ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

≫ EDIT

忙しくなってきた

夏コミ頒布用のコピー誌原稿の執筆に取り掛かりました。例によって原稿最優先の修羅場モードに突入したので、例によって当ブログの更新は不定期となります。あしからず。


原稿の合間に「スーパーファミリーテニス」の「栄光の南十字星」をプレイ中。PCエンジン版「ワールドコート」や「ファイナルラップツイン」同様、この当時のナムコお得意のお遊びモード全開でサイコーって云うか!

RPG風対戦クエストのワールドコートやファイナルラップとは異なり、ストーリー中心の対戦モードですがスゲー楽しいです! 矢文の様に果たし状を巻きつけたテニスボールを叩き込んで対戦を挑むバカとかサイコーなんですが(笑)。主人公のマコも女子選手ながら使い勝手が良く、動かして面白いキャラだったりして楽しいの二乗~。

やっぱりナムコのテニスゲーは面白いなぁ。

| にっき | 20:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スーパーファミリーテニスの玉子様



スーファミソフト発掘の為、押入れ&物置を引っくり返した代償として散らかりまくった我が部屋の整理も片付き、スーファミ&PCエンジンソフトのメンテも終了。これで思う存分スーファミ&PCエンジンのソフトで遊べるぞ! と、云うワケで今日は朝っぱらからスーファミの「スーパーファミリーテニス(以下ファミテニ)」をプレイしまくりです。

ファミテニ発売当時はまだまだ「ワールドコート」(PCエンジン版&アーケード版&アケ移植のX68000版)と云う、同じくナムコ製テニスゲームに夢中だった為、実は殆ど遊んだ記憶がありません。私や友人たちはあまりにもワールドコートに傾向し過ぎた故、細部の違いが馴染めずに「何か違うよね」と云う結論に達し、ロクに遊ばないうちに物置の奥に封印してしまったのです。

あれから16年。って云うか今日。果てしなく久し振りにプレイしてみたファミテニは、なかなかどうして面白いって云うか良く出来ているって云うか、そんな印象でした。ワールドコートがネットに張り付いたモン勝ちだったのに対し、ファミテニはネットプレイヤー以外でもキチンと駆け引きができるようにチューンされてるっぽいのです。

一通り弄ってみましたが、それぞれのプレイヤーが、それぞれの得意とする球種で勝負出来るように調整されてる感じでした。打球の制御がワールドコートより少しシビアになり、油断するとアウトになりがちなのは良し悪しと云ったトコロ。いわゆる強キャラ程コントロールが難しい傾向にあるので、その辺りのクセも使いこなしてこそ、ってコトなんでしょうね。

そんな感じで、オールラウンダーもベースライナーもサーブ&ボレーヤーも楽しく対戦できそうな予感! 我が家の新たな対戦ツールとして稼動させまくりたく思うので、関係者は覚悟しておくよーに!!

レッツ・プレイ・ザ・マン・テニス!!


で、なんぞこれ(笑)。

| レビュー | 20:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

発掘


遂に念願のスーファミソフト群を発掘~。本当にお疲れ様でした>私

出土したソフトは「魂斗羅スピリッツ」ほか約40本。探していたタイトルもしっかり見つかったので、恐らく所有する全てのソフトが出てきたと思われます。良かった良かった。しかし、経年でカセットの端子部分が酸化してるモノが幾つかありました。起動しにくいor起動しないソフトの殆どは端子の汚れが原因なので、明日は発掘したソフトのメンテをしてやるコトにします。ついでにPCエンジンのソフトも動作チェックしないとなぁ。

…その前にハイパーとっ散らかってる我が部屋を整理整頓せにゃあああああああ;;


そんな感じで発掘したての「レンダリングレンジャーR2(ダブルアール)」を少しだけプレイ。アクションステージはまんま魂斗羅、STGステージはサンダーフォース風と、一粒で2度おいしい素晴らしいゲームです。日本でしか発売されなかった奇妙な経緯を持つ洋ゲーですが、控えめの難易度とレスポンス良好な操作性、レンダリング処理された美しいグラフィックと重厚なサウンドが魅力の良作って云うか!

ああ、PCエンジンも良いけどスーファミも良いなぁ…。

| にっき | 20:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

副産物

ドコにしまったか定かでないスーファミソフト群を発掘するべく、今日は自室の押入れをひっくり返すコトに。先日の「きんぎょ注意報!」でスーファミの良ゲー(&糞ゲー)が愛しくなり、所有する数々のソフトを何時でも遊べるように手元に置きたくなったのです。

そんな感じで現在、手元にあるソフト(「スーパーアレスタ」、「スーパーファイプロ2」、「きんぎょ注意報!」、「スーパーボンバーマン」、「ストライク癌ナー」、「癌フォース」)だけじゃモノ足りなくなったので、遂に本格的な捜索に乗り出したと云うワケだ。いや、ワケです。

しかし、2時間近く掛けて捜索しても肝心のブツは発見に至らず。その代わりに…


PCエンジンを発掘。長年押入れの奥深くに仕舞っていたにも関わらず、本体&CD-ROMは黄色く変色していました。大切に扱ってきたのにこんなコトになってしまうとは。これが経年劣化と云うモノか…。

多人数対戦に無くてはならないマルチタップ&コントロールパッドどもも薄汚く変色まくり。発掘されたパッドの中には「正月」と書かれたモノもあり、とある友人から借りパクしていた事実が明らかになりました。横綱ごっつあんです! 稽古は本場所の如く、本場所は稽古の如くッス!! 相撲は国技じゃな(ry

本体&周辺機器と一緒にゲームソフトも発掘~。しかし「マジカルチェイス」、「コリューン」、「スプリガンMk-2」、「ソル・モナージュ」と云ったレアものは既に売却済み…;;なので、大したモノは残ってないだろうと思ったのですが、自分が腹の底から惚れたゲームだけは売らずにしっかりキープしてありました! エラいぞ、昔の俺!!(売り払ったマジカルチェイスとかは惚れてなかったんかい)


そんなステキなゲームの中から「ダライアスPLUS」をプレイ。うおっ、懐かし! なんだかんだ言ってダライアスは初代が一番好きなので、家庭用に移植されたシリーズの中でもこのPCエンジン版(Huカード&CD-ROM)が一番好きだったり(それは当たり前)。画像はうっかりショットをレーザーに変えてしまい、デュアルシェアーズ如きに大苦戦する様子。って云うかヤズカ(永パ防止キャラ)にタカられて速攻終了しました;; Huカード版はゲームオーバーになると何故か1クレジット入る不思議(笑)。

なにはともあれ、PCエンジンは何れ復活させてやりたかったので、探す手間が省けて良かったです。

現在、部屋の中は押入れの中のモノでごった返しまくり。いろんなモノが散乱してて足の踏み場しかありません;; でもこれで大凡のメドがついたので、明日こそはスーファミソフト群を発掘できそうな予感。ブツは多分あそこだ! って云うか、ココまで探して見つからなかったらもう諦めるしか;;

| にっき | 20:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏休み ファミ魂斗羅まつり

ここのトコロ不足がちだった「魂斗羅」分を補給する為、昨日はファミコンで魂斗羅まつりを開催! といっても、単にファミコン移植された魂斗羅シリーズを遊びまくるだけですが! 参加者はもろちん私だけ! さ、さびしい!!

そんなワケで、何時ぞやのスーファミ版「ガンフォース」では得られなかった真の魂斗羅分をファミ魂斗羅で補いまくりました。おヒマでしたら各ファミ魂斗羅のレビューでも読んでやってください。

contra 090719
■魂斗羅:魂斗羅と云ったらやっぱり初代でしょう! アーケード版より難易度もマイルドになって、頑張れば誰でもALLクリアできそうなバランス調整が素晴らしいです。初心者救済策として、後にシリーズの(ほぼ)定番となる隠しコマンド(30人コマンド)も、この初代魂斗羅から用意されており、コナミの懐の深さを感じさせます。世間とコナミは意外と甘かった!

ちなみに北米NES版「CONTRA」はROMに特殊チップを搭載してない為か、各種デモや背景の細かいアニメーション、ツンドラ地帯の吹雪、ALLクリア時のヘリに乗り込むシーン等がオミットされています。

ラスボスはエイリアンの巣の最深部にある心臓みたいな天王創魔心ゴメラモスキング。撃ち込むごとにドキドキします。君を見てるといつもハートDOKI☆DOKI♪


supercontra 090719
■スーパー魂斗羅:音源チップを乗せてないのにBGMはオケヒ(オーケストラヒット)がギャンギャン鳴りまくり! 「魔獣の王国」、「A-JAX」等、この時期のコナミサウンドにオケヒは付き物でしたが、ファミコンでここまでのサウンドが聴けるとは思いませんでした。やっぱコナミはスゲーよ!

移植に関してはトップビューステージでスーパーウエポンがオミットされたり、全体的にステージの構成やギミックがアーケードとは変わっています。しかし、ファミコン版ならではの新要素も多数盛り込まれており、アケ版経験者でも充分楽しめる作りになっている辺りは流石コナミ! と言わざるを得ない。

ファミコン版魂斗羅同様、適度な難易度設定で遊び易いのですが、最終面序盤の間合いギリギリのジャンプは少し意地悪かと;; ちなみに北米NES版タイトルは「SUPER C」。スーパーシー…だと!? 内容に国内版との違いは殆ど無い模様。多分。

ラスボスは画像の陰獣キムコウ。ゆう帝とかミヤ王の仲間ですね。つまらなすぎるぜっ! あたっ!
ミス時の無敵時間を利用するとキムコウの頭上に乗ることができます。だからどうしたと言われても…。


conforce 090719
■CONTRA FORCE:北米NES用の国内未発売ソフト。基本的なアクションは魂斗羅シリーズそのままに、「グラディウス」のパワーアップシステムを取り入れた意欲作です。全5ステージで、奇数面はサイドビュー、偶数面はトップビュー構成となっております。武器やステータスが異なる4人の中からキャラが選べ、ゲーム中にキャラチェンジや仲間をオプションとして呼び出すことも可能。魂斗羅では珍しく、ボタンの押し時間でジャンプの高度が変化するのも特徴です。頻繁に起こるタイマー落ち(ゆっくり)は慣れれば全然平気! オケヒのアクセントが効いたカッコイイBGMも最高です。

元はファミコンで発売予定だった「アークハウンド」が海を渡って魂斗羅化したモノで、ストーリーや設定、舞台背景も魂斗羅シリーズとは全くの別物になっております。しかし、アクションSTGとしての出来は魂斗羅シリーズに匹敵する程で、各ステージに仕掛けられた豊富なギミックの数々がゲーム展開を盛り上げまくります。空飛ぶ戦闘機の上を何機も渡り継いで行くダイナミックな展開はまさに”魂斗羅級アクション炸裂!”(←木曜洋画の番宣みたいですね)

ラスボスは画像の大男&ヘリ。ヘリは倒せないので、大男をサクッとハチの巣にしてやりましょう。強いけど;;

ちなみにコントラフォースは生産本数が少ないようで、国内はおろか海外でもレアソフトとして扱われている模様。しかし海賊版やキャラクターハックのパチモノは結構出回っているので、オリジナルにこだわらなければ比較的入手は容易かと思われます。

閑話休題。今回のファミ魂斗羅まつりで初めてコントラフォースを1ゲームALLしました。ばんじゃい。


supafighter 090719
■SUPER FIGHTER:スーパー魂斗羅のパチモノで、所謂キャラクターハックもの。主人公は「モータルコンバット」のクン・ラオに似ているほか、敵キャラや背景も得体の知れないモノに改変されまくっております。BGMも音色がおかしかったり、違うステージの曲が流れたりとテキトー三昧。元がスパ魂なので、ゲームとしてはしっかり楽しめるのですが…;;

ラスボスはメカ・キムコウ? それってサイバー!


supaconx 090719
■スーパー魂斗羅X:ファミコンパチモノソフトの中でもレアリティの高い1本。カセットのラベルには「版権所有」の4文字が燦然と輝いております。パチモノの分際で権利主張まくりとは恐れいるぜ。流石パチモノと言わざるを得ない。

このパチモノはスーパーファイターとは異なる完全なオリジナル作品。劣悪な操作性とデタラメな当たり判定、無いに等しいゲームバランスが魅力の素晴らしいうんこです。テケテケした音色で奏でられる魂斗羅シリーズを代表するBGM「密林の戦い」の神アレンジに耳の奥からへんな汁が出てきます。流石パチモノと言わざるを得ない。

数少ないスパ魂Xの見せ場として、2面の空中要塞ステージがあります。なんと、このステージはジェットパックを背負って魂斗羅どもが空を飛ぶ横スクロールSTG! 本家魂斗羅の斜め上を行くオリジナル展開は正直褒めてやりたいトコロですが、何故かキャラが7方向にしか移動できないのです(左上への斜め移動不可)。なんと云う不具合。なんと云うマヌケ。流石パチモノ(以下略)

他にもスパ魂Xならではの特徴としてパスワードコンティニューがあります。各ステージの冒頭で表示されるパスワードを入力すれば、次回はそのステージから始められると云うモノです。これは超親切! スパ魂X見直したぜ! でもコンティニューが切れる度にまたパスワード入れろとかアホか。流石パチ(略)

画像はラスボス。全ステージ通してボスキャラはヘンなデザインのヤツばっかです。しかも倒した瞬間にボスの体力をゼロ以下にするともれなくフリーズするオマケ付き。高威力&貫通属性のあるスプレッドで調子に乗って撃ちまくると余裕で固まります;; 流石(ry


●そんな感じで、ファミ魂斗羅の魅力を綴ってみましたが如何でしたでしょうか。久し振りにファミ魂斗羅をやりまくって、失いかけていた魂斗羅分を充分に満たしまくりました。おかげで自分が熱い斗魂とゲリラ戦術の素質を先天的に合わせ持つ最強の闘士だったコトを思い出しましたよ(笑)。やっぱ撃ちまくり&アクションまくりの魂斗羅はサイコーって云うか! でもちょっと食べ過ぎておなかいっぱいになったので、スーファミの魂スピとかはまた今度でいーや(笑)。

…スーファミソフト、早いトコ発掘しないとなぁ;;

| レビュー | 20:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Eden's Aegis ver.0.50 やってみた


x.x Game Roomさんの新作STG「Eden's Aegis ver.0.50」をプレイ。相変わらず見事なまでのケイブクローンっぷりに思わず感動しました。ボムのストック数だけ敵弾を防いでくれるオートガードや、独創的なデザインの可愛いキャラクターも健在で、ファンとしては嬉しい限りです☆

今作の目玉となるシステムは”エッジショット”なる特殊攻撃。コレを敵に当てると一定時間青く変色し、その間に倒すとそいつの吐いた画面内の弾は全てスコアアイテムに変換されると云うモノ。少しでも耐久力のある敵には撃ち込みの際に残り体力ゲージが表示されるので、ジャスタカプモォショーッツ!って時に使うのがポイントです。敵弾を一掃できる上、その時のスコアアイテムは全て自動回収されるのでジャラジャラ感も味わえてスゲー気持ち良かったり♪

今バージョンの3面以降はバランス未調整とのことですが、コレはコレでかなり面白かったりして。とにかく敵弾の量がスゴいことになってるので、エッジショットの恩恵がかなりデカいのです。エッジショットでの弾消しを前提としたゲームバランスなら、これでも充分アリだと思いました。難しいけど;;

ちなみにエッジショットには背景に隠されたボムや1UPを探し出す効果もあるので、常に垂れ流しにしておいても悪くないやも知れません。って云うか弾除けに必死で、私には敵の体力を見ながらエッジショットを撃ち込む余裕は殆どないです;;

今日は1ゲームで暫定最終面(5面)のコウモリみたいな大型の敵まで到達~。ショット性能もボム性能も移動速度もキャラデザインもメイプルの方が好みなのに、何故かナナシーの方が調子良く進む罠。うぐぐ…。


■x.x Game Room
http://xxgameroom.blog102.fc2.com/

| ゲーム | 20:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バトルガレッガー!!


今日もセガサターン版「バトルガレッガ」。なンかえらく調子が良くって、数年振りに最終面まで到達! この調子なら初ALLできるかも!! などと妄想に浸りながらプレイしていたら、カリスマ全翼機・ブラックハートMk-IIの爆雷に撃ち負けたでござるの巻。なんだよ~、せっかくノッてきたってのによ~。あっけない奴だぜ!(俺が!!)

鬼門の6面要塞入り口はスコアアタックモードで練習して、それなりにパターン化してやったら余裕でした。はっはっは。でも6面ボス・ジャンキーモンキーの最終形態(YGWアームの化け物)は大したコトなくても、その前の高速散弾撃ちまくりがスゲー厄介だったンでしたー;; ココで2機潰されなければ最終面もあと少しは進めたかも…。

だれだー! 要塞入り口の方が っょぃ っていったの!(お前だ!)

| にっき | 19:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バトルガレッガー!

そろそろ夏コミ用のコピー誌の執筆に取り掛かろうと机に向かうも、あまりの暑さにアツクテシヌゼー! 室内で熱射病なんてシャレにもならんので、エアコンをゴバーと効かせてクールダウン。ちべたいアイスコーヒーもガブ飲みして、アタマもシャキーン!としたトコロで、さぁ原稿だ!!


駄菓子菓子、気が変わったのでセガサターンで「バトルガレッガ」をプレイ。先日、友人たちが遊びに来てくれた際にプレイしたファミコン版「サマーカーニバル’92 烈火」が楽しかったので、同じくYGWシュー繋がりでガレッガを遊んでみたくなったって云うか。

ガレッガを効率良くプレイする為の必須条件=節減プレイ&自殺でランク制御は趣味じゃないので、適度にパワーアップ&凡ミスした時がランクの下げ時、と云うのが自分のプレイスタイル。そんな感じでアーケード版の頃からプレイし続けていますが、いまだに1ゲームALLは見えてきません。やっぱ自殺しないとムリダナ。

5面までは比較的安定してクリア出来るのですが、6面の要塞入口が自分にとっては鬼門だったりします。砲台ゴテゴテでハリネズミみたいなアレです。出現と同時にスペシャルウエポンで左右の大型砲台のどちらかを潰さないと速攻しねるって云うか;; 砲台の数が多いので潰す順を誤ったり、切り替えしをしくじったりしたらもぅアタシアタシ…。6面ボスのYGWアームの化けモノなんかより余程TUEEEEE気がしますですよ。まったく、嫌なヤツだ!>要塞入口

そんなワケでブラックハートはノーミスで撃破したモノの、6面序盤~要塞入口でミスしまくってガメオベラ。悔しくて再挑戦しましたが、集中力が途切れて凡ミス→リトライのループにハマってアタマが爆発しそうになったので終了乙。

理不尽な部分も目立つけど、やっぱガレッガは面白いなー。明日も挑戦してみよう。


●拍手コメント
やあやあ、この前はどうも。金注のかいがら合戦、サイコーに楽しかったですなー。プレイ早々、点差が開いたビリがボールを持って1位キャラに張り付き、まるでバスケットのマンツーマンディフェンスのように徹底マーク。その間に2位が貝殻広い集めて最後に逆転! こんな展開が超エキサイティング!! ビリになった人間も「ああ、今回のオレ、すげー仕事した~」ってな感じで気分はサイコーですよ(まあ、ボールを当てられる技術がないとできない仕事ですがね)。何より単純なゲームだから疲れないのがいい。1時間でも2時間でも遊べますわ。また、みんなで集まってやりたいものですなー。

かろかろかいさん、どうもです。先日はいろいろとありがとうございました。かいがら合戦、スゲー面白かったですねー。さすが元バスケ部、見事なディフェンスでした(笑)。単純で分かり易くて、みんなでバカ笑いしながら対戦できるゲームってコレとボンバーマンくらいじゃないですかね。また面子が揃ったら対戦しましょい~。

| にっき | 20:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

波と貝殻とビーチボールと

kinchu kaigara 090712
先日、友人たち(かろかろーさん、大田六助さん、永田正月さん)を招いて久し振りにスーファミ版「きんぎょ注意報!とびだせ!ゲーム学園」をプレイ。同ゲーム内に収録された「かいがら合戦」で対戦しまくりました。

このゲームは3人対戦可能で、波にさらわれないように浜辺に打ち上げられた貝殻を集めると云う内容。貝殻をより多く拾って、制限時間内にどれだけスコアを稼げるか競います。貝殻以外にもアイテムとしてビーチボールが出現。拾って相手に投げつけるとスコア減点(-10点)+一定時間スタン(行動不能。スタン中はビーチボールに対して無敵)の効果があります。波にさらわれると減点(-30点)+1ターン休みのペナルティが課せられるので要注意(次の波が引いたと同時に戦線復帰)。

操作は8方向移動(十字キー)に1ボタン(Aボタン)。これだけで移動、しゃがみ(相手の投げたビーチボールを回避)、拾う(貝殻、ビーチボール)、投げる(ビーチボール)といったアクションが可能です。キャラは6人の中から選べますが、性能差は無いので好みでどうぞ(不良牛のみ波に対するやられ判定が小さいと云う都市伝説が…)。

シンプル操作でとっつき易い反面、しゃがみ中は移動不可、ビーチボールを持っているときはしゃがみ不可など、ちょっとした行動にも何らかのリスクが伴う為、対戦中は常にピリピリとした緊張感に包まれます。それに加えて速度&形状にランダム要素のある波が定期的に襲ってくるので、一瞬たりとも油断はできません。自分以外のプレイヤーと波がこのゲームにおける駆け引きの肝となる存在なのです。

ちなみに、スタン回復直後や波にのまれた際の復帰時に、無敵時間といった甘いモノは存在しません。キャラの移動速度は遅く、当たり判定も大きいので1度スタンすると復帰と同時にビーチボールを重ねられて再スタン→波が来てさらわれると云ったコンボ(合計-50点)を食らってしまうコトも…。序盤ならともかく、残りタイムが20秒をきった辺りでこんな連携を食らっては勝つのはかなり難しいでしょう。

しかし、そんなゲームバランスだからこそ気抜けするコトなく何度も対戦が楽しめて、勝てた時はサイコーに嬉しく、負けたときは次こそオボエテロ! と燃えるのです。お互いが協力しあったり、足を引っ張りあったり出来るのもこのゲームならではの面白さ。実際に遊んでみないと、この絶妙なさじ加減で成立しているゲーム性は伝わらないやも知れません。

上記のように、結構キツい連携もあるので万人にオススメできるゲームではありませんが、面白い対戦ツールを求めている人には是非遊んで欲しいタイトルだったりします。その面白さは対戦モノに超五月蝿い永田正月さんのお墨付きです(笑)。

※でも3人揃わないと多分つまんないです(笑)。

47p kaigara 090712
セガサターン版「スーチーパイアドベンチャー ドキドキナイトメア」に、かいがら合戦のリニューアル移植作「貝ひろい」が収録されています。基本ルールはそのままに、4人まで参加可能になって対戦が更に盛り上がりまくり!

…かと思ったのですが、プレイしてみると金注版とはゲームバランスが大幅に異なる別モノでした。全体的にスピードが上がっていて、テンポ良く楽しめるのは良いのですが、それ以外の変更点がどうにも馴染めないと云うか、金注版の面白かった点を台無しにしてると云うか。

新たに設定されたしゃがみボタンによりビーチボールを持ったまましゃがめたり、貝殻のスコアに差が有りすぎて勝敗が運に左右され易くなったり、キャラの判定が小さく移動速度が速い為に相手の行動をブロックしにくくなったり、スタン中もビーチボールがヒットするのでハメが安易になったり等々…>変更点 他にも制限時間が無駄に短いなどの微妙な具合の悪さがハナについて、金注版のバランスに慣れ親しんだ者にはちょっと馴染めない内容でした。

金注版とは完全な別ゲームと思えばそれなりに楽しめそうではありますが、ガチで対戦を楽しむなら断然スーファミの金注版かいがら合戦をオススメします。

| レビュー | 20:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SW~魔女達の長い午後 悲願達成その2&3

毎度お馴染みの「SW~魔女達の長い午後」にて、カールスラント組&エイラーニャよしかチームで1ゲームALLクリア達成しました! ばんじゃいばんじゃい! 凡ミスとリトライの反復作業に明け暮れた日もありましたが、諦めずに頑張った甲斐があったってモンです! 嬉しいったらありゃしない(笑)。


カールスラント組はステージ開始直後やボス前など、ちょっとした間を見つけては鉄骨を出しておいて、敵が出る前に魔力ゲージを溜めてストックすることを心掛けました。こうするコトで鉄骨が壊れてもスグに次の鉄骨が出せるため、弾消し用の安全策としてもボス戦での速攻策としても有効だったりするのです。幸い、ハルトマンのシュツルムとミーナのシールドで攻防はナンとかなるので、隙あらば撃ち込みを止めて、魔力ゲージの回復に努めるのが勝利へのカギと悟りました。

それにしても鉄骨の瞬殺っぷりは凄まじいですね。シャッキーニでALLするのに42分くらい掛かったのが、鉄骨中心のカールスラント組では28分でALLできました。極まった鉄骨プレイなら20分台前半とか出せるのか~!?


エイラーニャよしかチームはサーニャの誘導&設置が全てって云うか、そんな感じでした。画面中央にサーニャを置いておくだけで、盾としても砲台としても効果を発揮してくれますし、ボスに重ねれば弾封じ&接射撃ち込みで楽勝! …とまではいかなくとも、かなり安定したプレイができますし。まさにサーニャさまさまって感じです。サーニャ~!!(意味不明)

逆にエイラとの合体攻撃は無理に行わない方が長生きできそうな予感。メリット(フリーガーハマーのヒット時の爆風で弾消し)以上にデメリット(足が極度に遅い、手数&火力不足、サーニャのシールド効果なし)の方が足を引っ張ってますし;; しかし、ソレはソレ。エイラーニャ好きは合体プレイでALLしてこそ、真のエイラーニャーって云うか、エイラーニャストって云うか!!!!

残る未クリアチームはあと2つ。この調子で頑張って、全チームで1ゲームALLを達成してみたい!

| にっき | 09:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SW~魔女達の長い午後 に夢中になる

eiraanya 090708
一昨日、昨日と空いてる時間の殆どを「SW~魔女達の長い午後」に費やしまくり。ブログの更新を怠る程にハマっております;; だって、面白すぎるんですもの。サーニャ~!!(意味不明) 

しかし、それだけやり込んでも1ゲームALLクリアは先日のシャッキーニ以来果たしていないと云う情けなさ;; どのチームでも最終面のコア戦までは行けるのですが、殆どの場合そこまでに凡ミスで2~3機失ってたりします。で、コア戦で集中力が尽きて被弾→死亡確認、と。

残機4機スタートでも、ALLクリアまでの長丁場(約40~50分?)をエクステンド無しで凌ぐのは、自分みたいな下手糞の雑魚にはちょっとキツいです;; 凡ミスを避けれないのは自分がもう歳なのか、まだまだ修行が足りないのか、それともどっちもか;;

シャッキーニ以外で1ゲームALLに最も近そうなのが、攻守のバランスが最強に強まったエイラーニャ&よしかチーム。次点でカールスラント組と云ったところ。バルクホルンの鉄骨をボス戦に組み込むのがスゲー面白いデス。まさに瞬殺ってカンジで、爽快感を超えて悲壮感すら漂ってきます。ボスに近寄りすぎてお姉ちゃんが瞬殺されちゃったりもするケドナー;;


●拍手コメント

どもお久しぶりです。ガンフォースは死んだ時の叫び声が凄いだけで、元々面白くなかったような…魂斗羅分補給と言えば、スーパータリカンが気になります。レンダリングレンジャーR2の値段も凄いっすね。

永田正月さん、どうもです。いや、でもガンフォースは幸村で柳ひろひこさんも夢中になってましたよ?って、柳さんはアイレム好きだから取り敢えずやってただけなのか~!? で、ガンフォースですが確かにつまんないですネ(笑)。 スータリとレンダはもろちん持ってますよ~(ついでにジェネシス版タリカン&メガタリも)。でも魂スピ他のスーハミソフトもろとも押入れor物置の中…;; 引っ張り出すのマンドクセ;; 取り敢えずスグに出せるファミコン魂斗羅とスパ魂でもプレイして魂斗羅分を補給しようかと。KATO。ハイ~!

| にっき | 09:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魂斗羅分の補給とボタン修理


先日、アキバで「魂斗羅」分を補給する為に買ってきたスーファミ版「ガンフォース」をプレイ。自分の記憶の中でガンフォースが相当美化されていたのか、はたまた続編の「ジオストーム」とごっちゃになっていたのかは解りませんが、アクションSTGとしての出来はちょっとイマイチでした。ROM容量の関係か4面が丸々カットされちゃってるし…;; この当時のアーケード移植モノにはありがちな仕様なので、仕方ないっちゃぁ仕方ないのですが>ステージカット

4面が端折られているのは256歩譲って良しとして、キー配置がアケ版と逆なのにキーコンフィグが無いってのが最大のショックって云うか。内側のボタン(Y、X):ジャンプ 外側のボタン(B、A):攻撃 って、大昔のセガのアクションゲーじゃないんだから…;; 何故かL、Rにもジャンプが割り振られているのですが、遊びにくいコトに変わりは無いです;;

などと文句を言いつつも、結局1ゲームALLするまで遊んでしまったので、実はそれなりに楽しいゲームなのやも知れません。ラスボス戦のワザとらしく用意された安置とかサイコーですし、やっぱアイレムのゲームは面白いって云うか! でも具体的に面白かった点を挙げろと言われると、ちょっと返答に困ってしまいますが;;

やはり魂斗羅分を補給するには魂斗羅をプレイするのが一番な気がしてきました(それは当たり前)。ああ、「魂斗羅スピリッツ」が無性にやりたいなぁ…。他にも遊びたいゲームが結構あるし、スーファミ環境を本格的に復活させようかな。その為には押入れの奥に眠っているであろうスーファミソフト群を引っ張り出してこないと…。うう、探し出すのが億劫だ;;


日が暮れてから弟さんが来訪。久し振りにPS3版「ストリートファイターⅣ」で対戦しました。しかし、自分の使っているジョイスティックの弱P(□ボタン)の効きが悪く、せっかくのコンボチャンスも度々逃してしまったり。

弟さん曰く「負けたのをレバーの所為にすンなよwww」 く、くやしい…ッ!!

そんなワケで対戦は一時中断して、取り敢えずジョイスティックのメンテナンスをするコトに。ボタン内部にCRCを吹いても殆ど改善されないので、底板を外して中を見てみると□ボタンの端子部分のハンダが見事なまでに外れていました。

接触不良の原因が解ればあとはカンタン。CRCを拭き取って、ハンダを突き抜けているボタンの端子を覆うように新たにハンダを盛りつけてやります。ハンダが固まったのを確認したら一応動作チェック。修理した□ボタンは100回押して100回反応してくれました。これにて一件落着!

しかし、ジョイスティックが直っても対戦で勝てると云うワケでもなく、今回も私のヴァイパー&さくらは弟さんのリュウ&ブランカに惨敗を喫するのでありました。

弟さん曰く「もうレバーの所為にはできないよねwww」 く、くやしい…ッ!!


●拍手コメント

超馬鈴薯!あそこは素敵ですよね!一番上のゲーセンでツインビーやれたり最高です。

飛車さん、どうもです。HELLSINKER.全行程終了おめでとうございます&お疲れ様でした。超馬鈴薯(笑)はもうちょっとソフトの値段を勉強してくれたら文句は無いのですが;; 5階のゲーセンはアキバ散策の際に休憩しつつレゲーを楽しむには最適ですね。「ドラキュラハンター」とか「ブラックビートルズ」を入れてくれないかなぁ(多分ムリです♪)。

| にっき | 21:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入稿完了

本日、夏コミ新刊(総集編3)を無事入稿しました~。やっぱオフセット印刷って云うか、デジタル入稿はスキャン作業から局部修正まで、色んな意味でくたびれますわ;; コピー誌の柔軟性に慣れすぎた人間(ワタシ)にとって、オフセは面倒臭い以外のナニモノでもありません。でも4年に1度の総集編だけはきっちりとカタチにしておきたいので、この時ばかりは印刷所に頼らざるを得ない!って云うか。

入稿を終えたら急激に途方も無い開放感に見舞われたので、せっかくだからその足で秋葉原へ繰り出すコトに。土日祝日のアキバはまさに満員電車状態で、ドコへ行っても人、人、人。ああ、メガドラで「鮫!鮫!鮫!」がやりたくなってきた! それはさておき、入稿を終えた自分へのご褒美にナンか買ってあげようかって云うか、ナンかゲームが欲しくなりました。 よ~しパパ、PSPの「初音ミク」とかPS3の「ブレイブルー」とか買っちゃうぞ~、とか言ってんの。もう見てらんない。

しかし現実は厳しく、入稿を果たした我が国の財政はまさに赤貧状態。ブレイブルー買ったら夏コミ用のコピー誌は出せませんって感じ。ああ、俺のノエルたんが遠のいて往く…。って云うか、あまりの金欠っぷりにミクすら手が出せません。情けなや。

そんなワケで、今日のトコロはウインドゥショッピングでカンベンしといてやらあ、と嘯いてレゲー(レトロゲーム)中心のショップをハシゴしてみるコトに。貿易商、自由、超芋、友などを見て回りましたが、ネット通販やkonozamaのマケプレ、ヤフオクと比較するとアキバ相場の高いコト高いコト。良さげなモノがあっても、価格の底辺が分かっているだけに手が出せません。超芋は相変わらず瞳孔が開くような値段設定ですし、友ですらナンか無駄に高くなっていてションボリング・ベイ。


結局、2時間ほどアキバを散策して収穫したのが↑の画像のブツ。メガドラ版「ゼロウィング」(609円)、スーファミ版「ガンフォース」(450円)、北米ジェネシス版「アーネスト・エバンス」(1029円)の3本なり。

アーネスト~は国内ではメガCDで出ていたアレです。ちなみに北米版はROMカートリッジ仕様。箱説付きでこの値段なら余裕で買いでしょう。国内版のCD再生のBGMが好きだったので、北米版の内蔵音源によるアレンジがどんなのか楽しみだったり。

ゼロウィングとガンフォースはアキバでこの値段なら悪くないって云うか。ちなみにゼロウィングを買うのはコレで通算3本目。恋しくなるたびに買って、飽きては売ってを繰り返しています。もうね、アフォかとバカかと;;

ガンフォースは「魂斗羅」チックなアクションSTGが久し振りにプレイしたくなったので購入~。それなりにアーケードでハマったので、続編「ジオストーム」が家庭用で出たら、そのときに一緒に買おうと思っていました。結局、続編は移植されなかったので、今になってガンフォースを買ったワケですが。スーファミ版の移植度とかどんなモンなんだろう…。

と、云う感じで取り敢えず入稿も済んだので、明日からはマッタリと過ごす予定です。コピー誌の原稿執筆にも取り掛からにゃならんのですが、しばらくは趣味のゲームに興じてみたく思っております~。

| にっき | 21:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SW~魔女たちの長い午後 悲願達成


遂に「SW~魔女たちの長い午後」を1ゲームALLクリアしました! ばんじゃいばんじゃい! 使用キャラは愛しのシャーリー&ルッキーニのチームです! エイラーニャ&よしかチームの使い勝手の良さに一瞬浮気してしまいましたが、やはり初ALLクリアは一番好きなキャラで達成してこそ! と云うワケで、シャーリー&ルッキーニで頑張りまくりましたですよ~。

べ、別にルッキーニ分身技は使ってないんだからねッ! ナンだったらリプレイうpしてもいいんだからァ!

ネウ子のラーニングと次の形態で2機落ちしましたが、ウォーロック&コア戦(最終面)はノーミスで突破できました。アドリブも冴えまくって、毎度お馴染みのタコミス、凡ミス、ポカミスも今回に限っては無いに等しかったです。まさに神降臨。俺ってTUEEEEEEE!! ネウ子ラーニングで画面の一番下に潜り込んで撃ち込み→即ネウ子に反撃されてしんだのはマヌケ以外の何者でもありませんが;;

例の分身技は開発元のモリハマの診断書さんに「ウルテク 横綱級」と称され、念願のシャーリー&ルッキーニで1ゲームALL達成できたので、これでココロおきなく夏コミ新刊の編集を再開できます。って云うか、今日は編集そっちのけでズ~ッとスト魔STGばっかやってました。てへ(笑)。

印刷所の締め切りまで、あと3日。入稿に間に合うよう、新刊の編集作業ガンバリマス;; 表紙の彩色もまだ手付かずだし、間に合うのか? ホント…;; 

フフフ…明日はいよいよ本気を出さねばならないようだな…!←バーカ

| にっき | 21:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SW~魔女たちの長い午後 サーニャ分身ほか

エイラーニャ&よしかチームでそのステージのボスを倒す
               ↓
面クリアデモが始まるまでにサーニャと合体しておく
               ↓
面クリアデモが終わったらショットボタンでスキップ
               ↓
画面暗転中に特殊攻撃ボタンを押しっぱなしにしておく
               ↓
サーニャ切り離しのSEが鳴って次の面が始まる
               ↓
なんとサーニャが二人に分身する←今ココ!

二人のサーニャをボスに重ねて撃ち込むとスゴい勢いでゲージが減りまくります。


同様の方法でルッキーニも分身。あっちょ~!連続発射とかスゲー熱いんですが(笑)。


カールスラント組で1面開始時に同様の方法で鉄骨がヘンな位置に出現。

| ゲーム | 18:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SW~魔女達の長い午後にハマる


夏コミ新刊(総集編3)のデジタル入稿用のデータ作成が予想以上に早く片付いたので、今日は「SW~魔女達の長い午後」をしっかりタップリ堪能しまくりました。取っ替え引っ換え、いろんなチームでプレイしまくって大満足! 原稿疲れで溜まったストレスもイッキに吹き飛びました。1ゲームALLはまだ達成してないケドナー。

いろんなチームで満遍なくプレイしてみた結果、エイラーニャ+よしかチームが一番安定しそうな予感。そんなワケで、取り敢えずエイラーニャよしかで1ゲームALLクリアを目指してみるコトにしました。

ボスに密着させれば瞬殺、盾として使えば殆どの敵弾&ビームも防げるサーニャが頼もしいのナンの。それに加えてよしかのシールドがあれば守りはカンペキって云うか。場面に応じてサーニャを最適ポジションに配置するコトが勝利へのカギとなりそうなので、まずは回数をこなしてパターン構築に励んでみたい! シャーリー&ルッキーニチームの様に機動力&合体時の火力を生かしたアドリブプレイも良いですが、じっくりと型にハメていくパターンプレイも大好きだったりして♪

画像は新手の間違い探しです。既出やも知れませんが、一応、作者のモリハマの診断書さんに報告しておきました。リプレイでもしっかり反映されていたので、再現性は高そうな不具合っぽいデス。

| にっき | 20:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月