ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

≫ EDIT

続 ラティス開放戦線に異常あり


MSX版「沙羅曼蛇」のプレイ中に、コントローラの方向キー(下方向)の入力が頻繁に途切れるトラブルが多発。下方向は中のゴムが劣化してきた所為かレスポンスが低下しており、やや強めに押さないと反応しない事もしばしば。

しかし、ケーブルの付け根辺りを弄ると一時的に入力が改善される為、原因はこの箇所の断線にアリと断定。沙羅曼蛇を中断して、コントローラのメンテに取り掛かりました。


問題があると思われるケーブルの付け根部分をバッサリと大切断。ケーブルとコントローラ基板を再び繋ぎ合わせる為、中のリード線をライターの火で軽く炙ってから表皮を剥きまくります。ワイヤーストリッパーを持ってないので、こうするしか無いんじゃ。


リード線を同じ色同士でしっかり繋いだら、絶縁処理としてビニールテープでグルグル巻き巻き。コントローラの中身は意外とスペースが有るので、これくらい嵩張っても全然余裕って云うか。


せっかくだから、方向キーのレスポンス改善策も講じておく事に。反応が悪くなった箇所(の裏側)に、小さくカットしたメンディングテープを貼る事で微妙な厚みを作り、キー入力の感度を向上させるのデス。

メンディングテープは薄いので重ね貼りによる感度の調整が行いやすく、劣化しにくいため長期間良好なキーレスポンスを維持できます。キー入力の反応が鈍った際に接点の掃除と併用すれば、末永くそのコントローラと付き合って行ける事でしょう。多分。


コントローラのガワに方向キーと基板をセットしたら、取り敢えず仮止めして動作チェックを行います。ダメだったらダメだった箇所を再メンテ、大成功だったらケーブルの付け根部分に更なる補強を施して終了デス。


メンテしたコントローラで沙羅曼蛇を再開。下方向へのレスポンスは非常に良好で、操作中に入力が途切れるような症状も無くなりました。ばんじゃーい。

果たして、今度こそMSX沙羅曼蛇のノーコンALLクリアなるか!?


要塞面終盤で痛恨のミスをしでかし、復活を果たすも朽ち果てる。各ハッチから出現する赤い敵を限界まで倒してカプセルを稼ぎ、装備を整えたのに立ち回りをミスってご覧の有様だよ(圧死)。

縦穴のバリアを破壊する為に当たり判定の広いリップルレーザーを選んだのですが、スピードアップを2速落としてオプションを獲得した方が良かったのかな…。要塞面の復活はなかなか難しいデス。


今から25年ほど前に、秋葉原ソフマップのジャンク専門店で確保(300円で購入)したのが、今回メンテしたコントローラ(JOYCONT TURBO IV/スピタル産業)です。何度も具合が悪くなっては、その都度メンテを施して現在に至ります。

MSXとX68000のソフトをガッツリ楽しむ為に、今後も宜しく付き合って行きたいって云うか。そんな感じデス。

| ゲーム | 19:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラティス開放戦線に異常あり

MSX版「沙羅曼蛇」を集中的に遊ぶ。約20年振りにノーコンALLクリアを果たすべくムキになって遊ぶ。このサーベルタイガー(自機)、ムキになってるよ! と、後ろ指さされる程に。


■9月14日 午後7時31分:遂に最終面中ボス・アウターリミッツを撃破。直後に控えたラスボス・メタルスレイブとの最終決戦に備えるも、出現途中のメタルスレイブに接触…。本作のボスはフェードインの時点で接触判定が生じる事を盛大に失念していました。情けない…。


■9月16日 午前9時38分:アウターリミッツ出現直後に接触。愛用のATARI規格コントローラ・JOY CONT CT-VI(スピタル産業)は方向キーの配置角度が微妙に斜めっており(極端な形容ですが+じゃなくて×っぽい角度)、うっかり操作を誤って激突。戦闘開始前に戦闘が終了しました。うへー…。


■9月17日 午後4時5分:アウターリミッツの正面を抜けてオプションを配置しようと企むも、背後より現れたオプションイーターと接触。イーターの出現タイミングを見計らって移動したモノの、自機の移動速度を考慮してなかった為にご覧の有様だよ。


■9月17日 午後6時26分:メタルスレイブの機首に直撃。愛用のコントローラで、またしても誤操作によるミスを冒してしまいけり。しかも、あと一歩の所までメタルスレイブを追い詰めておきながら…。

不慮の事故による機会の損失は、精神ダメージも最大級って云うか。そんな感じで、今回を以って使用するコントローラを変更する事に大決定。プレイするゲームを選ばない、 CT-VIのボリューム式連射調整機能はスゲー便利だったのですが…。


■9月18日 午前10時27分:コントローラを同じくスピタル産業のJOYCONT TURBO IVに変更。快適な操作でアウターリミッツに挑むも、オプションイーターのバックアタックに再び沈む。もうね、アホかと。

でも、アウターリミッツの動きに合わせながら、イーター回避のタイミングを計るのは結構シビアって云うか。自機のフォースフィールドが前方じゃなくて全体だったら、こんな情けない事故も起こらないのになぁ(それは当たり前)。


■9月18日 午後2時10分:メタルスレイブのレーザーをゼロ距離で喰らって爆発。レーザー発射口の位置を勘違いしていて、ココなら安全…と思っていた矢先に貫かれました。苦労に苦労を重ねて最終面まで辿り着いたってのに、本当にマヌケなミスばかりで自分が嫌になるって云うか。

どうして俺は、こうなんだ…(いつもの〆セリフ)


■9月18日 午後4時40分:ラスボス、及び中ボスでミスした後の再開ポイントは最終面の中盤。ココからラスボス到達までに入手可能なパワーカプセルは大体2~3個で、とても「復活」と呼べるような自機の立て直しは出来ません。カプセルを全てスピードアップに充てて、回避中心のプレイで細々と生き長らえるのがやっとって云うか。

現役時代は裸同然の装備でも(運が良ければ)アウターリミッツまで辿り着く事が出来たのですが、今回の集中プレイではその手前のモアイ地帯がやっとでした。無念ダムネン…。

| ゲーム | 19:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

走って跳んで飲んで喰って太って地球滅亡


エインシャントより無料配信中のFC用「みんなでまもって騎士 アマゾンのダイエット大作戦」を、EVERDIVE互換のフラッシュカートリッジを用いてFC互換機で遊ぶ。

本作は3DS用「みんなでまもって騎士」の発売3周年を記念した作品で、何故か.nes形式のROMイメージで配信されています。

■配信元
http://www.ancient.co.jp/~game/mamotte_knight2/


内容はケーキを避けながら水分を補給しつつ、ひたすら前進するシンプルなアクションゲーム。ファミコンらしからぬ大きなキャラが一切チラつく事もなく、そのふくよかな肢体を滑らかに弾ませながら激走します。

オレンジジュースのようなアイコンが水で、コレを獲得する事により画面下のウォーターゲージが一定量回復します。ウォーターゲージは時間の経過と共に減少する他、ペナルティアイテムのケーキを取る事で多くの水分を消費してしまいます。

ケーキのアイコンがビールにしか見ない重度のアルコール依存症は俺だけでいい…。


自機キャラ・アマゾンのアクションは豊富で、ジャンプの他にもスライディングや連環腿、バク転などを繰り出す事が可能。等身よりやや低めの高さに配置されたケーキの回避にはスライディングが最適で、連環腿は2段ジャンプや滞空時間の延長にも有効デス。

ステージによって画面のスクロールスピードが変化するので、その辺りも考慮して適切なアクションでアイテムを取ったり避けたりします。連環腿で邪魔なケーキを蹴り飛ばす事が出来ればイイのになぁ…。


一定の距離を走破する毎にステージが更新。1周8ステージで周回を重ねる毎に水の消費量が増大します。2周目終盤ともなるとケーキの配置も嫌らしくなり、水分補給が満足に行えない事もしばしば。


ウォーターゲージが枯渇するとアマゾンは尻餅を着いて転倒。ゲーム終了となります。


ガメオベラ。尻爆弾の衝撃により地球は真っ二つに。


ゲーム終了後のリザルト。走行距離とケーキの取得量によって階級(称号)が決まります。自機のダイエット状況はグラフィックで3段階(?)に変化。こちらの画像はダイエット大失敗の図。肉に埋まったビキニと恥じらいの表情が無駄にエロくてエロい。こりゃCERO審査のレーティングはZランク確定って云うか。


ダイエット小成功。プレイ内容にも因りますが、2周クリア前後で行き詰まると大体こんな結果に落ち着くやも? それにしても、ちょっと痩せた程度じゃビクともしない肉付きっぷりが素晴らしい。


ダイエット大成功。走行距離を伸ばすより、ケーキを避ける事の方がダイエットには有効の模様です。よ~しパパ、この調子でマーシャル・オブ・フォース・パラゴンの称号を狙っちゃうぞ~! とか言ってんの。もう見てらんない。

…自分はデブ専では無いのですが、このキャラに関しては多少太っているくらいの方がDANZEN可愛い気がします。多分。


せっかくだから3DNesでもプレイ。あんまり3D栄えしないって云うか、自機が背景に被っちゃう事もあって遊びにくかったり。なんでもカンでも3D化すれば良いってモンでも無いようで…。

| ゲーム | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

古けれど新たなるPCが我が家に来たる


おNEWのPCが到着。ノートPCやスティックPCなど購入の候補は幾つか有ったのですが、けっきょく中古のデスクトップPCに落ち着きました。お値段は送料込みで4980円なり。安ッしー!! OS(ウインドウズ10)を単体で買うより、OS込みの中古PCの方が遥かに安いとは思わなんだですわ。


さっそく開封。ホコリだらけかと思ったら、内部の隅々まで掃除が行き渡っていました。ケースはスリムタイプでCPUまわりのスペースは充分確保されており、放熱に関しては問題なさそう。

逆にHDDとDVDドライブの配置は詰め込みすぎな感じで、コチラはけっこう熱が篭りそうな予感。狭いトコロにガッツリ押し込まれているので、HDDの交換とかスゲー面倒臭そう…。

images2017-09-12_205000
電源ONで速攻起動。OS以外の余計なモノはインストールされてないとは云え、電源ONから数秒20秒程でデスクトップ画面に達するナンて驚きです。

ちなみにOSはウインドウズ10 Pro、CPUはPentium Dual-Core E6700(3.2GHz)、メモリ4.00GB、HDD160GBですって。14年前にベアボーンキットから構築したXPマシン(現役稼動中の愛機)と比較すると、その高スペックっぷりに感動すら覚えます。まぁ、今時のPCからしたら並以下の性能なんでしょうけど。

今回は取り敢えず触った程度の動作ですが、ウインドウズ10は思っていたほど使い難く無い印象です。基本的には慣れ親しんだウインドウズなので、直感操作でもソコソコ弄れそうって云うか。ゆくゆくはXPから10へPC環境を移行せねば。


新PCでブログに画像投稿が出来るようになったので、せっかくだから前回の記事を画像付きでリプレイ。以前の記事(8月の思い出)でMSX版「沙羅曼蛇」に対して「ノーミスならALLクリアはそんなに難しくない云々」等とほざきやがりましたが、それは全盛期の頃の自分を基準とした判定であった事をここで訂正させて頂きます。現在の自分がプレイすると、3面以降が面白いように安定しない事が判明しました。もうね、すンげー死ぬの。

そんな感じでミスとリトライを繰り返しながら、何とか最終面までノーミスで到達。最強に強まったスクリューレーザーとホーミングミサイルで、襲い来るモアイどもを殲滅まくりです。だがしかし。油断一つでフル装備を一瞬で失い兼ねないのがMSX版沙羅曼蛇の怖いトコロ。ゆめゆめ油断めさるな。おしゃれめさるな。


中ボスのビッグアイことゼロスフォース兼システマイザーのアウターリミッツ氏を撃破。オプションイーターに貴重なオプションを1コ喰われましたが、この装備ならまだまだ余裕って云うか。ノーコンALLクリアも目前です。

フェードアウトするアウターリミッツを看取り、ラスボス・メタルスレイブとの戦闘に備えて画面一番下の中央付近へ移動…直後に自機が爆発。どうして!!


アウターリミッツが画面内から消滅しても接触判定はしばらく残っているようで、自機はソレにぶつかってしまったのデス。痛恨のミスを仕出かした後は、全ての残機を費やしてもモアイにすら辿り着けず…。最期は再開ポイント間近で、撃ち漏らしたザコに押し込まれて終了しました。

最終面は獲得できるパワーカプセルの数が非常に少なく、1度ミスったら本当に立て直しが利かないのが困ります。裸同然の装備で最終面クリアなんてどうやるんだか…。

| にっき | 20:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT