ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

≫ EDIT

超クラまくり


本日午後、konozamaよりWii版「仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ」が到着。早速ヤリまくりです。

超クラはクラシックコントローラorリモコン+ヌンチャク専用で、ジョイスティックでの操作はまったく考慮されてない事が判明。フォームチェンジやパワーアップにアナログスティックが割り振られており、キーコンフィグも無いに等しい状態だったり。例によってGCコントローラも未対応でした。

こんなコトならコンバータじゃなくて、大人しくクラコンを買っていれば良かったデスよ;;


仕方が無いのでPS2用デュアルショック2を接続してプレイ。レスポンスは上々で、遅延らしい違和感も無く快適に遊べています。そりゃクラコンの方が反応は良いんでしょうけど。

超クラはゲーム性も操作系も独特で、使うボタンも多い為に覚えることも多かったり。とっつきはかなり悪いですが、慣れてしまえばかなり楽しいって云うか。既存のゲームで例えるならPS用「デストレーガ」に近い雰囲気。アレも格ゲーとしてはかなり異質でしたが。


今作の新キャラの殆どが隠しキャラ扱いなので、それらを開放する為にもスーパーヒーローズモードをヤリまくり。TVの「仮面ライダーウィザード」に登場して間もないハリケーンドラゴンまで使えるとは驚きですよ(タッグ専用)。

とっとと全キャラを使えるようにして、来たるべき対戦の日に備えなくては。

| レビュー | 20:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仮面ライダー 超konozama

amazonで予約していたWii版「仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ」(以下超クラ)の発送通知が昨夜届くも、配送が発売日(今日)に間に合わなかった模様。ああ、やはりいつものkonozamaであったか。あな口惜しや、口惜しや。


クライマックスヒーローズは以前のシリーズからGCコントローラ(及びスティック)には対応していない為、超クラでもどうせ対応させる気は無いと判断。そんなワケで、PS用コントローラ(及びスティック)をWii用クラシックコントローラに見立てるコンバータを、リモコンと併せて2セット用意してみました。これで対戦もバッツリって云うか。

コンバータは「Wii専用コントローラー”つなぐ”」をおチョイス。”つなぐ”はデジタルコントローラにも対応しているので、アナログ入力を持たないRAPも使えるのがポイント。コンバータ経由での操作なので入力遅延は覚悟の上デス。


超クラが来ないので、久々にWii用「グラディウスリバース」を遊ぶ。操作デバイスはリモコン+コンバータ+RAPを試してみるコトに。果たして入力遅延の具合や如何に。

実験結果:操作感覚にちょっとした違和感を覚える程度ですが、確実に遅延が発生している模様。気になる人は気になるし、気にならない人は気にならない。そんな感じ。取り敢えずグラリバをノーミス1周出来たので、遅延があるとは云え実用可能なレベルじゃないですかね、とか。レゲーの糞移植で遅延にマヒした自分の判断なんで、あまりアテにならないとは思いますが。

…超クラ、明日には届くとイイなぁ。

| ゲーム | 20:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーイデン ラーイデン うーるーわーしーのー


久し振りにPS用「雷電プロジェクト」を引っ張り出し、初代「雷電」を遊ぶ。やっぱコレだ! って感じ。東亜STGの文法そのまんまのゲーム性に加え、シンプルなパワーアップがスゲー良いのです。

足の速さが適度で自機狙いの敵弾も避けやすく、予測射撃じみた攻撃も無いのでミスっても納得がいくのがイイ。ヘンな小細工とか無しで、直球勝負なトコロが潔いんだよなぁ。画面が左右スクロールするため切り返しも容易で、気持ち良く弾避けさせてくれるのも最高って云うか。


取り敢えず6面終盤まで到達できてちょっと満足。って云うかスゲー面白かった!! 5面ボス前でハマって3機も潰したのは痛かったですが、何とか復活できて良かったでありますよ。ミス後の復活作業も楽しいし、やっぱ初代は万人向けの良作ですわ。


せっかくだから忌わしの北米PSN版「雷電Ⅲ」も遊んでみる。さらばとは言ったが、2度とプレイしないとは言っていない。何そのIG的発言。

そして、やっぱり5面がどうしようも無い。ガルザカートみたいな炸裂弾が見てから避けられず、勘で避けると弾幕密度の高い方に突っ込んだりしてもう見てらんない。Ⅲは横スクロールの概念が無い為、スクロールアウトで危険を回避する手段が取れないのも厳しいって云うか。

今回は中盤の大型機んトコで無理に撃ち込もうとして被弾→ガメオベラ。あーもうヤメヤメ。気が向いたらまたやるけど。

■拍手コメント
景清さんが激似ですね。ポイズンさんは股間の膨らみがスゴく気になりますね(^_^;)

七海奈弦さん、どうもです。相変わらずポイズン好きですねー。自分も好きですけど(笑)。あと景清を褒めて頂けて嬉しいデス。凶器の竹刀を持たせると、これがまたサマになるんですよ。必殺旋風剣イヤーッ!!(スピーカー割れ気味で)

| ゲーム | 20:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さらば雷電Ⅲ


思い出した頃に遊んでいる北米PSN(PS2アーカイブス)版「雷電Ⅲ」が地獄すぎる。

国内販売されたモノとは異なるゲームバランスの可能性もありますが、アーカイブス特有の入力遅延もあって理不尽なまでに難しいって云うか。アーケードランク+デフォ設定でプレイしていますが、5面中盤がやっとこさデス。

自機の移動速度が無駄に遅く、動きを止めれば自機狙いの高速弾に射抜かれ、動き続けるとその移動先へ予測射撃も兼ねたWay弾が置かれているとか最悪。四方から出現する戦車&ボートは出現直後から発砲しまくり、移動範囲を制限するように自機を追い込むのが嫌らしい。ボス戦中に至近距離で自機の真横から狙撃とかアリかよ;;

パワーアップアイテムは常に高速弾やWay弾が行き交う中を取りに行かねばならず、種類が多いために任意のモノを取るのは非常に困難だったり。足が遅い所為でパワーアップすら命懸けなのに、ハズレ(ラリーマンビームの出来損ない)を掴まされた時の屈辱感っていったら、もう。

雷電は究タイもどきの初代から、シリーズを重ねる毎に独自色が強くなり、何とも言えない違和感を抱いておりました。しかし、安かったこともあって久々に手を出してみたのですが、1年近くプレイしてもその面白さは理解できなかったですよ。やはり自分のようなド素人が手を出して良いSTGでは無かったようです。さらば雷電Ⅲ。

…初代とライデンファイターズ系は死ぬ程好きなんですけどね。


買い物ついでにヤマダを覗く。「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」のDVDが税込み990円だったので購入。安ッしー! 去年末にセル/レンタル開始したダークサイド・ムーンがもう1000円以下かよ;; 他にも見たかった洋画が軒並み990円だったので、おサイフに余裕が出来たらイロイロ買いに行こう~。

今日はこれからいつものメンツで対戦まくりだ! 楽しみ~。

| にっき | 16:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイプロ・リターンズ レスラーエディット その92~95


■レスラーエディット その92:「ストリートファイター×鉄拳」よりポイズン

レスラーエディット・リターンズ! 終わりと言ったのはウソじゃ! 引退を撤回して復帰を果たすのは、プロレスラーとファイプロとキャラクリャーの運命(さだめ)なんじゃ! ファイヤー!!

そんなワケでポイズンですよ。アニメ顔と帽子パーツの相性の悪さは異常。ウェーブが掛かった髪はウィッグを追加して表現しております。

パンプスはカンフーシューズで代用しているのですが、配色の関係で靴底が肌色になってしまうのが残念賞。靴底が抜けてるワケじゃないのよ? 


■レスラーエディット その93:「ストリートファイター×鉄拳」よりヒューゴー

ヒューゴーのパクリ元になったレスラー(アンドレ・ザ・ジャイアント)の顔パーツが実に良い出来だったので、せっかくだから作ってみました。アフロにロンゲのウィッグを追加して、ヒューゴーっぽさをより強調しています。

アンドレでヒューゴーを作るのはネタ的にも安直すぎるのですが、思った以上に良い出来に仕上がったので採用しました。な、何でもカンでも否定するのダメだと思って(byなかの先生)。


■レスラーエディット その94:「ワンダーモモ」よりワンダーモモ

ロリコット星人。ヘルメットを無視して作ってみましたが、それだったら変身前で良かったのでは、とか。


■レスラーエディット その95:「源平討魔伝」より平景清

バッターかけきよ。腰まわりの装甲が足りませんが、結構イイ感じじゃないですかね。

■拍手コメント
大丈夫です。アステカイザーにしか見えません(笑)他にもガンキャノンとかやヴぁいです

松蔵さん、どうもです。あれからアステカイザーを多少手直ししてみましたよ。主な変更点はマスクの口の部分の追加ですが、代償として額に輝くアステカの星が犠牲になりました;; ガンキャノンは肝心のパーツ(キャノン砲)が無くてもガンキャノンに見えるよう、細部の配色やプロポーションに気を使いましたですよ。やヴァいと言って頂けて光栄デス(笑)。

| キャラクリ | 20:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイプロエディット以外の最近

■11月@日:HARD OFFまくり

友人4人で鉄拳タッグ2が遊べたら楽しいだろうなぁ→タッグ2はまだ高い→鉄拳ハイブリッドに収録された鉄拳タッグHD版も悪くないかも→まだ高い&4人対戦は出来ないっぽい→んじゃ安くて4人対戦も楽しめるPS2版鉄拳タッグだ!→鉄拳タッグは行きつけのHARD OFFに有った気がする!


そんなワケでPS2版「鉄拳タッグトーナメント」をHARD OFFにて確保。お値段は例によって105円ナリ。安ッしー!! 

あとスーファミ用「ファイナルファイト ガイ」(以下ガイ版)も105円で入手~。アーケードではガイ専門でブイブイ言わせてましたが、スーファミ版でコーディー&ハガーに慣れたらガイは要らない子になったのでした。当然、後に発売されたガイ版は余裕でスルー。ソウルスルー。

■11月$日:ガイまくり

初めてのガイ版を遊ぶ。この頃はROM容量と開発側のシビアな闘いがあったのか、メモリ節約の為にガイのボイスが尻切れまくりでやんの。アーケード版では「エイヤーッ!!」だったのが、ガイ版じゃ「エイヤ」だって。オリジナル版との変更点は、アイテム追加とアビゲイルの弱体化くらいかしら。

遊んだ印象は「ああ、ガイだなぁ」程度。アーケード時代は夢中になって繰り出していた三角蹴りも「無理して使う程のモノでもないよなぁ」と冷めまくり。ガイ版はそれなりに楽しかったですが、やっぱコーディーとハガーの方がキャラ的な面白さは上のような気がしたり。

■11月☆日:州光まくり

隠しキャラを全て開放し、対戦の準備が整ったので持ちキャラの練習をば。今でこそ鉄拳はドラグノフがメインですが、初代~タッグまでは吉光&州光を使っていたのです。当時使っていたコンボを思い出しては実践し、気付けばトレーニングモードに1時間半ほど篭っていました。た、楽しい…。

…アーケード版の鉄拳タッグは結構ハマったのですが、なんでPS2版は買わなかったんだろう? PS2版が出た頃は鉄拳衆からキャリバカに転向していて「いや~ソフィーティア強いッスね~www」とか言ってた気も。

■11月#日:ドラグノフまくり

吉光&州光に夢中でドラちゃん(のコンボとか立ち回り)を忘れるのがヤヴァいので、XBOX360版「鉄拳6」も遊ぶ。そして通算5度目となる金色のアザゼルと遭遇。

キャラセレの際にドラちゃんのコスチュームを間違えたので、早々に捨てゲーしようと思いましたが取り敢えず最後までプレイして良かったデス。

■11月〇日:ローリングガローリングガローリン

北米版「ひだまりスケッチ」のDVD(1~3期+SP)を衝動買い。お値段は送料込みで8500円ほど。安ッしー!! 切欠と云うか、購入動機は子種ちゅるちゅる島先生のアレ。

早速見てみる。斬新な演出と云うか手の込んだ手抜きと云うか、4色刷りの拡大表示フィルタや、実写映像のコラージュと云った奇抜な表現に目が点。とある事象にスポットを当て、それに合わせてカレンダーを前後するストーリー展開とか不思議すぎ。そんでもって、血だまり某のネタ元も確認できたりしてスゲー楽しかったり。アズィ!

1日1話づつ、じっくり見よう。

■11月▽日:パンケーキまくり

失われつつあったSTG分を補給するべく、消化に良さそうなオーソドックスなモノを頂くコトに。そんな感じでPS版「ストライカーズ1945Ⅱ」をプレイ。フライングパンケーキの安定感が頼もしい。取り敢えず7面冒頭まで進めてそれなりに満足。

■11月*日:北白川小兎美まくり

せっかくだからPS版「ソニックウィングス スペシャル」も遊ぶ。元祖と本家の関係で(?)、ストライカーズを遊ぶとソニックウィングスも恋しくなるのが人情と云うモノ。そして北白川小兎美がフツーに強い。真尾まおに対抗できるのは、ヤツしかいない! ってくらい強い。でも、コスチュームは「ラビオレプス」時代のバニースーツの方が68000倍強かった。

で、左ルート最終面の中ボス直前でうっかり被弾→ガメオベラ。でも満足。本音は久々にALLしたかったデス;;

| にっき | 20:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイプロ・リターンズ レスラーエディット その86~91


■レスラーエディット その86:「ロックマン」よりロックマン

ロックマンと云うよりは、NES版メガマン(のパッケ絵のひと)と云ったカンジ。各部にワザとらしいパーティングラインを盛り込み、ロボっぽさをワザとらしく演出しています。ガンダムプラモの墨入れみたいなー。


■レスラーエディット その87:「ストリートファイター×鉄拳」よりメガマン

愛して止まないスト鉄版メガマンも作成。ロックマンとは対照的なプロポーションと顔付きで、ダサい雰囲気を狙ってみましたよ。


■レスラーエディット その88:「プロレスの星 アステカイザー」よりアステカイザー

現在、ケーブルTVで絶賛ドハマリ中のアステカイザーを作ってみました。全体的なカラーリングはナンとか再現できたのですが…。く、苦しい…;;


■レスラーエディット その89:「プロレスの星 アステカイザー」よりサタン・デモン

アステカイザーの宿敵、サタン・デモン様も作ってみる。やっぱりケープが無いと雰囲気が出せないなぁ…。


■レスラーエディット その90:「X-MEN」よりサイロック

マーベル勢の皆さんは何体か作ってみたモノの、どれも再現性がイマイチでボツりまくり。肌を緑に塗ってハルク/シーハルクとか、銀色でシルバーサーフィンと云ったネタは安直すぎるので作ってもいませんけど。

そんな感じで、結局サイロックしか納得のいくモノに仕上がりませんでした。


■レスラーエディット その91:「北斗の拳」よりジャギ

とあるマスクマンの顔パーツがジャギにしか見えなかったので、全体をジャギっぽくまとめてみたトコロ、案の定ジャギになりました(笑)。

おしまい?

| キャラクリ | 20:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイプロ・リターンズ レスラーエディット その83~85


■レスラーエディット その83:「パワーパフガールズ」よりブロッサム

ガールズの面々も度々キャラクリしていますが、それはガールズが好きだから!(キリッ アニメの方は4期目辺りからサッパリ見てませんが、思い出した頃にビデオ&DVDを引っ張り出して堪能しています。

そんなワケでリーダーのブロッサム。デフォルメ等身のキャラをリアル等身で再現する都合上、どうしても違和感バリバリ感ありまくり感です。キャリバーⅢの時も猫耳でリボンを誤魔化した気が…。


■レスラーエディット その84:「パワーパフガールズ」よりバブルス

キュートなバブルス。エディットパーツのこの顔が可愛いコトもあって、結構キュートな感じが出せたと思います。ピッグテールの長さもバブルスに丁度合っていたりして、なかなか良いんじゃないですかねー、とか。


■レスラーエディット その85:「パワーパフガールズ」よりバターカップ

そしてタフだぜ、バターカップ。前髪を切り揃えた様に見せようと各種ウィッグを追加するも、どれもイマイチだったので妥協。

つづく!

| キャラクリ | 20:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイプロ・リターンズ レスラーエディット その78~82


■レスラーエディット その78:「美少女戦士セーラームーン」よりセーラームーン

セーラー服は袖部分と本体が独立したパーツ構成なので、セーラー戦士も違和感なく再現できます。ボディスーツとスカートの境界部分もイイ感じで表現できたのですが、腰部分に余白が出来てしまうのが残念賞。目立たないので気になる程でもないのですが。でも気になる。

セーラームーンはスーパーとかエターナルと云ったバリエーションも作れそうですが、取り敢えずデフォルトのみってコトで。


■レスラーエディット その79:「美少女戦士セーラームーン」よりセーラーマーキュリー

例によって共通デザインのコスチュームは使い回し出来るのが便利。亜美ちゃんののクセっ毛っぽいショートヘアーは、ウィッグを追加してソレっぽく見せてみました。


■レスラーエディット その80:「美少女戦士セーラームーン」よりセーラーマーズ

頭部とブーツを変更して、コスチュームを塗り替えればマーズの出来上がり~。ファイプロなのでファイヤーソウルは口から吐きます。カウンターでホゲェーッ。


■レスラーエディット その81:「美少女戦士セーラームーン」よりセーラーヴィーナス

マーズを素体にして、ヴィーナス用のパーツ追加&リペイントで完成。猫耳パーツで大きなリボンを表現するには少しムリがあったかも;;


■レスラーエディット その82:「美少女戦士セーラームーンS」よりセーラーサターン

愛しのジュピターがエディットで再現不可能なので、せっかくだからサターンを作ってみました。サターンらしく、もう少し華奢なプロポーションにしたかったのですが…。ファイプロでは無理どすえ。

つづく!

| キャラクリ | 20:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイプロ・リターンズ レスラーエディット その74~77


■レスラーエディット その74:「インフィニット・ストラトス」よりセシリア・オルコット

セシリアをISスーツ姿で再現。ヘアバンドのパレットの塗り分けで、フリル部分を表現できたのが嬉しかったり。しかし、縦ロールのカタマリみたいな髪型は再現できるハズも無く…;;


■レスラーエディット その75:「インフィニット・ストラトス」よりシャルロット・デュノア

同じくISスーツのシャル。髪はウィッグを追加して、元の顔パーツの雰囲気を変えようと努力しています。殆ど変化が見られませんけど;;


■レスラーエディット その76:「ヴァンパイア」よりモリガン・アーンスランド

頭部パーツの猫耳とピッグテールを同色でまとめたトコロ、それなりにコウモリの翼っぽくなりました。ストッキングの星マークは苦肉の策デス;;


■レスラーエディット その77:「ヴァンパイアセイヴァー」よりリリス

文字通りモリガンの副産物です。

つづく!

| キャラクリ | 20:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイプロ・リターンズ レスラーエディット その70~73


■レスラーエディット その70:「トゥハート」より松原葵

あかりをベースに細部のパーツを変更すれば葵の出来上がり。制服の袖まくり部分を肘サポーターで表現したのですが、構えとの相性が悪くて全く目立ちません;;


■レスラーエディット その71:「トゥハート」より姫川琴音

琴音は殆ど芹香のパレット変えで終了です。装備技エディットでバグ技を設定して、超能力っぽく演出してみるとか。しかし、ソレを行うとメモカのデータも超能力=バグで破壊されると云う諸刃の剣。素人にはオススメ出来ない。


■レスラーエディット その72:「トゥハート」より長岡志保

トレードマークのルーズソックスは、アルティメットウォーリアーのアレで表現。トゥハート勢は手軽にエディット出来てイイなぁ。


■レスラーエディット その73:「トゥハート」よりHMX-13 セリオ

綾香の髪の色を変えてツノを生やしてみました。お手軽すぎてスミマセン;;

つづく!

| キャラクリ | 20:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイプロ・リターンズ レスラーエディット その66~69


■レスラーエディット その66:「トゥハート」より神岸あかり

どう見ても本田飛鳥のリペイントですが、これはQOHに対するリスペクトであって、オマージュなのです。手抜きでは無いのです。多分。


■レスラーエディット その67:「トゥハート」より来栖川芹香

制服が使いまわし出来るので、トゥハート勢は量産が容易でした。しかし、そのキャラを表す特徴的なパーツがないと、エディットしても個性が出し難い罠。芹香はケープと魔法使いの帽子が欲しかったデス。


■レスラーエディット その68:「トゥハート」よりHMX-13 マルチ

マルチと相性の良いパーツが揃っていたおかげで、トゥハート勢の中でも完成度の高いエディットになりました。


■レスラーエディット その69:「トゥハート」より来栖川綾香

制服は夏服仕様のムギをそのまま流用…したワケでは無く、ベスト部分はパーツ構成を変更しております。苦労したワリには、あまり変化が無いように見えますが…;;

つづく!

| キャラクリ | 20:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイプロ・リターンズ レスラーエディット その63~65


■レスラーエディット その63:「マジカルドロップⅢ」よりストレングス(娘)

アニメ顔パーツの中ではクセが強く、使い勝手の悪かった551番の顔がストレングスにピッタリはまりました。特に苦労したポイントは有りませんが、個人的には結構お気に入りのエディットなのです。


■レスラーエディット その64:「マジカルドロップⅢ」よりデス

設定画の中にケープを取り払った状態のモノがあったので、その姿を再現してみました。でも、ケープと尖がった耳が無いとデスらしさは激減しますね…;;


■レスラーエディット その65:「チェルノブ」よりチェルノブ

SVR2009でエディットした時よりはチェルノブっぽさが増したような。そうでも無いような。

つづく!

| キャラクリ | 20:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

修正エディットタイム


PS2用「ファイプロ・リターンズ」のキャラクリ編集作業がようやく一段落。画像をキャプる段階になってエディットのミスに気付いたり、より良い表現が思い浮かんだりで、手直しに時間が掛かってしまいました。やっぱキャラクリは楽しいですわ…。

画像は例によってボツネタ。人型でも人間とは異なるプロポーションのMSは再現不可能って云うか;; 配色さえ上手くいけば、きっと見れるモノに仕上がる! …と思っていたのですが、結果はご覧の有様だよ。

■拍手コメント:Kinokoさんへ
ダブドラネオンのサントラの件ですが、実は少し前にPS3からBGMを録音して、自前のサントラを作ってしまったのですよ。サントラがカンパウェアとして公開されているのは知っていたのですが、けっきょく自炊したモノで満足してしまったと云うか;; ともあれ、情報ありがとうございました。

| にっき | 20:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

潮時エディットタイム


作りたいキャラを大よそエディットし尽くし、ファイプロ熱も少し冷めてきたと云うか。脳内のキャラクリ分も充分満たされたので、そろそろファイプロは潮時かなー、とか。

とは云え、未公開のキャラはまだ20人程ストックしてあるので、編集作業を終え次第さらしてみたく思いますですよ。

画像はボツにした某格ゲーキャラ。男キャラは内容(エディット構成とかネタっぷりとか)に秀でてないと、作っても保存する気にならないって云うか。世の中案外こんな物

| にっき | 20:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイプロ・リターンズ レスラーエディット その58~62


■レスラーエディット その58:「あすか120%リミテッド」より本田飛鳥

あすかキャラの中から、比較的再現しやすいキャラを選んでエディットしてみました。飛鳥はパレット変更だけで某ハートのヒロインに化けそう…。

なお、各キャラのカラーリングはリミテッドの説明書のイラストに準拠しています(ドット絵では微妙に各部の色が違うのです)。


■レスラーエディット その59:「あすか120%リミテッド」より川崎忍

セーラー服の本体色に依存するカラーのライン部分は、例によってネックレスの紐部分で表現。


■レスラーエディット その60:「あすか120%リミテッド」よりキャシイ・ワイルド

キャシイに適したパーツが揃っていたコトもあり、あすかキャラの中でも再現性の高い出来に仕上がりました。


■レスラーエディット その61:「あすか120%リミテッド」より鈴木めぐみ

めぐみはシンプルなコスチュームなので、パーツ構成も実にシンプルだったり。そんなワケで特にヒネるポイントも無く、非常に作り易かったです。


■レスラーエディット その62:「あすか120%リミテッド」より御手洗清子

レフェリー用の縦縞シャツを、ソフト部のユニフォームに見立ててみました。ズボンの腰部分に縦縞模様が有ればカンペキだったのですが…。

第2部完!! もうちょっとだけ続くんじゃ

| キャラクリ | 20:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイプロ・リターンズ レスラーエディット その54~57


■レスラーエディット その54:「マーシャルチャンピオン」よりレイチェル

可愛く出来たとは思うのですが、勇ましさもエロさも微塵も無いレイチェルが完成~;; シャドーアタックは単なるダッシュエルボーで再現するしか無いのだろうか。火遁の術はどう考えても無理ですが。


■レスラーエディット その55:「ナックルヘッズ」よりクローディア・シルバ

レイチェルといいクローディアといい、キレのある格ゲー女子をエディットするのはなかなか難しいと云うか。キャラスペック的にはルチャドールっぽく仕上げると良いのかな。


■レスラーエディット その56:「ストリートファイターZERO2」より春日野さくら

春日野さんはこんな感じ。へそ出しセーラー服姿を再現したかったのですが、少し露出が過ぎたやも。


■レスラーエディット その57:「デッドオアアライブ」よりティナ・アームストロング(2Pカラー)

アニメ顔だと格ゲー女子の雰囲気が出しにくい為、思い切って女子プロ顔でエディットしてみたのですが…。ダメだ!(by若本一徹) やっぱ女子キャラを作る際はアニメ顔一択で行こう…。


「ティナさん…ダッシャ!!」猪狩完至の計略にはまり、油断したティナに延髄斬りが炸裂。どうみても一部の身内にしか通じないネタです。本当にありがとらのこいました。★★□

つづく!

| キャラクリ | 20:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイプロ・リターンズ レスラーエディット その50~53


■レスラーエディット その50:「初音ミク」より初音ミク

キャリバーⅢ、モーコンアルマゲ、キャリバーⅣ、SVR2009と、キャラクリモードのあるゲームで、必ずエディットしてきたのがミクだったり。そんなワケで、せっかくだからファイプロでもエディットしてみましたよ。

腰から太股まわりのデザインは、膝サポーター2、スパッツ、ショートスパッツの重ね合わせで処理。各パーツのセパレート部分(ミクのスカート裾とストッキングの切り返しの緑色部分)を潰さないよう、表示優先順位に気を使いました。絶対領域はスパッツ本体色を肌色にするコトで再現しています。

ウィッグでヘッドホンを再現してみたモノの、試合中はただの黒い毛にしか見えなかったのでオミットするコトに。エディット画面上ではかなり見栄えが良かったのですが…;;


■レスラーエディット その51:「マドゥーラの翼」よりルシア

マスク用の追加パーツで、ルシアの頭部の飾り(羽付き蛇)を再現できたのが嬉しかったり。ルシアは部分ごとの色分けがハッキリしているので作り易かったデス。


■レスラーエディット その52:「レイラ」よりレイラ

太股の部分をストッキングに見立てて彩色~。肌色より多少濃度差を出した方がソレらしさが増すって云うか。


■レスラーエディット その53:「夢幻戦士ヴァリス」より麻生優子

ネックレス系パーツで首元のスカーフを再現するのは無理があったので、ハイネックスーツを赤く塗って誤魔化してみました。上からビスチェを被せ、ハイネックを部分的に露出させるコトでスカーフっぽく見せています。

つづく!

| キャラクリ | 20:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月