ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

≫ EDIT

けいおん! 放課後ライブ!! やってみた


土砂降りの雨の中、今日発売のPSP版「けいおん! 放課後ライブ!!」を買ってきました。地元のショップは売り切れだったので、ズブ濡れになりつつも二駅先のファミコン屋まで行ってきましたですよ。おかげでナンか風邪っぽくなっちゃったし、こんなコトならAmazonで予約しておけば良かったかも;; でもkonozama喰らったらたまらんし、それを考えれば無理してでも雨のなか買いに行って正解だったかも!(地元で予約しておけば良かったのではありませんか?)


そんなワケでけいおん!。収録曲は全19曲(アニメ1期で使用されたOP曲、ED曲とそのC/W曲、挿入曲、キャラソン)×5パート(唯、澪、律、ムギ、あずにゃん)でボリューム感たっぷり。ノーマルをクリアすればその曲のハードランクもプレイ出来るようになります。同じ曲でもパートによってリズムが異なるので、キャラ毎に新鮮なカンジで楽しめるコト請け合いデス。ちびキャラによるデモシーンではアニメ版のBGMも聴けますよ。

譜面のタイプは「ストールンソング」の様に左から右へタイミングバー(リズムポイント)が流れる仕様。慣れない内は譜面の切り替えし(変わり目)が難しいやも知れません。それでも難易度的には他の音ゲーと比べても易しい部類なので、初心者でも十分楽しめると思います。初心者救済策として、ゲーム中に取得したアイテムを使うことで展開が有利になるフィーチャーも盛り込まれております。

ゲーム中のキャラのモデリング&モーション、カメラワークが素晴らしく、演奏中でも思わずお気に入りのキャラに目が行ってしまう程です。とは云えゲーム中は譜面に集中せざるを得ないので、あまり見ているヒマも無かったりするのですが;; リプレイとかオートデモでもあればじっくり見れるのになぁ…。

コンフィグでは各音声のボリュームを調節できるのですが、ヴォーカルのみの音量を上げるコトが出来ないのが唯一の残念賞だったり。曲によっては聞き取りにくいレベルまで音量が低かったりするので、コレだけはナンとかして欲しかったって云うか。


やり込み要素もバッツリ。演奏時のコスチュームは最初は制服(冬服)しかありませんが、色んな曲をプレイすれば色んなコスチュームやアクセサリーなどが手に入ります。

| レビュー | 20:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Their Finest Hour


相変わらず落書きと「ファイネストアワー」ばっかの日々を過ごしております。

ファイネスト~は1日1回は2周ALLする程にやり込みまくり。運任せorアドリブで突破していた箇所もきちんとパターン化して、自分なりの攻略パターンを構築中です。2周目も道中からラスボスの撃破までほぼ安定してきましたが、スコアの方はまだまだと云ったトコロ。稼ぎの要となる最終面のミサイル潰しが思うように行かず、着地硬直中に破壊し損ねたミサイルを一斉に浴びてオーバーヒートとか情けないにも程がありますわ;;

それなりにやり込んでみて、それなりにファイネスト~の面白さが解ってきた気がしなくも無いです。が、具体的に何が面白いかと聞かれると返答に困る次第でありまして。自機の特徴(不器用そうに見えて実はテクニカルな小技が豊富なのです)を理解して使いこなす楽しさ、それによって得られる爽快感はかなりのモノですし、限られた時間内でのスコア稼ぎも文字通りオーバーヒートするほど熱いです。時間で体力MAXまで回復するシステムと、一瞬の油断で即死できる鬼っぷりもこのゲームならではの珍妙なバランスなのですが、それらが本当に面白いかと云うと…

うぐぐ。

| にっき | 20:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

撃破完了


Wii用VCA「ファイネストアワー」を1ゲーム2周ALLクリア達成。”ファイネストアワー 攻略”でググッたら楽勝でした。問題のラスボスは情報(特定の攻撃に対する安全地帯)を知っているか否かで勝敗が決まるくらい極端な調整だったので、正直言ってALL出来てもあまり嬉しくないって云うか(独学でALL出来なかったってのもありますが…)。まぁ、なんだかんだでソレなりに楽しめたので良しとしますが。


エンディング。西暦3010年7月29日。戦争は終結を迎え、主人公は2年ぶりに故郷へ帰還。莫大な報酬を得て彼女とも無事に再会を果たし、めでたしめでたしでストーリーは幕を閉じるのでありました。


と、思ったらまさかの映画オチ。「獣王記」とか「餓流禍」かお前は。エンディングは約6分程と(アーケード作品としては)非常に長く、特に彼女との再会シーンはちょっとしたアニメーションも入って見応え充分でした。でもこんなオチじゃなぁ…;;


最終スコアは530万ちょい。稼いでもエクステンドとか無いゲームなので、タイムアップ=オーバーヒートしない程度に安全第一でプレイしました。ちなみに全一クラスのプレイヤーだと余裕で700万以上を稼ぎ出すとか。スゲーなぁ…。

| ゲーム | 20:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

瞬殺無音


相変わらず落書きばっかの日々。年内は同人イベント参加はおろか、新刊を発行する予定も無いのでココぞとばかりに描き殴っております。基本的に締め切りに追われないと筆が進まない人間なので、こうした機会は有効に活用せねば。ダン先生、俺がんばってるよ!(私信)

落書きの合間にWii用VCA「ファイネストアワー」をば。ほぼ確実にラスボスまで辿り着くようになりましたが、ほぼ確実に開幕で瞬殺→終了する有り様です。撃ち込む為に足を止めたらハチの巣にされ、スラスターで逃げ回っても運が悪いと着地硬直を狙われて一斉射撃でサヨウナラって感じ。ココまで攻略が見えてこないと逆に清々しい気分になってきます。ご丁寧にラスボス戦だけコンティニュー不可とかスゲー仕様で思わず瞳孔全開。

なんじゃこりゃ。

| にっき | 10:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最もすばらしい時間


ここ数日間は暇さえあれば机に向かって落書きまくり。筆を持つのも久々なので、なかなかエンジンが掛からず苦労しました;; まぁ、ゲームばっかやってて絵がオロソカになるのはいつもの事なので、いつものように自分のペースでテキトーに描くとしますですよ。はっはっはっは。

落書きの合間にWii用バーチャルコンソールアーケードの「ファイネストアワー」をボチボチとプレイ中。アーケード時代からファイネスト~の何が面白いのか理解出来なかったのですが、今プレイしてもソレは理解できません。昔から「玄人好みのゲーム」などと言われてきた代物なので、自分みたいなシロートにはその面白さは一生理解できないのやも知れませんが。友人のリクエストで買ったモノとは云え、せっかくだからこの機会に遊んでおこうかと。

取り敢えずパターンを組んで最終面までの道のりは安定してきました。が、洞窟を抜けた後のビット&要塞からの誘導ミサイルが飛んでくる辺りが関の山です。油断すると体力MAXから1秒掛からず即死できるゲームなので、常に油断しっぱなしの自分にはココらが限界なのやも。

やり込んでみてソレなりに味は出てきましたが、その味が美味いのか不味いのかワカラン状態。せめてラスボス到達まで、もう少し頑張ってみるとしますです。

| にっき | 20:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

VCA スーパーハングオン やってみた


昨日発売のWii用バーチャルコンソールアーケード(VCA)「スーパーハングオン」を購入。バンダイナムコのVCAタイトルと違って画面はフルサイズ表示、画質&音質ともにクリアで文句ナシです。移植度も路肩の看板のデザインがオリジナル(アーケード版)と違う程度で、それ以外はほぼカンペキかも。アーケード版同様に難易度設定&タイマー設定も変更可能です。

操作系はWiiリモコン(ハンドル操作対応)、クラコン、GCコンに対応。リモコンによるハンドル操作が思いのほか良好で、特にコーナーでの操作感はバンク角を一定に保つことも容易で実に快適だったり。しかし、急な切り替えしを必要とする場面では操作が大振りになりがちで事故りやすく、結局GCコンによるアナログ操作に落ち着くのでありました。細かい操作もコレならバッツリって云うか。ちなみにどの操作デバイスでもキーコンフィグが可能です。


それにしても、久し振りにプレイすると結構ムズかしいモンですねー。一番易しいアフリカ(ビギナー)コースでさえ苦戦しまくりです;; 「難易度&タイマー設定を変更したら俺の負け」と言い聞かせ(笑)、結局アフリカを完走するのに40分くらい掛かってしまいました;; でも楽しいから平気。

| レビュー | 20:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トウィンクルとグラリバとケツイ


Wii版「トウィンクルクイーン」がやり込む毎に面白くなってくるこの頃。全てのEXキャラを開放するべく、練習ついでにサバイバルモードをプレイまくり~。先日の記事で紹介した「設置型必殺技を使った通常技キャンセル」を使ったコンボがスゲー楽しいです。キャラによっては大幅に手数が増すので、コレを活かさない手は無いって云うか。

中でもハルの立ち中攻撃(踏み込みハイキック)はその恩恵を最も受けており、攻撃時に相手のノックバック以上に踏み込む為、何発ヒットさせても相手との距離が離れることはありません。

ただし中攻撃は連続7ヒットでのけぞり中の相手に強制復帰が発動する為、超必「最大出力!」でコンボをシメる場合は6ヒット目の中攻撃にキャンセルを掛ける必要があります。画像は「これは罠です!!」設置後、623中×6キャンセル超必をキメたところ。防御力(コンボ補正?)が低いEXキャラが相手だと、1ゲージで体力をMAXからココまで減らすコトが出来ます。


各キャラのコンボ練習を兼ねながら全てのEXキャラを解放したら、今度はシステムボイスを獲得する為にオールバトルモードをプレイ。オールバトルは自キャラ以外の全員を倒せばクリアとなり、その時使用していた自キャラのラウンドコールのボイスが使用可能になります。

ところが”自キャラ以外の全員”を倒せばクリアと云う条件が実は曲者でして、開放済みのEXキャラも自キャラ以外の全員に含まれるのです。即ち、全EXキャラを解放していたら計23人も倒さなければならないワケで。ああ、なんてこった…;; って云うかヒドい仕様だ;;

そんなワケで孫策のボイスを獲得するのにシングル戦で1時間近く掛かってしまいましたとさ;; 全EXキャラを開放していてもバトルロイヤルなら8戦で終了するので、今度からはそっちで頑張ろう…;; システムボイスは各キャラの個性が出ていてなかなか楽しいので是非ともコンプしてみたい!

画像はオールバトルモードにて1Pカラーで出現したCPU孫策EX。どうやらシングル戦のCPUは必ず1Pカラーで登場するみたいです。


久し振りにWiiウェアの「グラディウスリバース」をプレイ。タイプB機体で2周ノーミスクリアするも3周目序盤から徐々にやられまくり、結局モアイボス&ボス前のラッシュで10機近く費やしても復活できずにガメオベラ。他のボスんトコは回避に徹して自爆待ちも出来ますが、モアイボス(及びラッシュ)での復活は自分の技量では無理っぽい予感。手数に圧倒されて何も出来んですわ;; く、くやしい…。


XBOX360版「ケツイ~絆地獄たち~EXTRA」は苦手だった4面ボスとも巧いこと立ち回れるようになってきました。少しずつ強くなる。それが良いんだ! 今回は一応最終面まで到達しましたが、同型機相手にボムをケチったらあっさり負けて終了しました。中ボスを前にして抱え死にするとは、我ながら情けない…;;

| ゲーム | 20:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

設置系必殺技で通常技キャンセル


Wii版「トウィンクルクイーン」でコンボ練習。ここぞと云う時にズビシと決める為、カラダにそのタイミングを染み込ませるべく修行まくりです。何事も修行を積んだ分だけ確実に強くなれる! と、信じて俺は頑張って往きたい!! って感じ。

そんな修行の最中、ハルの「これは罠です!!」、ましろの「ちょこまかしない!」、カリーナの「ザッフィーロ」のような設置型必殺技を利用したコンボを発見セリ。設置型必殺技が有効の間は同一のコマンドで通常技が出せるのですが、通常技でありながら必殺技の属性(?)を含んでいるのでキャンセルを掛けるコトが可能なのです。

それを利用すると同威力の通常技でも同威力の通常技でキャンセルすることが可能となり、ビートラッシュでは不可能なコンボもゲージを消費せず(ステップキャンセルを使わず)に繰り出せます。

例えばハルの罠なら設置後に623中を連続で入力すると、中キャンセル中キャンセル中キャンセル…と、中攻撃の踏み込みハイキックが連続で繰り出せるワケです。ちなみにステップキャンセルと同様、中攻撃は7発入ると相手に強制復帰が発動します(それでもハルの場合は9発まで繋がる?)。

画像はカリーナでザッフィーロ(と竜紅玉)を利用して通常技キャンセルから流星光でシメたモノ。実戦でコレが決められる位に巧くなりたいなぁ…。

gamen hiritu henkou 100910
Wiiの画面設定の比率を変更したらキャラが大きく表示されるようになりました。ちなみに画像の左側が16:9、右側が今までの4:3のモノ。何この差…。比率的にもそんなに問題は無いし、4:3でも最初からコレくらい大きくしてくれよ~;;

そんなワケで我が家のトウィンクル~は今日からキャラが大きくなりました。画面設定を変更しても常駐している他のゲームに影響は出てないので良かった良かった。

| ゲーム | 20:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

修理とナックルとギャラクシー


ウチのTVには3台のSビデオセレクタと1台のビデオセレクタが繋がっております。所有するゲーム機をTV&PC(ビデオキャプチャボード)に接続する為です。で、そのウチの1台で他のセレクタへの分配も兼ねているメインのSビデオセレクタが死にました。

全てのゲーム機はTVに一番近いそのセレクタを経由するコトになるのですが、どんなゲームを映しても画面はご覧の有り様(ちなみに画像はWiiのナックルヘッズ)。殆ど映像は映らず、たまに写っても発色はメチャクチャで更にフリッカしまくりです。10数年前に入手した時から微妙に具合が悪かったので、良くぞ今まで持ってくれたと言うべきか…。


しかし、長年付き合ってきたセレクタをタダで死なすのは惜しいので、せっかくだから修理に挑戦です。映像がマトモに写らないのは映像出力まわりに問題があるワケですが、セレクタをバラしてみたら映像出力コネクタにハンダクラックを発見しました。TVへ接続していたS端子ケーブルが短い為、コネクタ部分に負担が掛かりバキッと往ってしまったようです。回路そのものが死んでいたら自分では手の施しようがありませんが、コレくらいならスグに直せるって云うか。

だがしかし。映像出力コネクタのハンダを修正しても状況は然程変わらず。映像は常にTVに表示されるモノの、映るモノは以前の乱れた映像と大差の無い状態だったり。稀に正常に映るのがナンともガッカリ感を増大させます。念のためにチェックしたTV側のSビデオ入力には何の問題も無く、自分の拙い知識&技術ではもう無理っぽい予感。そして諦め半分で別のS端子ケーブルで接続してみたトコロ…


!?!? 画面にはナックルヘッズが正常に映し出されていました。どうやらセレクタのハンダクラックに加えてS端子ケーブルも死んでいた模様。距離的にやや無理のある接続だったので、経年によりセレクタ&ケーブルの両方にダメージが行っていたのでありました。やっぱりケーブルの長さには余裕を持たせてやらにゃイカンと、今回の件で痛感しました;; いや~、でも直って良かった良かった! やっぱブラウン管TV+Sビデオ出力によるゲーム画面は美しすぎるぜ!! 薄型液晶? HDMI? 何それ、喰いモンですか!?

そんな感じでナックルヘッズ! 今、自分にとって「トウィンクルクイーン」と並ぶ最も熱い格ゲーで、全キャラALLクリアを目指して頑張っております。今回は投げキャラのグレゴリー・ダレルでALL達成しました。出が早くて無敵時間もあり、攻撃範囲も広いノルマンバースト、起き攻めにも有効なタイダルウェーブ、そしてコマンド投げのヘルダイビングバックブリーカーなど、良い技が揃っていてスゲー楽しかったです。

ラスボスのゴールドキャラはタイダル~で固めてヘルダイビング~で吸うパターンが面白いように決まり、他のキャラより楽に倒せました。ALLまでに2回コンティニューしてしまったのですが、ダレルなら巧いことやれば1ゲームALLも狙えるかも。


エンディング。家族を養う為に家族を捨て、仕事に明け暮れた男は責任を取るべく離婚を決意。せめてもの償いに優勝賞金を家族へと捧げるが、ダレルの真意を知った家族は離婚を拒否。ダレルは家族たちと幸せに暮らしましたとさ。ナックルヘッズのエンディングって、どのキャラもスゲー良いんでやんの;; エピローグの翻訳字幕のフォントも洋画っぽくって雰囲気出てるしサイコーですわ。

だがしかし。ダレルのエンディング~スタッフロールで何故かビンセントのエンド曲が流れてアレレレレ。エンド曲は各キャラ固有なのに何やってンだバカヤロー;; ステージ間のNEXT TARGET!のBGMもバグで1音しか鳴ってないし、しっかりデバッグしてくれよって感じデス;;


海外マスターシステム版「ギャラクシーフォース」を1ゲームALLクリア達成。ハードの限界に挑んだ移植で至る所にそのしわ寄せが伺えましたが、それらクセのようなモノ(表現だったり仕様だったり)を理解できると途端に面白くなるゲームでした。描画フレーム数が少なくて動きこそガタガタですが、ゲーム自体は結構良く出来ていると思いましたですよ。

ステージ構成の関係で障害物の多い序盤のステージが後半ステージより圧倒的に難しいのはナニですが、ステージセレクトがあるので全然平気です。ちなみに自分はB、C、A、Dの順にプレイして、難しいステージで受けたダメージを易しいステージで回復するようにしました。


エンディングの後は開発者の実写取り込み画像によるスタッフロールが。アーケード版の初代ギャラクシー~とは異なり1周エンド仕様でした。20分程度でALL出来る内容だからループ制でも良かったのになぁ。

| にっき | 20:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トウィンクルとかギャラクシーとか


週末は「アレスタ」シリーズをやり込む予定でしたが、大田六助さん&かろかろーさんが遊びに来るコトになったので急遽中止に。メンツも揃ったコトなので、Wii版「トウィンクルクイーン」のバトルロイヤルで対戦しまくりました。

今回もかろかろーさん操る美冬がおおあばれ。どの技もリーチが長く攻撃判定が強い上に、発生時に無敵時間を伴った技もあるので迂闊に手出しできません;; なんて云うか初代「サムライスピリッツ」でシャルロットを相手にしている気分です(それは言い過ぎ)。

だが、それがいい! 強敵望むトコロであります!! そんなカンジでお気に入りのG線勢で対抗してみたのですが、トラップ設置でジワジワと責めるハル以外はあまり良い活躍ができませんでした。めくり勇者キック&多段ヒット勇者キックを狙って出せるようになれば通常対戦もイケそうなんだけどなぁ。

大田さんのアメリも中、下段のラッシュがイヤらしい程に巧くなってきたコトだし、私も負けていられませんですわ!


先日届いた海外マスターシステム版「ギャラクシーフォース」もボチボチと。取り敢えず1コンティニューでALLクリアしてみました。マスターシステム版は見てくれこそアレですが、やり込めばそれなりに味わいの出るゲームのような気がします。

「グラディウスⅢ」の4面(3D面)の表現を100倍荒くした要塞内部も、慣れると妙に楽しくなってくる不思議! ノーミスで突破できると「シスコヒート」の直角コーナーを極めた時のような感動があります(解り難い形容でスンマセン;;)。PSGサウンドでも一応ギャラクシーフォースっぽさが出てるし、個人的には良ゲー認定してやりたい感じデス。移植度はさておき。



そんなワケで全5面をクリアしてエンディング~。任務を終え母艦に着艦した直後、自機は爆発炎上してさようなら…。エンドメッセージを要約すると”コンティニューしてALLしてんじゃねぇよこのカス”みたいなコトが綴られていました。障害物が多くて事故率が高いシーンA、Bは後回しにして、まずは易しいシーンC,Dから始めた方が良いのかしら。1ゲームALL、目指すぜよ!


■どうでもいいネタ:今日から始まった新番組「仮面ライダーオーズ」を見て、真っ先に思い出したゲーム関連のネタ動画(MEGA64シリーズ)。「ダウンタウン熱血物語(NES版リバーシティランサム)」は、くにおくんシリーズの中でも屈指の名作だと思うです。

| にっき | 20:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファミコンとかマスターシステムとか


このところ仕事以外での外出をしなくなって久しいので、せっかくだから散歩ついでに隣町のHARD OFFを覗いてみました。そんなワケで画像は今回の収穫~。ジャンク品のファミコンソフト各105円ナリです。ファミコンらしからぬサウンドが素晴らしい「ソルスティス」と女子高生ハリアー「アタックアニマル学園」が手に入ったのがスゲー嬉しいデス。「妖怪倶楽部」も未プレイのタイトルなのでちょっと楽しみだったり。

それにしても、自分がHARD OFFへ足を運ぶ度にジャンクコーナーにファミコンソフトが入荷してるから不思議デス。今さらHARD OFFに売ったトコロで二束三文にすらならないでしょうに。まぁ、ソフトを放出してくれる方のおかげでジャンク漁りを楽しめているので、あまり偉そうなコトは言えないのですが。


各カセットを一通り掃除して動作チェック。他のソフトはしっかり起動したのですが、アニマル学園はご覧の有り様。てっきり中のROMが死んでるのかと思いましたが、実は端子部分に強固な酸化皮膜が張られていて正常に通電していなかったのでありました。

磨いて落とせない皮膜は削るしかないので、目の細かいサンドペーパーにCRCを吹いて端子部分を軽く研磨。今度は画面がバグるコトなく無事に起動しました。良かった良かった。それにしてもソルスティスの曲はスゲーなぁ…。


海外マスターシステム版「ギャラクシーフォース」を入手したので早速プレイ。マークⅢ/マスターシステムの体感ゲーム移植作は(アフターバーナー以外は)良く出来ていると思うのですが、これはスゴいと云うかナンと云うか…。

自機の動作が荒く画面のスクロールもぎこちないモノはありますが、ステージ前半の空中戦は奥行きも感じられ、迫ってくる敵機のグラフィックも意外とキレイ&スムーズです。しかしステージ後半の要塞内部は画像のようにご覧の有り様。タダでさえ無理のある移植なのに、ステージ途中で進路変更するシーンも強引に再現しているのが感動的ですらあります。

BGMはFM音源に対応しているらしいのですが、我が家の環境(メガドラ+変換アダプタ)ではそれも叶わず。「スクランブルスピリッツ」他、国内未発売のFM対応ソフトの為にもマスターシステム本体を買おうかなぁ…。


久々にマスターシステムのソフトを起動したついでに「パワーストライクⅡ」もプレイ。何機か落とされましたが無事1ゲームALLしました。やっぱ「アレスタ」の血を引くSTGは面白いなぁ。って云うか初代とか武者とかスーパーもやりたくなってきた! 明日はアレスタ系コンパイルSTGを貪る様に遊んでみたい!!

| にっき | 20:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トウィンクルクイーン バトルロイヤルまくり


日曜日は地元の友人、かろかろーさん&大田六助さんを招いて、二人にWii版「トウィンクルクイーン」の強制プレイを執行~。ストーリーモード&通常の対戦も気に入って貰えましたが、CPUを加えたバトルロイヤル(4人同時対戦)は特に盛り上がりまくりました。タイマンでガチガチの勝負に拘るのも良いですが、多人数でギャーギャー騒ぎながらの対戦もやっぱり楽しいって云うか!

バトルロイヤルは他の多人数対戦が可能な格ゲーとは異なり、軸移動と云った概念はありません。1ラインに4人が揃ってドタバタやるワケですから、試合は序盤から乱戦必至です。だが、それがいい! コンボを繋げている間に第3者に攻撃されるのは当たり前で、通常対戦のセオリーだけでは立ち回れないトコロも実に面白いです。超必の中には範囲攻撃も多数あり、バトルロイヤルをより盛り上げるファクターとなっております。

そんなカンジでバトルロイヤルで対戦まくり! かろかろーさんは美冬のガチな強さに惚れ込み、大田さんはましろの波動昇龍とその微妙なキャラ性能(笑)を気に入って頂けました。自分が「面白い!」と思ったゲームが友人に受け入れられ、その面白さを理解し共有してくれるのはスゲー嬉しいデス。
 
tatumaki 100830
翌日は友人であり同人活動の好敵手でもある村上雅貴さんをお招きして、昨日に引き続きトウィンクルクイーンまくり! 以前よりトウィンクル~に着目していた村上さんに、愛しの劉備を使ってタップリ堪能して頂きました。

今回も通常対戦以上にバトルロイヤルがバカウケ! そして劉備が繰り出す超必「東南の風」に自分もCPUもタジタジです;; 東南の風は発生が遅く、通常技にキャンセルをかけてもコンボに組み込むコトはできません。が、東南の風発生後はダッシュで追跡してガード中の相手に中、下段攻撃を迫ったり、ジャンプで飛び越してガード方向を変えるコトが出来るのです。対戦中に東南の風の強さに気付いてしまうとは、さすが村上さんですわ。ナカナカヤリマスネ…。

東南の風のガード方向(表裏の切り返し)は見切るのが困難ですが、食らった際のダメージは然程高く無いのが救いと云ったトコロ。タイマンでは防御に徹する以外に対処法はありませんが、バトルロイヤルなら乱舞系の超必を第3者にヒットさせることで強引に突破するコトが可能です(乱舞技は発生から終了まで無敵時間が設定されているのです)。

ストⅢ生まれで3rd育ちの生粋のブロッカー軍団なら、モメントプロテクションで東南の風を全段受け流すコトが出来るんでしょうか? ブロック中に中、下段の揺さぶりを掛けられたら余裕で詰みそうな気もしますが…;;


今回は色んなキャラで対戦しましたが、中でも「G線上の魔王」の皆さんが使っていてスゲー面白かったです。トラップ設置系、トリッキーな打撃系、打撃&投げ系と、自分好みのメンツが揃っていて最高って云うか。イヤらしい技も豊富でタマリマセン(笑)。

他のタイトルのメンツと比べて地味な印象だったので殆ど触れていなかったのですが、使い込んでみればG線勢は良キャラばかりなのでした。曹操の安定した強さやアニエスの制圧力も魅力的ですが、やっぱり自分は接近戦主体のキャラが好きみたいです。宇佐美ハル萌え~。


他にも村上さんには自分の所有するシュミのゲームコレクションをプレイして貰いました。ナウなゲームからレゲーまで、文句も言わずにお付き合い下さって感謝であります。トウィンクル~もガッツリ楽しんで頂けて何よりです! また対戦&飲みダベリしましょう!!

| ゲーム | 20:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月