ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

≫ EDIT

戦いに終止符を…(打ちたい)


PS版「カプコンジェネレーション 第3集」の「エグゼドエグゼス」を遊ぶ。PS2版カプクラと大差がない事は分かったのですが、絵と音で選んだらやっぱこっちだわー、って感じ。

そして画像は10面ボス・トリクルとの激戦。援軍としてちょっかいを出してくるザコがボス以上に厄介で、画面後方から出現して自機に付き纏い、3WAY弾を吐くトンボは特に鬼門だったり。


ウェ~ッハッハッハ! 俺はココだァァァッ!!(画像赤丸参照) ボス戦で追い詰められると画面全体を周って攻撃を回避してるのですが、これってエグゼドエグゼスでは割とフツーですよね? 大昔、ゲーセンでこんな回避行動で立ち回っていたら友人に爆笑されましたが…;; 弾に当たんなきゃイイんだよ! 死まなきゃソレでイイんだってば!! まったく! 本当にまったく!!


そんな感じでトリクルを撃破して11面に到達するも、ハイポイントエリアを目前にしてガメオベラ。ココでフルーツを食いまくれば、エクステンドも充分狙えたかも…。無念、ダムネン;;

でも、今回はココ最近で一番調子が良かったなー。ちょっと満足。

| ゲーム | 20:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シュレーディンガーの猫


XBOX360用「ファントムブレイカー」を2週間ぶりに起動。紅莉栖と並ぶ自分の持ちキャラにして、メインキャラのフィンをリハビリまくりました。まずはトレーニングモードで軽く30分ほどコンボ練習。た、楽しい…。いまどきの格ゲーはコンボ練習してるだけでズ~ッと遊んでられるからタマランですよ。この俺の最強に強まったディメンションき~っく♪を喰らえ!!


ウォーミングアップが済んだらアーケードモードに挑戦~。逃げたり待ったりと、露骨にネガティブなテーブルのCPU戦が相変わらず面白い。安易な飛び込みは判定の強い通常技で潰しにくるので、こちらも判定の強いジャンプ弱キックで応戦。技がぶつかり合って相殺が発生したら更に強い技を振ったり、相手の反撃を見越して2段ジャンプから裏に回ったり。実戦(対戦)でも通じる駆け引きのマネゴトが楽しい。


アーケードモードのラスボス、インなんとかさんはストーリーモードの時よりタフになっているので、こちらもソレなりの対応で。飛び道具の数じゃインさんにも負けないーゼ~。まるちぷるミッソーの硬直をマウちゅーボンバー6でキャンセルして、ミソボムまみれで固まってるトコロをドリルでクラッシュさせるのが最高デス。


そんな感じで撃破完了~。やっぱファントムブレイカーは面白いですわ。あとフィンさいこー。

| ゲーム | 20:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最終兵器 弥七


なんか慌しい1日で殆どゲームが出来なかったり。年末にかけてこれからもっと忙しくなるのかしら…。

そんなことより。PS2版「カプコンクラシックスコレクション」の「エグゼドエグゼス」ですよ。違いを見つけ出そうとPS版「カプコンジェネレーション 第3集」に収録されたのと交互に遊んでるいのですが、PS2版は「画面がややボケてる(画面モードによりけり?)」、「BGM&SEのバランスが(コンフィグを弄っても)悪い」、「低速連射設定が無い(ただでさえ遅い連射の更に遅い連射なので不要なんですが)」、「BGMの切り替え時に僅かに掛かっていたフェードアウト処理が無い(PS2版はブチっとな)」程度で、ゲーム自体はPS版と全く同じっぽいです。ゲーム性に直接影響を与える違いはありませんが、どうせ遊ぶのならPS版の方がイイかなぁ、とか。どっちも結構な入力遅延があるけどなー;;

で、今日のエグゼドエグゼス。ボスの護衛機として出現する弥七に吶喊されて、それだけで1ゲーム中に3機も落とされました。ボス戦の開幕と同時に最大で8機くらいがランダムの位置に降下して来て、一定時間滞空したあと一斉に自機めがけて突っ込んでくるアレで。弥七の降下ポイントと吶喊時の速度によっては撃墜も回避も困難な場合があり、ボムに相当するクラッシュでもその吶喊を防げないのが最高にツラいって云うか。アーケード版の全盛の頃はどうやって対処してたんだっけ…;;

…嘆いても仕方がないので、もうちっと頑張ってみるか。今回はたまたま運が悪かっただけ…と思いたい;;

| にっき | 20:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金色のアザゼル 3度目の遭遇 ほか


久々にXBOX360版「鉄拳6」を堪能。気付けばアーケードモードの試合数は1500試合を超えました。始めた頃は覚束なかったコンボも今では安定し、無理ゲーかと思ったアザゼルやナンシーもフツーに倒せるようになったり。なんて云うか「思えば遠くへ来たモンだ」って感じデス。

そんな感じでCPU戦を楽しんでいると、最終面に金色のアザゼルが登場。あらやだ!


そして金色の巨体にコンボを浴びせまくり。アクセサリーパーツ[擬音エフェクト(カナ文字)]はあれから気に入ってズ~ッと付けっぱなしです。バキィ!


今回もしっかり撃破して200万Gの報奨金をガッツリと頂きました。ばんじゃい。本作のキャラエディットには興味が無いので、溜まったお金の使い道は全く無いんですけどね;;


金色のアザゼルを倒しても満たされず、更にアーケードモードを継続中。すると何やら実績が解除された模様。[ギャラリーがよくできました]ですって。は? ギャラリーがよくできた、って!? 


どうやら総プレイ時間で全キャラ分のプロローグが一斉に開放され、先にアンロックされたエンディングと合わせてギャラリーモードがコンプリート出来たらしいです。本来ならシナリオキャンペーンモードをプレイしないと入手できないプロローグまでアーケードモードで開放できるとは。


シナリオは各キャラのプロローグだけが気掛かりでしたが、全開放されてシナリオをプレイする理由がなくなりました。めでたしめでたし。

個人的にアーケード格ゲーの家庭用移植は、対戦専用モードとトレーニングモード、新キャラ追加&プラスアルファ程度で十分だと思うですよ。余計なモードに開発費を掛けて、その分を定価に上乗せしないと商売として厳しいんでしょうけど。

でも純粋な移植程度で発売すると、ファミ痛のレビューとかに「モードが少ない」とか「やり込み要素が足りない」とか、移植モノに対してワケのワカランことを書かれたりするんだろうなぁ。

| ゲーム | 20:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロトタイプだよおっかさん


PS版「カプコンジェネレーション 第3集」に収録された「エグゼドエグゼス」を遊ぶ。今回はPS用連射ジョイスティックでプレイしたのですが、以前と違ってコッチは弾切れするコトなく連射してくれました。むー、PSのソフトだけに、PS2用のデュアルショック2互換の連射パッドとは相性が悪かったのかも。それにしても、レバーだとパッドのとき以上に入力遅延を感じるなぁ…;;

そんなことより。20年振りくらいにエグゼドエグゼス(ボスの方)に遭遇しましたよ。と云っても、プロトタイプ・エグゼドエグゼスの方ですけど。デカい! 硬い! カッコイイ!と、三拍子揃ったボスだけに相当手ごわい…のですが、この画像をキャプった直後に弥七(護衛機)に吶喊されて死亡確認。そしてガメオベラどすえ。あーあ;;

それにしても、改めてエグゼドエグゼス(ゲームの方)の不思議な魅力を痛感中だったり。なんて云うか、理不尽な難易度なのに、面白くてやめられないって感じ。何なんだろう、このバランスの妙。でも、この頃のカプコンのゲームって、みんなこんなノリだったような(笑)。

| にっき | 20:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

またまた放課後ライブ!!


今日も今日とてPSP用「けいおん! 放課後ライブ!!」。すっかりハマってしまったと云うか、止め時を見失ったって云うか。まぁ、放課後ライブ!!が楽しいので何の問題も無いのですが。

昨日は譜面が目に焼きつく程に真剣にプレイしたので、今日は息抜きがてらにテキトープレイ。ちょっとくらいミスってもリトライせず、まったりのんびりと演奏しました。テキトーだとバックのライブシーンも余裕を持ってじっくり見れるので、目の保養にも最適デス(笑)。そんな感じで、結果はイマイチでも大満足だったり。パーフェクトクリアを目指すだけが、放課後ライブ!!の楽しみ方じゃないって云うか。

放課後ライブ!!は、連続して極端なミスを繰り返さない限りゲームオーバーにはならないので、こういった楽しみ方も出来るのが素晴らしいデス。まぁ、ライブシーンだけ見れるモードがあれば良いに越したコトはないのですが;;


今日の紬さん:お茶に盛ったクスリが効いて、みんな眠ってしまった様子。「うふふ…☆」
彼女たちはこの後いったいどうなってしまうのか? 果たして軽音部の運命や如何に!?

See You Same Ho-kago Time, Same Ho-kago Channel!!

つづかない

| にっき | 20:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

放課後ライブ!! まくり


今日はPSP用「けいおん! 放課後ライブ!!」ほぼ1日中プレイ。スゲー楽しかった!!


特に自分の好きな楽曲は、それなりの結果が出せるまでガッツリとやり込みまくり。パーフェクトクリア出来た時の達成感って云ったら、そりゃもう最高!としか言いようが無いって云うか。

昨日、今日と放課後ライブ!!を遊びまくって、久々にけいおん!分が満たされた感じデス。
幸せ。

| にっき | 20:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

けいおん!クリアファイルを求めてローソンへ+放課後ライブ!!


本日より開始の[ローソン 映画「けいおん!」フェア]へ赴き、お目当てのクリアファイルをGETしてきました。以前のクリアファイル&うちわの時と同様、欲しかったムギと全員集合の2種類が手に入って良かったですよー。


愛しの紬さんのアップ。口にしているペットボトルの縮尺がおかしいのか、その手が小さいのか。はたまた狙ってやったのか。何かムギが1.5リットルのボトルをガブ飲みしてるように見えます。ああ、野生の情熱。


せっかくだからPSP用「けいおん! 放課後ライブ!!」を遊ぶ。相変わらず楽しい。楽しすぎる。

そして、自分が放課後ライブ!!をいつまでも飽きずに、好きでいられる理由がナンとなく解かってきたり。何て云うか、好きなミュージシャンのPVやミュージッククリップは何時間でも見てられるのですが、その感覚なのかなーって。

で、ステキなライブ映像に目を奪われつつ、大好きな歌に合わせて口ずさむような感覚で、音ゲー(リズムアクション)に興じるのが堪らなく楽しいって云うか。そんな感じナンだと思います。けいおん!は青春。


素朴な疑問:以前から。それこそ去年の9月30日(放課後ライブ!!の発売日)から疑問に思っていたコトがひとつ。

[ふわふわ時間]の開始前のアイキャッチのムギなんですが、ナズェたくわんが2枚とも無いのでしょうか。この後、ムギは現状を維持出来ずに体がゲル状化し、ゼリーマンズレポートに号外として扱われるかと思うと、今後のニュートリノ素粒子に関する実験に期待せざるを得ません。

何を言ってるのかね。君は。

| レビュー | 20:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FFと言ったら その2


長年行方不明になっていたGBA用「ファイナルファイトONE」を発掘。早速遊んでみる。

ONEはゲーム中に得られるポイントで「ストリートファイターZERO3」仕様のコーディー&ガイが使用可能になったりします。敵キャラとのグラフィックの差に「BEATS OF RAGE」のMODみたいな違和感がありますが、そこは気にしない方向で。

ONEはスーファミ版をベースにしつつも、スーファミ版ではオミットされたアーケード版の4面をしっかり収録しています。とは云え、BGMは1面他の曲の使い回しだったり、出現する敵の種類や配置も別物だったりするのですが。

≫ 続きを読む

| レビュー | 20:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FFと言ったらファイナルファイトでしょ


ここ最近ハマッていたスーファミ版「バットマンリターンズ」の影響で、ベルトフロアアクションに対する熱意がモリモリと上昇中。そんな感じで、同じくスーファミ版「ファイナルファイト」を数年振りに遊んでみる。

スーファミ版は[主人公の一人であるガイがいない]、[4面が丸々カットされている]、[敵の同時出現数が少ない]、[2P同時プレイが出来ない]と云った欠点はありますが、細かいテクニックやイヤらしい敵テーブルも含め、概ねゲーム性は忠実に再現されているかと。アーケード版との差異にGEKIDOする人も多いようですが、スーファミ初期のリリースを考えれば充分なデキだと思うですよ。

≫ 続きを読む

| レビュー | 20:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゲームばっかやってるばか。それが私です。


友人の大田六助さん&かろかろーさんをお招きしてPS3版「スーパーストリートファイターⅣ AE」で対戦。スパⅣは少しマンネリ化してきたので他の格ゲーも薦めてみたのですが、「興味が無い」とのコトでスルー確定…。あたしゃ寂しいヨ;;

対戦はランダムで引いた狂オシキ鬼が強くてそれなりに連勝~。ゲージなしで3ヒットする飛び道具や空中ダッシュが楽しくて頼もしい。個人的に良キャラ認定。一人用で遊んだときはリュウケンモドキの印象しか無かったのですが、対戦で使ってみると結構見方が変わるなぁって云うか。

そんな感じで、マンネリとか言いつつも対戦は盛り上がり、久々に友人たちとの楽しい時間を過ごしたのでありました。やっぱスパⅣ面白いわ(笑)。また俺と闘ってくれ!


対戦後の飲み会で、かろかろーさんが「これなんぞ?」と手にしたのは、スパⅣAEの予約特典として配布されたトランプでした。そう云えば未開封のまま放置していたので、せっかくだから開けてみるコトに。

トランプの絵柄はいつものスパⅣのキャラ絵(技表付き)&キュートなデフォルメキャラで構成されていました。カード自体もしっかりした作りで、トランプとして充分活用できるレベルです。今度スパⅣトランプでババ抜きしようぜ!! いや、だから春麗とかローズとかヴァイパーをハブにするんじゃなくて。


麗しのスーファミ版「バットマンリターンズ」。あれから1ゲームALLクリアも安定してきました。って云うか、ALLするだけならかなり余裕デス! あんなに苦戦した4面ペンギンも(運が良ければ)ノーミスで突破できたりと、やり込んだ成果が出てスゲー嬉しかったり。初見時の絶望感は一体何だったのか(笑)。だからゲームって好きなんだ。


鉄拳6がウチに来て以来、とんとご無沙汰だったXBOX360用「ファントムブレイカー」を久し振りに遊ぶ。やっぱり楽しい。楽しすぎる。トレーニングモードのアキバステージで、ゲートオブシュタイナーを聞きながら紅莉栖のコンボ練習をやってるだけで何時間も楽しめるって云うか。

ファントムブレイカーは一人用も対戦もまだまだ全然喰い足りないし、ぼちぼちプレイを再開しようかなー、とか。


しかし、まだXBOX360版「鉄拳6」が止められない自分が居る。先日、ステージクリア後のルーレットで初めてラッキーが当たったヨ。その後のステージでも必ずルーレットが出るようになって賞金ガッポガッポ! ばんじゃーい。

でも、持ちキャラのドラグノフをカスタマイズする気は微塵も無く、かと云って他のキャラを使うつもりも無いので、結局お金の使い道は無かったり。意味なし。


PS2版「カプコンクラシックスコレクション」の「エグゼドエグゼス」を遊ぶ。PS版カプジェネと遅延は一緒でも、やはりコッチの方が連射が効く不思議。PSP版も含め、デフォルトのソフト連射は遅すぎて全く使い物になりませんが。高速連射必須のSTGなのに、何で手動連射以下のボタンを用意してるんだか(&なぜ改善されないんだか)。

で、エグゼドエグゼスですが、呆れる程に難しいって云うか。遅すぎる移動速度、限られたショット射程、雀の涙ほどのパワーアップ、敵弾しか消せないボムと、制限のカタマリのような自機に対し、あまりにもフリーダムすぎる敵の攻撃とのギャップに思わず目が点になります;; 餓鬼の頃はよくこんなのを連射装置なしで延々と遊んでたモンですよ。若さって素晴らしい…。

イイ大人になって反射神経も衰え、集中力の持続も低下した今の自分には、ファミコン版のヌルさが丁度良いのやも知れません…などとは断じて思わん! 今後も時間を見つけてエグゼドエグゼスに挑戦してみたい!!

| にっき | 20:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢ペンギン物語


スーファミ版「バットマンリターンズ」まくり。宿敵・4面ペンギンは1ミスで倒せたモノの、2面道中と3面キャットウーマンでそれぞれ1ミスしていたり。むー、まだまだ攻略が安定しないなぁ;; キャットウーマンは一撃がデカい所為で、パターンが乱れると即・死に繋がるのが怖い…。

4面のキャットウーマンは3面よりは組し易いモノの、続くペンギンとの連戦を考慮するとバット試験管(ボム)が安易に使えないのがナンとも…。ボスとの2連戦があるにも関わらず、体力回復アイテムが一切出ない4面は結構キツイです;;


最終面のミサイル地帯を画面の隅でやり過ごすの図。今回は画面左下に絞って引き篭っていたのですが、ココでは一切被弾しませんでした。ばんじゃい。残機にも十分余裕が有るし、ボムもストックしておけば今度こそイケるやも。って云うか、ココでイカなきゃオトコが廃る! ブルース・ウェインはオトコノコ!!


      さ あ 、 ペ ン ギ ン だ ! (「空手道」ボーナス面のノリで)


勢いに任せて残機&ボム押しでラスボスのペンギンを撃破! それなりにミスりましたが(;;)、やっとデフォ設定(ノーマル3機設定)で1ゲームALLクリア達成です!! 今日もみ~んな救われた。サンキュー、バットマン!!


総評:スゲー面白かった! 登場する敵キャラから各ステージ、そしてBGMまで、何から何まで映画の雰囲気そのまんまでした。この当時で、ここまで映画の再現と高いゲーム性を両立できたタイトルは他に無いかも。実写取り込みをふんだんに使ったオープニングや各種デモも素晴らしいデス。

ベルトフロアアクションとしても完成度が高く、豊富でユニークな格闘アクションは爽快感もタップリ。敵同士の首根っこを掴んで互いの頭をゴッチンコさせたり、画面奥の壁や窓ガラスに相手を叩き付ける投げとか楽しすぎです。

しかもそれらの特殊攻撃が軒並み高威力で、攻略する上でも重要な技になっているのがまた面白いって云うか。飛び道具のバットラングとワイヤー移動のスピアガンも使い勝手が良く、アクションの幅を広げる一因となっております。


奥行きの無い横スクロールアクションのステージや、バットモービルによるカーチェイスなど、ベルトフロア以外のステージも充実。ゲーム開始からALLクリアまで小1時間ほど要しますが、異なるゲーム性のステージがテンポ良く構成されている為、退屈する暇を感じさせませんでした。何て云うか、コナミの企画センス&技術力恐るべし! って感じデス。

しかし、全体的にボスの火力が凄まじく、その所為もあって難易度がムダに高いのが残念な気もします。が、コレはコレで攻略する面白さに繋がっているので、決して悪い調整では無いって云うか。エブリエクステンド設定で残機はドカドカ増えて行くので、アメとムチのようなゲームバランスだと思えば結構良い塩梅なのやも知れません。

| レビュー | 15:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どきどきペンギンランド


スーファミ版「バットマンリターンズ」に夢中。と云うか、4面ボスのペンギンをナンとかしたくて、半分ムキになって攻略中です。現在、デフォ設定(ノーマル3機設定)でALLクリアするべく挑戦まくり。結構本気デス。

今回は2ミスで4面ペンギンを撃破。正確には3面&4面のキャットウーマンでそれぞれ1ミスずつしてるので、4面クリアまでに計4ミスしてます。エブリエクステンド設定のおかげで、多少ミスっても後で取り返せるのは非常にありがたいって云うか。4面ペンギンとのお付き合い=どつきあいの仕方も分かってきたし、ノーミスはムリでも1ミスなら頑張れば行けるかも。


そして最終面。ミサイルペンギン地帯は画面の四隅が安全地帯っぽい。と思ったら右上で1回だけ被弾しました;; ノーミスで抜けられる時もあるので、ヘタに避け回るよりは隅で大人しくしてた方が安定の予感。早くミサイルの雨が止まないかなー、とか。


中ボスのアヒルちゃんはまだ攻略法が見えてこなくて苦戦中。スピアガン(ワイヤー)での移動が封印されているので、どう立ち回ったら良いのやら(困るとすぐワイヤーで逃げる私)。ココで2ミス+バット試験管(ボム)を使い果たしのは痛かった…;;


ペンギンとの最終決戦。しかし、慎重に行こうと逃げ腰になったトコロを追い詰められてガメオベラ。無念、ダムネン…。でも1ゲームALLが見えてきましたですよ。打倒ペンギン!! よーしパパ、(以下略)

| にっき | 20:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

足りないエンディング


XBOX360版「鉄拳6」にて、やっと全キャラクターのエンディングを開放しました。


と、思ったら、ラースとアリサのエンディングが無いんでやんの。どうやらシナリオキャンペーンモードの結末がふたりのエンディングに該当するらしいのですが…。

まぁ、シナリオキャンペーンには全く興味が無いので、恐らくふたりのエンディングを見ることは無いでしょう。このままアーケードをやり込んでいれば、何れはシナリオキャンペーンのエンディングまで開放されたり…するワケないよなぁ;;


数多のエンディングの中でも一番のお気に入りはアンナ・ウィリアムズのエンディング。いつもはケンカばかりしてるウィリアムズ姉妹の仲睦まじき(?)姿が描かれていてナンか嬉しいです。オチもサイコー(笑)。


■拍手コメント
18年経ってようやくバットマンリターンズの良さが理解できましたか。自分はもう内容を覚えてませんw

永田正月さん、ごっつぁんです!!!! 分かった! 18年経ってあの時の正月フィーバーの意味がやっと分かったよ!(実は何も分かってないor同キャラorバルログ)

そんなワケでトマリン(バットマンリターンズ略称)最高なのら。でも4面ペンギン最悪だよ;; ただでさえ鬼なのに横スク面は必殺技が出せないから、バット試験管が尽きたら緊急回避も出来ないってのが更に地獄って云うか。

永田さん、得意の「思い出す」コマンドを駆使して4面ペンギンのノーミスノーボムパターンを教えてくらさい。あとバットマンイカスナック(期間限定販売)キボンヌ。

| ゲーム | 20:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鉄バット拳マン6リターンズ


今日もXBOX360版「鉄拳6」。例によってアーケードモードしか遊んでないのですが、プレイ中に[擬音エフェクト(カナ文字)]なるモノがアンロックされましたよ。擬音エフェクトってなんぞ!?


擬音エフェクトはカスタマイズパーツの一種で、相手に打撃がヒットした際の火花(エフェクト)がマンガチックな書き文字になると云うシロモノ。ワンツーパンチのような軽めの技はいつものエフェクトですが、相手がブッ飛んだりするような破壊力のある技がヒットするとご覧の通り。バキィ!


他にも「ドカッ」、「ガン!」と云った擬音があります。た、楽しい…。


ガード不能攻撃のチャージ中にも何故か擬音エフェクトが。バキィバキィバキィ…って、
ナンか荒木飛呂彦先生のマンガみたいだ;;


昨日入手したスーファミ版「バットマンリターンズ」も遊んでみる。4面でボスキャラとして登場するペンギンが糞みたいに強くてちょっとゲンナリ;; 攻撃が激しくてガードしても一瞬でケズリ殺される為、喰らってダメージと引き換えに一瞬無敵になった方がまだマシと云う有様だよ。

最終面のペンギンも含め、それ以外のボスや道中は適度な歯応えがあってスゲー楽しいのですが…。むー、なんであんな乱暴なバランスにしちゃったんだろう。


そんな感じで残機7人設定+1回コンティニューしてナンとかALLクリアを達成…。4面のペンギンだけが無意味に理不尽だったのがホントに残念でなりません;; ああ見えて実はノーミスで倒せるパターンとかあるんだろうか…。

| ゲーム | 20:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

急遽予定を変更してお送りします

今日は午後から友人が遊びに来るハズだったのですが、急病で来れなくなってしまってションボリング・ベイ。ああー、最近入手したパチモノとかレアゲーを強制プレイさせたり、スパⅣAEとかで対戦するのを楽しみにしてたのに…(かろかろーさん、お大事に~)。

そんなワケで空いてしまった時間を有意義に過ごすべくゲームまくり。

その前に隣町のHARD OFFへ散歩ついでにゴー。さすがに土曜日だけあって店内は人でうじゃうじゃ。ケータイ片手に相場をチェックしつつ物色してる輩=転売屋の姿もチラホラ。お目当ての家庭用ゲームのジャンクコーナーも数人が囲っていて、ケース内はロクなモノが残っていませんでした。むー、既に刈り尽くされた後だったか。不覚;;


そんな中で今回唯一の収穫品がスーファミ版「バットマンリターンズ」。お値段105円(税込み)ナリ。安ッしー!


動作チェックがてらにちょっとだけ遊んでみた。内容は自分の大好物でもあるベルトフロアアクション(「ファイナルファイト」みたいなの)。スムーズに動く大きなキャラと豊富なアクション、映画と同じBGMが素晴らしいデス。流石コナミって云うか、発売当時に友人がこのソフトを一人で大絶賛しまくっていたのを思い出しました。ああ、正月フィーバー(笑)。

一人プレイ専用なのが惜しいですが、ベルトフロアとしての出来はなかなかのモノ。他のベルトには無いユニークなステージやワイヤーアクションなんかもあってかなり新鮮です。3面の初見殺しはちょっとヒドイと思いましたが…;;

そう云えば新シリーズのバットマン(ビギンズとかダークナイトとか)ってまだ見てないんだった;; この機会にレンタル屋に行ってまとめて借りてこよう。


プレイ中にバグ発生。フロアに見えない何かが散乱しているらしく、歩いていると何故か躓いてダメージが。結局、このエリアのゴールに辿り着く前に一人やられてしまいました;;


3ヶ月ぶりくらいにPSP用「けいおん! 放課後ライブ!!」を遊ぶ。相変わらずスゲー楽しい。そしてムギが可愛い。って云うか可愛い過ぎて萌え死にしそうになる。って云うか死んだ(笑)。ぐはー。

放課後ライブ!!の発売から1年以上が過ぎましたが、続編のアナウンスはまだ無いですねー。てっきり映画とタイアップで、アニメ2期の楽曲を収録した続編が出るモノと思っていたのですが…。まぁ、出なかったら出なかったで、こうして思い出した頃にでも放課後ライブ!!を楽しむまでなのですが。

同じセガの音ゲーでも、ミクは続編やPS3で遊べるのまで出ててスゲーうまやらしいデス…。


またしても「エグゼドエグゼス」。今回はPS版「カプコンジェネレーション 第3集」に収録されたヤツですよ。PS2版「カプコンクラシックスコレクション」と違って入力遅延も無かったと思うので、どうせ遊ぶならコッチの方がイイって云うか。

だがしかし。カプジェネ版もカプクラ版と同等(或いはそれ以上)の入力遅延があって、自機の移動にナントモ言えない違和感が。むー、カプジェネ版の頃から遅延ってあったのか…。おまけに自分が愛用してるホリの連射パッドと相性が悪いらしく、カプクラ版ほどショットが連射出来なかったり。まさか中型機のラッシュで撃ち負けるとは…;;

SEとBGMのバランスはカプジェネ版の方がイイけど、どうせ遅延が出るなら連射の効くカプクラ版の方が遊び易くてイイかなー、とか。


カプジェネ3のマニュアルに載っているカプコンのアーケード年表を見たら「あした天気になあれ」のタイトルが。あれ? チャーシューメン(笑)って結局リリースされたんか。遥か昔のAMショーで一回見たっきりだったので、てっきりボツったのかと思っていましたが。

当時、世間ではボツゲー扱いされていた「アルティミットエコロジー」(AMI販売じゃない方)も地元のゲーセンでフツーに稼動してたくらいなので、チャーシューメンも一部の店舗でこっそり稼動していたのやも知れませんね。

ゲーム中の(カプコン社員が叫んでいたであろう)セリフ「チャ~シュ~メ~ン!!」のボイスがもう一度聞きたいデス(笑)。

| ゲーム | 20:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

文化の日の過ごし方@11月3日のにっき


先日購入したファミコン用「アスキースティックⅡターボ」のレバーの具合がナンか悪いので、せっかくだから再度バラしてみました。今度はレバーユニットまでバラバラマン! レバー軸を固定しているワッシャを外すのにスゲー苦労しましたですよ。昔はレバーのメンテなんてお手のモノだったのになー;;

不具合の原因はレバーの中のスプリングと断定。経年により部分的にサビていた為、レバーの動きに支障をきたしていた模様デス。そんなワケで、スプリングに軽くヤスリをかけてサビを落としてCRCをブシュー。特にサビの酷かった部分は思い切ってニッパーで大切断。切って短くなった分は、スプリングをバランス良く伸ばして長さを調整します。スプリングの強度(耐久性)が落ちるので、本当はこんなコトしたらアカンのですが。


不具合を解消したら、バラしたパーツを元に戻して作業は終了~。レバーのレスポンスは新品同様に回復し、カチカチとしたマイクロスイッチの感度も実に心地良かったり。無事に直って良かった良かった。

各スイッチ部分も全然ヘタってなかったので、大事に使えば相当長持ちしそうな予感デス。いやはや、良い買い物をしましたわん。


レバーが直ったら早速試し撃ちがしたくなったので、ファミコン版「エグゼドエグゼス」をプレイ。無段階式の連射調節機能のおかげで、ベストの連射間隔を設定できて快適に遊べます。わー、ファミコン版も実はこんなにいっぱい弾が撃てたのか…。

エグゼドエグゼスを含め、マイクロニクスが移植を担当したSTGは、軒並み高速連射を受け付けない(一定以上のボタン入力を読み込めない)仕様だったり。そんな感じで、連射速度の調節機能が無いファミコン互換機(のパッド)では、それらマイクロニクス製STGは鬼門だったりするワケです。ジョイスティックなら兎も角、パッドで手連射なんかやってらンねェっスよ;;


ファミコンは使い勝手の良い互換機を使用していましたが、マイクロナントカ製のSTGはニューファミコン+アスキースティックⅡターボでプレイするのが一番と悟りけり。やはりSTGにおける連射は正義だ! 戦争(STG)は数(連射)だよ兄貴! …などと考えながらテキトーに遊んでいたら16面(1周)クリア達成。

え? あれ? スーパーエグゼスから先のボス(プロトタイプ・エグゼドエグゼス&エグゼドエグゼス)って出てこないんかい!? タイトルに偽りアリって云うか、スゲー嘘って言うか。超苦手な3WAY砲台までオミットされているのは個人的に嬉しいのですが(笑)。


実はファミコン版エグゼドエグゼスは発売日にwktkして買ったモノの、あまりの出来の悪さに速攻売り払って以来、殆ど遊んだコトが無かったのですよ。で、10年くらい前からまたファミコンにハマりだして、現在に至るワケだ。いや、ワケです。

今回プレイしているエグゼドエグゼスも、確かその頃(10年前)に買ったモノだと思います。出来は残念賞だけど一応STGだし、せっかくだから俺はこの黄色のカセットを押さえておくぜ! みたいな感じで。

そして2周目のすごいスーパーエグゼスまで到達。1周あたりの所要時間は約1時間半(2周目以降は50分くらい)と云ったトコロ。ボスに搭載された最強の砲台が滅法硬いのは分かっているのですが、自機の連射が遅い所為もあってか体感的にアーケード版より硬く感じたり。全部は破壊できそうに無いので、今回もタイムアップで逃げるコトに決定。


3周目序盤で6666600点のキリ番ゲットだよ! リク絵はプロトタイプ・エグゼドエグゼスたんのふた○りランジェリーまくりなイラストをキボンヌ!! ヴァーカ。


3周目のラスト。いよいよスコアは900万点に到達です。よ~しパパ、アーケード版では果たせなかったねんがんのカウンターストップ(1000万点)を目指しちゃうぞ~、とか言ってんの。もう見てらんない。


そして4周目道中(38面)。目の前のザコ(100点)を撃てば、ジャスト1000万点でゲーム終了です。勝った! 第3部完!!


[10000000点おめでとう!]のメッセージ表示と共に、ファンファーレが流れてゲーム終了…するのはアーケード版で、ファミコン版はスコアが0に戻っただけで何も起こりませんでした。あばばばばばばくぁw背drftgyふじこlp;@:「」


スコアリセットが掛かった後もちょっとだけ遊びましたが、コレと云った変化も感じられなかったので捨てゲーして終了~。おつかれさまでした。

その後、タイトル画面に戻ると、ハイスコアには9999900点が記録されていました。イッセンマンおめでと画面が端折られていたのは肩透かしもイイとこですが、結果が残せただけでも良しとしましょう。ちなみに今回の総プレイ時間は約4時間。ちょっと疲れましたが、久々に一つのゲームをカンスト(スコアリセット)までやり込むコトが出来て満足デス(笑)。

しかし、まぁ、自分も丸くなったと云うか、オトナになったと云うか。一昔前だったら気に入らないゲームは散々愚弄した挙句に2度と見向きもしなかったのに、今ではそのゲームの悪い部分も含めて楽しむ余裕が出てきたって云うか。

アレはアレ。コレはコレ。現状に不満を挙げ出したらキリが無いし、楽しめる範囲で楽しめれば、それはそれで良いんじゃないかなー、とか。

ああ、世界線を越えて、ファミコン版の出来に怒り狂っていた当時の自分に「お前はいずれ、このゲームをカンストするまでやり込むんだぞwwww」って耳打ちしてやりたい(笑)。


その後、アーケード版を忠実に移植したPS2版「カプコンクラシックスコレクション」に収録されたエグゼドエグゼスを遊ぶ。スクロール速度や自機の操作感覚など、ファミコン版との別ゲーっぷりに大感動&超動揺して1面で速攻終了;;

うっわ、アーケード版ってこんなに難しかったっけ…;;

| ゲーム | 20:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まだまだまだ鉄拳6


もうちょっとだけ続くんじゃ…とか、一段落した…とか言っておきながら、相変わらずXBOX360版「鉄拳6」ばっかやってます。だってだって、コンボが繋がっただけで楽しくて、相手の連携をしっかり防御できただけで嬉しいって云うか! 確定反撃やスカ確からのコンボで逆転勝利なンてした日にゃもぅアタシアタシ…。

やり込む程に自身の上達が伺える格ゲーはやっぱり面白いなぁ、とか改めて思ったり。


そんな感じで、繰り返しプレイしているウチに各キャラのエンディングは続々と開放され、残すトコロあと10キャラまで来ましたよ。総キャラ数とエンディング枠の数がなんか合ってない気もしますが、クマ&パンダみたいに1枠に2キャラ分収録されてたりするのかな。


散々苦汁を飲まされてきたナンシーちゃんも、今ではスッカリ楽勝になってきたり。事前のモーションとSEで次の攻撃を判断できるようになると、途端にザコ化するって云うか。レーザーとロケットパンチ(2種類)は1試合で1発しか撃ってこないコトに気付いてからは、かなり優位に闘えるようになってきたですよ。

とは云え、たまーにやってくる機銃掃射(しゃがみ避け出来ないアレ)に反応できないコトもしばしばありますが;;

一見デタラメそうに見えて、実はしっかり攻略可能な作りになっている敵って何かイイなぁ。そう云う敵を、ミスしてもOKなボーナス面に添える辺りに開発スタッフのセンスを感じちゃう…。

| ゲーム | 20:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月