ゲームがないとしんでしまう

昔のゲームは良かった。でも、今のゲームも面白い。アーケードをはじめ、ホームコンソールに携帯機、PCゲームに同人ソフト、そしてパチモノ。そんな楽しくステキなゲームにまみれた遊々人生を謳歌する愚者のページ。

≫ EDIT

続 ぺいとーま


「プレデター源平」の影響でホンモノの源平が猛烈に恋しくなり、PS版「源平討魔伝」(ナムコミュージアム Vol.4)を起動。ノーコンALLクリアまで遊ぶ。源平独特の世界観にマッチした美しいグラフィックと和風ロックなサウンドをたっぷり堪能しました。


本作は移植度が非常に高く、完全移植(+α)を果たしたX68000版と比較しても遜色の無い出来栄えデス。多少クセのある操作性や各種アルゴリズムが忠実に再現されており、そのプレイ感覚もAC版そのまんまって云う。

当然ながら、各面の攻略法もAC版で培ったパターンが流用可能。ビッグモード(ボス戦)における剣力を温存する為の戦法=しゃがみジャンプ斬りもバッチリ決まります。


ジャンプアクション主体の横モード。播磨ステージは転落率ナンバーワン(?)を誇る難度の高いステージで、本作のジャンプの仕様=ジャンプボタン連打でより高く遠くへ跳べる事を知らないと詰む事必至デス。

転落した際に方向キーを横に入れながらジャンプ連打すると、何故か助かる(空から自機が降って来る)事が稀にあります。バグだか仕様だか分からないテクニックですが、地獄行きの前に取り敢えず足掻いてみると良いやも。


プチ探索要素を備えた平面モード。障害物の灯篭や壁は剣で破壊できるモノもあり、その中には重要なアイテムやワープポイント等が隠されています。

画像の越前ステージは広い上に至る所に様々なブツが眠っている為、全ての隠し要素を把握するには骨が折れるやも知れません。


三種の神器の一つである草薙剣を守る信濃ステージの三つ首龍。首を降ろした状態でないと自機の攻撃が当たらない為、運が悪いとご先祖様(永パ防止キャラ)が来てるのに龍が倒せない! ナンて事態に。ああ、運ゲー。

いつまで経っても首を降ろさない龍は、AC版「スーパーパンチアウト」(ハードランク設定)のスーパーボディービルに通じるモノがあります。あのタイムアップまで終わらない連続ハンマーパンチに何度泣かされた事か…。


武蔵ステージは取り逃した神器を回収する為の中継地点でもあり、ラス前のちょっとした稼ぎ所でもあったり。ランダムワープで運良く神器(主に勾玉)が隠されたステージへ飛べないと、何度もココへ訪れる事になるでしょう。永久パターンと呼ばないで!

豆知識:AC版では画像の箇所でザコを限界まで出現させてから纏めて倒す(撃破エフェクトを大量に出す)と、スプライトの表示オーバーでリセットが掛かりタイトル画面に戻されます。おばちゃん金返して。ズギャッ!!!(いがらしっぽく)


最終防衛ラインの相模ステージでは義経&弁慶の成人剣士2本立てに加え、毒きのこの山と鉄球トラップのてんこ盛りが待ち受けます。今回は弁慶を仕留める位置が悪く、遺品の鉄球とトラップの鉄球に挟まれて大ダメージを被りました。生きてるって素晴らしい。


鎌倉ステージ。ラスボスの頼朝は三種の神器が揃ってないと一切ダメージを与える事が出来ません。が、揃っていればコチラが負ける要素はゼロと云う極端なラスボスです。自機の剣力にも因りますが、ものの数回も斬り付ければ倒せる事でしょう。

中潟氏の手掛けるラスボス曲が、全て頼朝のテーマに聞こえるのは俺だけでいい…。


頼朝討伐の悲願を果たし、その場に崩れ落ちて成仏を迎える景清。諸行無常。

行き付けのゲーセンにて、自力で初めてこのラストシーンを見た時の衝撃と言ったら…。苦労の末にやっと頼朝を倒したのに、死んでしまう景清に「えっ? 何で!?」と声を上げて驚いたモノです(お恥ずかしい…)。


神様は死んだ。悪魔は去った。当時のナムコを代表する二人のプログラマーの死去と退社をイメージしたメッセージで本作は幕を閉じます。 

当時、ナムコにお勤めの友人からエンディングの実情を聞かされるまでは、神様=景清、悪魔=頼朝だと勝手に思い込んでいましたよ(ありがち)。ちなみに神様の人は文字通りの天才プログラマーで、悪魔の人は極めて難解なソースコードを書くプログラマーだったとか。

| ゲーム | 20:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぺいとーま


FC用「シュワルツェネッガー プレデター」をベースとしたハックロム「プレデター源平」を、EVERDIVE互換のフラッシュカートリッジを使ってFC実機(互換機)で遊ぶ。

以前から暇を見つけてはチマチマと本作を攻略していたのですが、この度ついにねんがんのノーミスALLクリアを達成しました。ばんじゃーい!

■プレデター源平(FC「シュワルツェネッガー プレデター」用改造パッチ)
http://www45.atwiki.jp/yychr/pages/13.html#pre


鎌倉ステージ(ビッグモード)の道中は巻物(武器チェンジ兼パワーアップ)を確実に回収するため、アイテムを持つ矢や要石を手前に引き付けてから破壊します。

巻物の中でも白巻物(デフォルトショットのパワーアップ)は弾速に優れ、とても使い易いのでオススメ。殆どのステージで序盤から数多く出現する為、獲得しやすいのもメリットです。白巻物は取った数に応じてショットの連射性が向上しますが、他の色の巻物を取ると異なるショットの初期段階に戻されるので注意~。


ボス戦は白巻物を1個でも回収すれば概ね楽勝。鎌倉ステージ1のボス・義経のジャンプ体当たりを避けるのは難しいですが、奴が近寄ってきた際に飛び越すようにジャンプすると後退させる事ができます。

押し込まれそうになる前に義経を後退させ、常に間合いをキープして闘うのが吉。


武蔵ステージ(ノーマルモード)の攻略は、自機のジャンプ制御に全てが掛かっています。足場の間合いに応じて通常ジャンプ(3~4キャラ分の移動)と垂直ジャンプからの移動(1~2キャラ分の移動)を使い分けるのがポイントです。

慣性の付いた操作性がジャンプを難しくしていますが、ジャンプを極めない限り本作はクリア出来ないと言っても過言では無いでしょう。多分。


武蔵ステージは比較的易しい面が揃っている下の鳥居を通るルートを進行。ただし13面のみ例外で、この面に限っては上の鳥居を通って19面へ抜ける事を推奨します(13面の下ルートは本作の災難関である18面を通る為)。


19面の鳥居への道程は頭上の敵に注意。最小ジャンプでも自機が敵に接触してしまい、当たり所が悪いとノックバックによる転落死が待っています。上のフロアへ移動して敵を倒しても、戻ってくる頃には復活してしまうのが嫌らしい…。

敵は自機と縦軸を合わようとする習性があるので、一度敵の群れを引き付けてから素早く鳥居へ向かうべし。


22面の通路。一見すると何の変哲も無い段差ですが、実は初見殺しの難関だったりします。本作の足場を構成するブロックの多くは側面に接触判定を持っておらず、画像の状態で前進(左へ移動)すると自機がブロックを素通りして奈落へ転落してしまうのです。

ここは天井が低い事もあってジャンプしても距離が稼げない為、転落するギリギリまで近寄ってから飛ばないと上の段へ乗ることは出来ません。ジャンプに成功しても自機の慣性を考慮しておかないと、着地と同時にツルッとブロックから落ちてしまうでしょう。

幸い22面は1UPが出現(ミス後の再開時も出現)するので、ジャンプに慣れるまで何度でも練習が可能デス。


最後の鎌倉ステージに出現するボスはステルス能力を持つ頼朝。白巻物によるショットの連射で背景に溶け込んだ頼朝を燻り出し、飛び道具の稲妻もろとも撃ち込みまくります。

ちなみに画面中央の上の方に表示されている赤い珠は体力回復アイテム。ボス戦で度々出現するので、体力が持ちそうに無い時は取りに行くと良いやも。


27面終盤にて1キャラ分しか無い小さな足場をジャンプで渡る。画像のザコはジャンプで乗ってもダメージを受けませんが、自機が乗ると転落死を強行するので要注意。

スタート地点付近の巻物(迂回しないと取れない厄介な場所にあります)を取り、ショットでザコを処理するのが無難デス。


いよいよ最終面(30面)。ステージの中ほどに配置された赤い巻物(三種の神器コンプアイテム?)を取り、ラスボスとの戦いに備えます。

巻物を取った後、その場から大きくジャンプして天井付近の高さへショットを放ち、画面を右へスクロールさせるとフンで攻撃してくる鳥を事前に倒す事が出来ます。


三種の神器の効果により、自機のショットはブロックを破壊する事が可能になります。詰み上がったブロックの最上段以外を全て破壊しておくと…?


本来なら画面内を高速で飛び交う龍(ラスボス)が、何故かブロックの下を定期的に潜るようになります。その際に接近してショットを超連射で撃ち込めば、一気に大ダメージを与える事が出来るってワケだ。…いや、ワケです。

龍の体当たりは非常に痛いので(一撃で蝋燭3~4本分のダメージ)、ヤヴァいと思ったら即座に体力全快アイテム(蝋燭)を回収する事~。


持久戦を覚悟して挑むラスボス戦も、この方法なら速攻撃破が可能~。1匹目を倒したら、2匹目の龍も同様の方法で大ダメージを与えます。


自機の残り体力がピンチになったので、画面を右へスクロールさせて2本目の蝋燭を回収~。2匹目の龍の体力も残すトコロあと僅かなので、今度は正攻法で勝負してみる事に大決定。


画面端で龍の吐き出す弾を避けながらショットをバラ撒き、持久戦に持ち込みます。2分近く掛けて15発ほどショットを命中させると、ようやく龍は消滅しました。

鳥居をくぐれば最終面も終了となり、これにてノーミスALLクリア達成です。皆さん、お疲れ様でした(赤い刀っぽく)。


本作の魅力について綴ったファーストインプレッションはこちら

| ゲーム | 20:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第三の「あなたの趣味は何ですか?」『稼ぎです!』


FC用Homebrew「ブレイドバスター」をEVERDIVE互換のフラッシュカートリッジを使ってFC実機(互換機)で遊ぶ。

今回は道中を392200点で突破。ボス戦を迎え、機雷稼ぎで順調にスコアを伸ばします。ボスの両翼から放たれる機雷の束を撃ち込みつつ、スコアと残りタイムをチラ見。前回のハイスコア更新時に近いペースで進行している事を確認~。

この調子を維持して、残り6秒でボスを第2形態に移行させれば勝機はあるやも…。


残り6.5秒でボスの遮蔽パーツを破壊。コアが剥き出しになり、攻撃パターンが機雷から針状のWAY弾に変化して第2形態へ移行します。こちらもラストスパートに賭けるべく針弾の隙間に入り込み、被弾スレスレの間合いまで踏み込んでの撃ち込みまくり。

被弾により自機が2段階パワーダウンしても、前方ショットの威力は落ちないので強気でゴーなのです。更に被弾したら流石に目も当てられないですが。


1.6秒を残してボスを撃破。画面内の針弾が1個1000点のスコアジェルに変化するので、効率良く回収する為の導線を瞬時に模索・決定します。そんなに急がなくても、ゲーム中にポーズを掛ければ導線を引くのも簡単じゃん…と、お思いでしょう。だがしかし。本作にポーズ機能は無い上に、スコアジェルは出現して間も無く落下してしまうので、回収ルートを素早く判断せにゃならんのデス。

残された僅かな時間により多くのスコアジェルを得るべく、自機の移動速度を3速にアップ。果たして1.6秒で導線通りに回収できるのか…。


タイムアップ。やはり1.6秒では時間が足りなかったのか、回収を予定していた最後の1個を取り損ねました。が、これまでのハイスコアを更新!!! 道中+ボス戦での稼ぎに加えて、シメのスコアジェル回収もベストに限りなく近い成果を出せました。

バンンッッ!! ッザァァァアイッッッ!!!!(バンザイ・ランっぽく)


ココまでスコア稼ぎに夢中になったのは、PS3版「サイドアーム」(カプコンアーケードキャビネット)以来やも知れません。全一クラスの記録と比較したら屁みたいなスコアなんでしょうけど、自力で稼ぎを突き詰める面白さを久々に堪能しましたですヨ。

ああ、燃え尽きた…。

~糸冬~

| ゲーム | 20:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

続・新「あなたの趣味は何ですか?」『稼ぎです!』


FC用Homebrew「ブレイドバスター」をEVERDIVE互換のフラッシュカートリッジを使ってFC実機(互換機)で遊ぶ。

5分モードの稼ぎに自分の限界を感じる今日この頃。何度挑んでも先日のプレイで更新したスコア=1689700点を超える事は出来ず、自力での攻略が煮詰まってきた感もあって少し疲れたって云うか…。


そんなワケで2分モードの攻略を再開してみました。こちらも己の限界が見えつつあったのですが、ふとした切欠で光明を見出してからは稼ぎが安定~。今回はボス到達時のスコアが39万点に迫りました。これは記録更新のチャンスやも。


機雷稼ぎを残り時間ギリギリ(約6秒)まで粘ってからボスを第2形態に移行。ボス撃破後のスコアジェルは出現数や配置に多少の運が絡むので、確実に高スコアが得られる機雷稼ぎに時間を割いてみました。


ラスト1秒でボスを撃破。だがしかし。回収するべきスコアジェルを瞬時に判断できず、ウロウロと躊躇している内にタイムアップを迎えました。むー、ジェル回収の導線をアドリブで判断するには1秒は少し短いなぁ…。


最終スコアは619800点。自機の移動速度を3速に上げれば、あと1~2個は拾えたかも。自己最高記録を更新したモノの、ちょっと惜しいって云うか、スゲー悔しいって云うか…。5分モードを諦めた身としては、せめて2分モードだけでも頑張った証を結果として残しておきたいトコロです。

…それにしても、軽い気持ちで始めた本作にココまで夢中になるとは思わなかったですわ。ブレイドバスター恐るべし。

| ゲーム | 20:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT