ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

≫ EDIT

キャリバーⅣでアルカナまくり

今日も「ソウルキャリバーⅣ」でキャラクタークリエーション。大好きな「アルカナハート」のキャラを頑張って再現してみましたよ。舞織は只の巫女さん、ペトラはエイミを白く塗った程度のモノにしかならなかったのでボツ~。他のキャラは今のエディットパーツじゃ作るのは無理かなー…。

今日からDLCが始まりましたが、2chのキャリバーⅣスレを見ていたら死刑宣告に近い書き込みが。

”ちなみに北米版PS3SC4は日本版とセーブデータとDLC別 ”

”DLC別”

…正式発売の本日より1週間前に北米版キャリバーⅣを入手した私に天罰が下ったようです。宝箱からはお金と宝石系アイテムしか出てこなくなったので、エディットパーツの為にいよいよDLCに手を出すか、と思っていたトコロなのに…。あまりの仕打ちに思わず座尿。

国内版を買ってやり直す程のお金と時間はありませんし、今のままでもソレナリのモノはエディットできるので、私は北米版でOKですよ。ええ。全然おk。…ううっ……;;

閑話休題。昨日のキャラクリで誤字を指摘してくださった方、ありがとうございました~。速攻で修正させて頂きましたですよ。自分の数少ない好きなアニメのタイトルを間違えるとはナニゴトって云うか;; 光ちゃ~ん!(がんばるんだ!!)


リリカ・フェルフネロフ



安栖頼子



リーゼロッテ・アッヒェンバッハ



ゼニア・ヴァロフ



フィオナ・メイフィールド



ミルドレッド・アヴァロン

| キャラクリ | 21:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャラクタークリエーション、はじめました

edeit samune
苦労したタワー・オブ・ロストソウルズも一段落。キャラクリ用のエディットパーツも充分な数が揃ってきた(宝箱をGETしても中身がお金しか出てこなくなった)ので、本格的にキャラクリを始めてみましたよ~。ここ数日間に作ってストックしておいたキャラを一気にお披露目してみたい!!



「アルカナハート」シリーズより、愛乃はぁと



「アルカナハート」シリーズより、大道寺きら



「アルカナハート」シリーズより、このは



「フェイト」シリーズより、セイバー



「ふたりはプリキュア」シリーズより、キュアブラック



「魔法騎士レイアース」より、龍咲海



「KOF」シリーズより、ヴァネッサ



「キャプテンコマンドー」より、キャロル

| キャラクリ | 20:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャリバーⅣのキャラクリについて


今回はⅣのキャラクタークリエーションモードについて語ってみたく思います。

前作では上半身は上半身用下着、服(着物、ドレス)、上着(鎧)、下半身は下半身用下着、ズボン(スカート)、ベルト(帯)と云ったカテゴリ分けがされていて重ね着が可能でした。その組み合わせやパーツの優先順位によって様々な着こなしが可能で、エディット職人は組み合わせの妙を生かしたユニークな表現で、様々なキャラを生み出していったのです。

ところが今作では下着には上下の種類が無くカテゴリは1種類、上半身は服と上着とありますが、組み合わせによっては服の部分が完全に消えてしまったりします。下半身はベルトに当たる装備品がオミットされて、あらかじめ和服には帯、洋服にはベルトに相当するモノが付け加えられました。前作なら和服にベルト、洋服に帯といった組み合わせも可能で、それによって面白い表現も出来たのですが…。

しかし、組み合わせの自由度は前作より劣るかも知れませんが、逆に不要なパーツを省いてより洗練されたキャラクリになったとも云えます。

次世代機による豊かな表現力だからこそ可能な緻密なデザインのパーツやその質感、光沢の美しさ。前作では多くても2箇所しか塗りわけ出来なかったパーツの彩色も、最大で4箇所まで塗り分け可能となりました。

更に、前作では見ることのなかった現代設定のコスチュームや、ステキなランジェリーじみた下着(コレが一番嬉しいw)も追加されました。中世の時代設定を重視した前作のキャラクリでは不可能だったエディット表現も、今作なら可能となるのです。

そんなワケで(今までのは全て前フリです)、キャラクリで「スーパーロボット対戦」シリーズの超!ステキヒロイン、エクセレンをエディットしてみました(画像参照)。スカートを穿かせると絶対領域の太腿&ガーターストラップが隠れてしまうので、下着パーツ「麗人のドレス」の本体を赤くしてスカートっぽく誤魔化してみましたよ。ガーターストラップ部分は別パレットになっているのがファッキン素晴らしいデス!! 髪型にボリュームが足りないのがちょっとナニですが、前作では表現できないようなキャラが作れるのはやっぱイイですねぇ♪

| キャラクリ | 21:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャリバーⅣ三昧 その4 制覇


遂にタワー・オブ・ロストソウルズの全60階を制覇しました!

昨日、詰まっていた45~46階は2chのキャリバーⅣスレでアドバイスを頂けたお陰でスムーズにクリア! それでも1時間半は掛かりましたが;;

その後は56階までサクサク進みます。さっきまでのスパルタっぷりがまるでウソのような緩やか加減に、緊張の糸が解けて思わず座尿。

しかし、しかし。そんな平穏なひと時も、再び始まる嵐の前の静けさでしか無かったのです。ビフォーザストーム。ズギャーッ!! 57~59階でまたまた手詰まりの予感です!!

強敵揃いの57~59階で3時間ほどハマるも、徹底した使用キャラのチューニングと戦法のパターン化でコレをナンとかクリア。敵CPUのインチキ臭い超反応を駆使したスタンコンボ&キャラチェンジの連携で、文字通り袋叩きにされまくりましたが、最後に勝てば善かろうナノデス!

遂に最上階、60階に到達。待っていたのは漬物石にされた巫女では無く、かの英雄王でした。通常攻撃を高確率でガード不能にするスキルや、攻撃を当てるたびに体力回復するスキルを付けているので、油断すると優勢だった戦況がイッキに逆転したりします。回復はともかく、せっかく技を見切って防御してもガード不能だったりすると泣けて来ますヨ;; まぁ、インパクトすれば良いんでしょうけど…。

苦戦のさなか、ちょっとした閃きで攻略法を見つけ実行に移したトコロ、思ったより巧くいって英雄王の撃破達成~(画像参照)。俺乙!!

終わってみればアッー!と云う間でしたが、とにかく45~46階、57~59階が難しかったです。格ゲーでココまでキツかったのは今までに無かったかも、ってくらいの難度でした。一応、塔の制覇は達成しましたが、回収していない宝箱がまだ3割強は残っています。キャラクタークリエイションで様々なキャラを作る為にも、全ての宝箱=エディットパーツをGETせねば…!!

閑話休題。画像の左側にいる金色のキャラは私の持ちキャラ、ソフィーティアです。装備変更によるキャラ強化&スキル調整の関係でコスチュームが原型を留めていませんが、塔を勝ち抜く為には仕方が無いコトなんです;;

PS:キャリバーⅣスレでアドバイスを下さった前スレ(PART43)の>>51さん、ありがとうございました。スレでお礼を書きたかったのですが、アクセス規制のあおりを食らって書き込めませんでした。この場でお礼を言わせて頂きます~。

| ゲーム | 21:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャリバーⅣ三昧 その3 難敵あらわる


昨日は順調に進んでいたタワー・オブ・ロストソウルズ。しかし、今日は45~46階で詰まってしまいました。

敵の数こそ少ないモノの、その敵たちはまさに精鋭中の精鋭。45階の多喜タイプの敵は投げ不可、リングアウト不可のスキルを装備してる上に攻撃力、防御力も高く、こちらの動きに対して超反応で攻めてくるので、気が付けばアッー!っと云う間に死亡確認。

46階のザサラメール&アスタロスタイプの敵は45階の敵のステータスに加え、クリティカルフィニッシュをキメないと倒せない仕様?

45~46階で詰まってから約7時間。手を変え品を変え、自キャラや装備品&スキルをチューニングしまくっても三人目のアスタロスタイプに辿り着くのが限界と悟ったので今日のタワーは終了~。

宝箱のGET条件が厳しいならともかく、ただクリアするだけでもココまでキツイとココロが折れそうになりますね…;; まぁ、自分がヘタすぎるだけだと思いますが;;

ダメなときは何をやってもダメなので気分転換にキャラクリモード。初音ミクを作ってみました(画像参照)。ネギは無かったので代わりに護法剣を持たせてみましたよ。

※昨日のブログでオールインワンみたいな装備が~と云ってましたが、どうやらデフォで使用可能なエディットパーツだったっぽいです;; その名も「麗人のドレス」。うむ、ステキだ…!!

| キャラクリ | 20:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャリバーⅣ 三昧 その2

edit stay
今日は朝からタワーオブロストソウルズとキャラクタークリエーションモードを弄りまくり。

タワーオブ~は所謂ミッションモード。取り敢えず出てくる敵を片っ端から撃破していけば先に進めるけど、お題目にしたがってステージクリアすれば宝箱(キャラクリ用のエディットパーツ)が手に入るって云う寸法です。

お題目は抽象的で、言葉の真意を理解できないとお宝はGET出来ないって云うか、まるで「カイの冒険」でもやってるかのような気分になります。風が吹くと桶屋が儲かる、ですって?

タワーオブ~の敵は様々な流派&スキルを引っ提げて登場するので、こちらも使用キャラを敵&お題目に合わせてチューンするコトになります。より優位に渉り合えるよう、エディットパーツを組み合わせてスキルを構築するのが楽しかったり。

勝ったり負けたりを繰り返しながら、今日は39~41階ステージまで制覇。宝箱の回収率は6割と云ったトコロ。一度クリアしたフロアは何度でも挑戦できるので、取り逃した宝箱をGETするまでそのフロアに留まるか、まずはクリアを目指して先へ進むかはそのヒト次第。

閑話休題。道中で闘った敵が着ていた初代ソウルキャリバーの2Pソフィーティアのノースリーブハイネックは手に入るのかなぁ。オールインワン(ブラ、コルセット、ガーター、パンツの一体型)っぽいインナーを着た敵も居たし、今回のエディットパーツはかなりグッとくるモノがあるですヨ(フェチ的な意味で)。

タワーオブ~を楽しんだ後はキャラクタークリエーションモードを堪能~。所有するエディットパーツで何かキャラは作れないか模索した結果、「ブラックマトリクス/ダブルオー」のステイエンが完成~(画像参照)。

今後、入手できるパーツによっては改良の余地はありそうですが、現時点で個人的には大満足の出来だったり。今回のキャラクリはキャラの口調や声質も自由に選べるので、実にステイエンっぽいキャラに仕上がりました。サスペンダーストッキングもエディットパーツのお陰で忠実に再現できて感無量デス。

| キャラクリ | 21:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャリバーⅣ三昧

carasele sc4
昨日からハマッてる北米PS3版「ソウルキャリバーⅣ」。取り敢えず各メディアで公開されているキャラは全て使用できるようになりました。

ストーリーモードもしっかり全キャラ分堪能~。5人の作家さんがデザインしたゲストキャラたちにまでストーリー&エンディングが用意されていたのは驚きでした。

イラストを見たときは然程興味の無かったキャラでも、実際に自分で動かしてエンディングまで到達すると、途端に愛着が沸くから不思議なモノです。ゲストキャラ5人はとても魅力的なので(色んな意味で)、使いこなせるよう努力したい所存でアリマス。

…キャラセレの暗黒卿とその弟子の空間には一体誰が入るんだろう。やっぱりSW関係者かしら?

| ゲーム | 21:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北米PS3版ソウルキャリバーⅣをGET

sc4na katta
アキバの洋ゲー屋、ゲームハリウッドにて注文した北米PS3版「ソウルキャリバーⅣ」が届きました。

そんなワケで早速プレイしまくってます。北米版でもナンの設定もいじるコトなく国内仕様で遊べるのは嬉しい限り。言語設定だけでなく、ボタン設定まで国内仕様(○=決定、×=取り消し)になるのが素晴らしいです。

取り敢えずデフォルトキャラ全員+ソフィーティアのストーリーをクリア。ゲームスピードがⅢより遅くなった為、最初は戸惑いましたがスグに慣れました。新システムはまだまだ理解できてませんが…。

前作以上にヤリ込めそうなモードも充実しているので、しばらくはキャリバーⅣ三昧の日々が続きそうです。

※ネタバレやゲームの詳細に関わる情報はウチのブログでは一切触れませんので悪しからず。

| にっき | 21:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自作絵うpテスト

test stayen03
少し昔の絵でうpテスト。ステイエンは今でも好きなキャラです。

| らくがき | 15:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

動作実験中…


ニコニコ動画のリンク貼りテスト。最近はお気に入りのゲームの動画を撮ってはニコ動にうpしてます。

| 未分類 | 15:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

UNDER CONSTRUCTION

現在工事中。開店時期未定。

| 未分類 | 18:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月