて頂いた比類なき有益な情報の発信元

・タイトーバラエティーパックのサーガイア化/レトロフリークの基礎知識(仮)
http://retrofreak.blog.jp/archives/47390989.html

・TATSUJINサウンドを正常再生/【互換機】レトロフリーク12【FC.SFC.MD.PCE.GB他】
http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/retro2/1446334616/

・USBテンキーパッド活用/【互換機】レトロフリーク19【FC.SFC.MD.PCE.GB他】
http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/retro2/1447729038/

| レトロフリーク | 20:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レトロフリーク:動作検証 後編


レトロフリークにて、パチモノFCソフト「スーパー魂斗羅 X」の正常動作を確認(前回の記事で検証するのをすっかり忘れていました)。アンノウンながら不具合は特に見当たらず、インストールも無事完了です。ばんじゃーい。


動作確認も兼ねて久々にスパ魂Xをプレイ。無駄にデカい足元のやられ判定、貧弱でチープなサウンド、7方向にしか動けないSTGステージ、ボスキャラのオーバーキルによるフリーズや、同一ステージがループする不具合など、そのハイメガ特盛残念賞っぷりを全身の毛穴で受け止めました。

魂斗羅としての出来は「超級戦魂」以下ですが、奇抜なステージやボスを攻略する楽しみはそれなりにあるワケで。パチモノ好きのファミ魂斗羅好きとしては、こんなのでも放っておけないのでありますよ。


MD&GEN用の海賊版ソフトを動作検証。最近の海賊版は精巧な作りになっていて、素人目では正規品との区別がつかないモノも多かったり。ヤフオクでは"海外生産"と云うワードに気をつけろ…。

一昔前の海賊版は一目でニセモノと判断できる胡散臭さが有り、自分みたいな雑魚はその辺の妙を楽しんだモノです。価格もアホみたいに安いし(日本円で200~300円程度)、GENタイトルはリージョンプロテクトが外されているので使い勝手も良かったりして。

ちなみに画像中央の餓狼スペはMCD用のROMカセット版! KAISER脅威のメカニズム!! …とか期待して台湾の露天で落札したら、中身はGEN版の初代餓狼だったと云うオチ。これが良いんですよ、これが!!


話が脱線したので元に戻します。動作検証の結果ですが「M.U.S.H.A.」のように正規品として扱われるモノもあれば、アンノウンと認識されるモノもありました。手持ちの海賊版は一通り正常に動作しましたが、レトフリwikiの情報では認識しない海賊版もあるとのコト…。

自分の事を棚に上げて声高らかに宣言しますが、ネタ以外で海賊版に手を出すのは止めておいた方が良いかと。


MD用パチモノソフト。海賊版も同様だったのですが、中華製のROM基板は正規品と比較して若干厚く、出し入れの度にレトフリのMDスロットが壊れるかとヒヤヒヤしました。潤滑剤を接続端子にたんまり塗ってもすンげーキツいって云うか。

画像右下の「タイトルでロシア軍歌っぽいのが流れるバトルシティー」が特にブ厚く、スロットから抜けなくなった時はマジで冷や汗が噴出しましたですよ。

スロットがピン飛びしたらシャレにもならんので、パチモノ&海賊版は2度とレトフリに入れたくないって云うか。まぁ、このテのブツもそうそう見掛けなくなったので、自分が新たに入手するコトはもう無いとは思いますが。


FCパチモノと違い、MDのソレは手持ちの半分以上が起動、インストールに成功しました。ザ・キング・オブ・パチモノ格ゲー「トップファイター2000 Mk-VIII」が、レトフリのデータベースにしっかり登録されていたのには驚きましたですよ。

in1系はMD、MD用SMS詰め合わせ共に認識せず。残念無念。


トップファイター2000のタイトル違い(中文版)は、アンノウンながらも動作は完璧。モハメド・アリとマイケル・ジョーダンがメジャー格ゲーのキャラに紛れて闘うなんて、このゲームを発案したヤツはどんなクスリをキメながら企画したんだ?(A.V.G.N.っぽく)


何度見ても楽しいオープニングデモ。秋葉原の超馬鈴薯で見かけた人も多いハズ。


「水滸風雲伝」や「一門英烈 楊家将」と云った、ベルトフロアアクションがインストに成功したのも嬉しい。水滸風雲伝は非ライセンスタイトルの割にはそこそこ完成度が高く、その出来に惚れて入手当時はノーコンクリア達成までヤリ込んだモノです。天地IIで見たような敵がわんさか出てくるのがナンですけど。


海賊版&パチモノはアンノウンが目立ちましたが、思っていた以上に正常に動作してくれるモノが多かったデス。ゲーム序盤は正常でも中盤から画面が乱れるとか、終盤でもれなくフリーズ、なんてコトが無いとイイなぁ…。

ところで。自分はコレクターでは無いので、興味の無いソフトは欲しいとも思わないのですが、こうしてレトフリ上で手持ちのタイトルがリスト化されると、ソフトを収集するのも悪くないと思えてきます。でも要らないソフトはやっぱり要らないけどな!


「GGコンバーター」の発売を待たずして、セガMk-III&海外版セガ マスターシステム(SMS)の起動実験を開始! 当然、レトフリにこれらのスロットは用意されていないので、MD上でMk-IIIソフトをプレイする「メガアダプター」互換のコンバーターを用います。


それがコレ。カセットの上のコネクタにSMSが、背面のコネクタにMk-III用ソフトが挿入できます。FC→NESコンバーター同様に現在も入手可能ですが、結構お高い上に精度もイマイチっぽいので、レトフリ純正品=GGコンバーターの発売まで待った方が宜しいと思われます。


レトフリでMk-III版「スペースハリアー」が起動。だがしかし。コンバーターの精度の低さが祟ってか、手持ちのMk-IIIソフトは3分の2がアンノウン扱いと云う有様だよ(しかもバグって動作不能)。どのソフトも端子はキレイだし、実機ではもれなく1発で起動するってのに…。


俺の青春、テスタロッサもレトフリでは極彩色のモザイクに。ああ無常。

26Scramble-Spirits-(UE)-[!]
SMSは更に悲惨で、正常に起動できたのは21本中たったの2本(スクランブルスピリッツとランボー)だけ。本来のゲーム速度でプレイできると楽しみにしていた「パワーストライクII」に至っては、アンノウンどころか起動させるとレトフリ本体が落ちる仕打ちっぷり。俺が一体何をしたと云うのだ!

…「スクランブルスピリッツ」を起動して気付いたのですが、レトフリはFM音源にもしっかり対応してるんですね。SMS版はBGMの再現(特に1面)が素晴らしく、初プレイの際はエラく感動した覚えがありますですよ。システム16とか24特有のペタペタしたドラム音まで忠実なんですもの。


ヤケクソになってMk-III用のコネクタに廣嶋コンバーター(Mk-IIIで海外SMSソフトをプレイする為のブツ)を咬ましてパワストIIの起動を試みる。それでも動かない。ああ、まるで通じない。じっと手を見る。


気を取り直してSG-1000用ソフトを同様のコンバーターで試す。意外にも10本中7本がレトフリに認識され、拍子抜けのあまり変な声が出る。ハァ!? Mk-IIIと同じコネクタを使っているのに、この差は一体ナンなんだよ…。


だがしかし。レトフリ側がSG-1000に対応しきれないようで、どのソフトも音はすれどもグラフィックは表示されないと云う事態に。画面は真っ暗ですが「スタージャッカー」のカッコいいタイトル曲が流れていると思いねえ。

SG-1000に関しては、レトフリ側の正式対応を待つしかないようで。なお、マイカードは「カードキャッチャー」をとっくの昔に処分してしまったので動作を確認できませんでした。


レトフリにインストしたMk-III、SMS、SG-1000の各タイトルは、MDのリストに追加されました。これは暫定的な仕様で、将来は各機種毎にカテゴリ分けするのか、それともこのままセガハード総合としてリストを統一するのか。後者に3ペリカ。

ちなみにMk-III用「スーパーワンダーボーイ」は、リージョン自動設定だとSMS版「ワンダーボーイ」と認識される模様。幻の「パーティーゲームズ」の件もあったりして、レトフリのデータベースも意外といい加減って云うか。


最後にGBのパチモノ格ゲーとGBAのin1ソフトを動作検証。結果から言うと格ゲーは認識されず、in1は収録ソフトの内訳がFCオンリーのモノなら完璧に動作。GBAやGB、FCなどを収録したin1は、ごく一部のGBAタイトルしか起動しませんでした。

…GB版「カプコンvs.SNK」はどうでも良いとして、「熱闘KOF'98」(超級格闘S)はどうでも良くないくらい出来が良いので、何とかしてレトフリにバックアップを残したかったのですが…。


唯一正常に動作したFC&NES80in1。レアゲーなんかも収録されていてお得感がアリアリなのですが、GBA上で動作するFCエミュの遅延にレトフリの遅延が上乗せされるので、アクション性の強いゲームは結構厳しかったり。世の中案外そんなもの。


■レトフリ非対応ソフトの動作検証まとめ

NES大安定。

| レトロフリーク | 20:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月